17_20151217062034b6bs





ヤラハタの俺が15歳の女の子とエッチした話です。



俺(K):21歳。

彼女(A):15歳。


4年くらい前の話。

女友達の繋がりで知り合った、AとB(どちらも15歳)と毎日遊ぶ仲になった。

俺が仕事終わってから迎えに行って、日付が変わる頃に解散、みたいな流れだった。



そんな時、Bが用事で合流できない日があった。

Aと俺が湖畔で花火をしていた時、Aの電話が鳴った。


A「うるさいなー!付き合う気ないって言ってるじゃん!」

どうやら男に言い寄られているようだ。

我関せずみたいな感じでタバコを吸ってたら、Aが俺に携帯を渡した。


A「ねぇ、K、言ってやって。

私には彼氏がいるって」

K「え?お前彼氏いないって言ってたじゃん」

A「だ・か・ら、Kが彼氏ってことにしてさ、断ってよ」

(ん~、面倒だな)

そう思ったけど、まぁAの為だし、いっちょ演技してやるかと、携帯を受け取って相手に言ってやったわけよ。


俺「おめぇうぜぇんだよ!Aは俺の彼女(候補)なんだから手ぇ出すんじゃねぇよ!」

相手がうだうだ言ってたけど早く終わらせたかったんで、「今◯◯湖にいるから文句があるならさっさと来い!相手になってやるよ!」と言って電話を切った。


A「Kすごーい。

なんかかっこよかった♪でも、ここって△△湖だよね?」

俺「そうだよ。

今頃◯◯湖に向かってかっ飛ばしてんじゃね?俺ら居ないのにさw」

A「あはっ、K頭いいね~。

バカだ~、あいつww」

飛び跳ねてゲラゲラ笑うAなんだが、ちょっと胸が大きいのでブルンブルンと揺れるわけさ(*´Д`)ハァハァ
Aは元々俺に好意を持っていたらしいが、この出来事が決定的になって完全に惚れ込んだらしい。

この一件の後、Bと一緒ではなく、Aと俺2人きりで遊ぶことが多くなった。


別れた後でBに聞いたんだが、俺と付き合い始めたという話をした為らしい。

まだそん時は付き合ってなかったっつーの。

怖いな、女の独占欲は。


んで、2人きりで遊ぶようになったら俺へのスキンシップが増えた増えた。

運転中に俺の手を握ってきたり、胸を背中に押しつけたりと。

正直、(よし!いけるな!!)って気持ちがあったけど、童貞だったのでそこまで勇気が出ず・・・orz

そんな中、Aのスキンシップが度を超えてきまして。

運転中に俺のアソコを触ってくるようになったのよ。

元々エロい話はちょこっとしてたけど、まさか行動に移すとは思わなかった。


俺「こらこら、危ないでしょ」

A「えー、Kだっていつも私の胸見てるし、ちょっと硬いよ~」

そりゃジーパン触ってるから硬いのですよ、とは言わず。


俺「そうそう、Aの胸大きいから、つい目が行っちゃうのよ」

A「やっぱり~。

だったら触ってみる?」

とか言って俺の手を取って自分の胸に押しつけた。

(危なかったです、まじでw)

俺「ちょっ、危ないって」

とっても柔らかかったです。

ムニって感じでなんか硬いのが当たって・・・(ん?)

俺「Aさ、もしかしてノーブラ?」

A「あったり~、ほら」

今度は服の下から生乳を触らせてくれた。

うわ、初めて触ったよ。


俺「ちょっwwおまっwww」

柔らかくて気持ちいい~。

調子づいて乳首摘んだら立ってますよ。


A「んー、Kのエッチ~。

私も触らせて~」

そう言って俺のをまた触りだした。

マジで危険だったので、人気のない公園の奥に車を停めた。


俺「こら、運転中は駄目だって」

A「えー、だって元カレは『触ってくれ』って言ってたよ。

ドラフェラだってしてたし」

俺「ドラフェラ??」

まじでわからんかった。


A「えー、わかんないの?こーゆーことだよ♪」

そう言って俺のチャックを開けて、硬くなってた俺のチンポを咥え始めた。


(・・・ドライビングフェラか!!)

まぁチャック開けた後、なかなかチンポを出すことができなかったので、俺が出してあげたんだがねw
風俗でフェラ経験はあったが、Aのフェラは唾をいっぱい溜め込んで出し入れしてくれるので、ものすごくイイ!
すると、Aが俺の方を向いてこんなことを言った。


A「ねぇ、K。

もしかしてシコった?」

(ぐはっ、そんなことまでわかるんですか?)

