0010


憧れていた先輩とセックスしました。



めでたく男になりました。

俺はY(啓一郎)、高校1年生。

お相手は1年先輩のN(愛子)さんです。

今でも興奮が収まらず、夢のような気持ちでこれを書いています。


愛子さんは中学時代の部活の先輩でした。

可愛くて、性格もおっとりしていて、みんなに好かれていました。


見た目は女優の黒川メイさんに似ていると言われたことがあります。


普段から少し照れながらですが、普通に話をしていました。

でもあくまで先輩なので、告白したりなんてことは頭にもありませんでした。

彼女は頭も良かったので、県立のトップ校に進学しました。

俺は彼女と同じ高校に入りたいと思い、中3の1年間は必死で勉強しました。

夏休みに初めてオナニーしたのですが、その時も彼女を後ろから犯すところを想像しながら射精しました。

猛勉強の甲斐あって、志望校に合格することができました。


初登校の日、駅で電車を待っているとN先輩が、「Y君、おめでとう。

よろしくね」と声を掛けてくれました。

駅からの帰り道が同じ方向なので、学校帰りに偶然会うと、途中まで一緒に帰る機会もありました。

中学時代の思い出話など、彼女と一緒にいる時間は本当に幸せでした。

俺は好きで好きでたまらなかったのですが、彼女の方は俺をあくまで後輩と考えていると思っていました。


夏くらいになると、学校帰りに一緒に喫茶店に入ったり、ボーリングで遊んだりもするようになりました。

9月のことでしたが、喫茶店に入り、色々な話をしている中で彼女がこう言いました。


「私たちって付き合ってる・・・よね?」

俺は急に動悸が激しくなって、自分でも興奮しているのが分かりました。


「うん、そうですね」

その後、会話が途切れてしまい、目の前に座っている彼女の裸をずっと想像していました。

おっぱいはこのくらいの大きさかな、陰毛はもう生え揃っているんだろうな・・・とか。

家に帰ってパンツを脱ぐと、我慢汁でグショグショになっているのが分かりました。


その後、学校帰りにデートを重ねるようになりました。

でもお互いにシャイなので、キスはおろか手を繋ぐこともありませんでした。

それなのに、家に帰ると彼女のあられもない姿を想像しながらオナニーに耽っていました。

深夜に販売機でコンドームを買い、ハウツーSEXの本を仕入れてシミュレーションしました。


12月◯◯日は彼女の17回目の誕生日です。

俺はこの日を彼女との記念日にしようと心に決めていました。

普段の会話の中で、彼女の家族が祖母の介護のために週末は家を留守にすることを知っていたからです。


朝、俺はコンドームを3つ、ポケットの中に入れて家を出ました。

学校が終わるとすぐに下校し、最寄駅前のケーキ屋で誕生日ケーキを買って、彼女が来るのを待ちました。


「N先輩、今日誕生日ですよね?」

そう言ってケーキを渡すと、彼女は本当に喜んでくれました。

そして彼女の家でささやかな誕生日会をやることになりました。

家に着くまでの間、頭の中は彼女の裸のことだけでした。

到着するとダイニングルームに通されました。


「ちょっと待っててね」

彼女が部屋を出て行くとすぐに水の流れる音が聞こえてきました。

放尿する姿を想像していると、ますます興奮してきました。

彼女は戻って来ると紅茶とお菓子を用意してくれました。

そして、「着替えてくるからちょっと待っててね」と言って部屋を出ようとしました。


彼女の後ろ姿、特にお尻を見て、もう俺は我慢できなくなってしまいました。

俺は彼女に後から抱きつくと、本能のままに彼女の着ているものを脱がしました。


「お願い、やめて!」

彼女は叫びましたが、そんなことでやめられるはずはありません。

上着、ブラジャーを剥ぎ取り、床に押し倒した上でスカートとパンティーを引きずり下げました。

彼女は激しく抵抗したので、俺はついに理性を失ってしまいました。

最後には馬乗りになり、上着を脱ぎ捨てて、強引にキスをしました。

必死に顔を振って抵抗していた彼女ですが、しばらくすると全身から力が抜けていくのが分かりました。


「お願い、もうやめて・・・」

彼女は少し涙目になっていました。

彼女は右腕で胸、左手で股間を隠していましたが、俺はそれを力で払い除けました。

白い肌にピンク色の乳輪、肉つきのいい腰周り、生え揃ったアンダーヘア、きれいな女性器・・・。

ほとんど想像通りだったので俺は余計に興奮してしまい、本能のままにむしゃぶりつきました。

特に、いつも見ていた清楚なスカートの中に、こんな黒々としたものが生い茂っていたことに。


「これがクリトリスで、これが小陰唇で・・・」

初めて見る女性器に感激してしまい、挿入したい衝動を抑えられなくなりました。

俺はズボンとパンツを脱ぎ、コンドームを取り出しました。

すると彼女は言いました。


「お願い、分かったから、ちゃんと部屋で・・・」

彼女は起き上がると自分の部屋の方へ歩き出しました。

その歩く後ろ姿は白いお尻が揺れていて本当に興奮しました。


彼女を追いかけ部屋に入ると、まずはベッドに押し倒しました。

そして慣れない手つきでコンドームを付け終わると、彼女の股間にペニスを挿入しました。

初めての女性の体は本当に温かく、天にも昇るような気持ちでした。

腰を振るとお互いの陰毛が擦れ合う音が聞こえて、本当にいやらしい気持ちになりました。


シミュレーションは全く無意味でした。

1分くらいで我慢できなくなってしまい、「愛子ー!」と