さっきトイレ行った時、Aの胸を思い出して三擦り半しましたw

俺「いやー、してないしてない」

恥ずかしくてそんなこと言えねぇw

A「ふーん。

まぁいいや。

気持ちイイ?」

ええ、ものすごく気持ちいいですよ。

奥まで咥えてくれるし、激しすぎず弱すぎずで。


俺「すっごい気持ちイイ。

もっとやって」

A「うん♪」

10分くらいやってくれたかな。

が、右手に慣れている俺にゃ、フェラじゃーなかなかイケない。

その間、Aの胸を触ったりスカートの中を触ったり。

下着の上から触って濡れてるのがわかった。

なるほど、これが濡れるってことなのか、みたいな。


A「ねぇ・・・、私のもいっぱい触って♪」

座席だと触りづらかったので、フラットシートにして後ろでプレイ。

実は何かあるかもと思い、フラットシートサイズの敷き布団を準備してましたw

A「ねぇK。

何人の子とここでヤったの??」

俺「んー、まぁご想像にお任せしますよ」

いえ、あなたが初めてでございます・・・orz

下着を取って直接サワサワ。

すっげー、濡れてる・・・。

Aも良い感じに反応してくれてるし。


(くそー、元彼とやらにどれだけ開発されてたんだよ)

そう思うと悔しくてAVの知識全開で分かる限り触ったり、指を出し入れしたり、いっぱい頑張った。

結構長い間やってたらさ、Aが怒って、「手マンばっかやってんじゃねぇよ!!」って言ってそっぽを向いてしまった。

最初、マジで怒っちゃったかな?って思ったんだけど、次に言った言葉がかなり萌えた。


A「ねぇ、早く入れて♪」

キタ――――――(゜∀゜)――――――ッ!

財布にゴム常備してたけど、何食わぬ顔でそのまま挿入w
が、さすが童貞な俺。

入れる場所がわからず、かなり焦った。

そしたらAが・・・。


A「私が上になろっか?」

ええ、お願い致します。

Aの中に俺のチンポが入っていく・・・、が暗くてあまり見えない。

残念。

奥まで入ったところで・・・。


A「あ~・・・Kのおっきぃ。

元彼の2倍くらいある・・・」

いや、そんなにないだろw
どれだけ小さかったんだよ。


A「動くね・・・」

そう言ってAがピストン運動。

最初はあんま気持ちよくなかったんだけど、Aが沢山濡れてきて、滑りがよくなってきたらすっごい気持ちよくなってきた。

思わず俺も腰動かしちゃいました。

抜けたりしたけど、Aのケツを押さえて動けば抜けないことがわかった。

うん、俺ってすごい。


動くたびにAは、「んっ、あっ、んんっ・・・」って感じで、感じてくれてるのがわかった。

アソコもたくさん濡れてきて、俺の腹にエッチぃ液が垂れてきたし、中もキュッキュッて締め付けてくる。

と、激しい締め付けがきたので思わずイキそうになった。

しかもAが俺に抱きついてきたから中に出しちゃいそうだ!!

A「ごめん・・・先イッちゃった」

あ、そうっすか。

俺もイキそうだったけど耐えましたよ!
マジ危なかった。

16歳の若妻ってのもいいけど、まだ俺1人しか経験してないし。


俺「ホントに?俺で気持ちよくなってくれたんだ。

嬉しいよ」

A「うん。

すっごい気持ちイイ。

Kもイキそうなの?さっきよりおっきくなってるよ」

チンポってイキそうになるとでっかくなるのね。

そんなことまでわかるのか・・・。

何人と経験してんだよ。


俺「うん、まだ大丈夫。

俺が上になってもいい?」

コクっと頷いたので、なんとか抜けないように上になる・・・。

が、やっぱ抜けたw
今度こそはと思って入れてみたら、今度はヌルっと入った。


(やべぇ・・・。

すっげー気持ちいいイイ)

俺「Aの中すっごい気持ちイイよ・・・。

中に出しちゃいそうだ」

言ってみるだけ言ってみたが、Aの答えは・・・。


A「だ~め。

生なんだから、ちゃんと外に出してね」

そっか・・・残念。


A「これからもいっぱいエッチしたいでしょ?だからだ~め♪」

(やったね!確変!!次回大当たり確定!!!)

俺「そうだね!じゃーいっぱい気持ちよくしてあげる!」

激しくピストン運動すると、Aが良い感じで反応してくれる。

あー・・・、可愛いし胸大きいし、こんな子が俺の彼女かぁ(←まだ付き合ってない)。

こんな子が彼女なら一晩に3回以上はできるな(←3回は俺のオナニー最高回数/1日)。


そろそろ俺もヤバくなってきた。

激しくピストンしながらAにキスしながら・・・。


俺「そろそろイッてもいい?」

A「うん、いっぱい出して。

私もイキそうだから・・・」

俺「じゃーイクよ、イクよ、イクよ!A・・A・・・あー、イキそう」

A「私も・・・イクっ、イクッ・・・Kぇ、Kぇぇぇ!!」

またAが俺に抱きついてきて足を腰に回してきた・・・。


(や、ヤヴァイ!!)

ちょこっと中に出しちゃいましたw
でも、本イキはちゃんとにお腹の上に。

あー胸か顔に出せば良かったなぁ(←AVの観過ぎ)。


A「気持ちよかった?」

俺「うん、Aの中すごい気持ちよかったよ。

Aも気持ちよかった?」

A「うん♪今までで一番気持ちよかった♪」

(そっか・・・何人もやってきたんだもんな、お前・・・)

まぁそんなことは言わず、その件はスルー。

そんな感じ。

サンプル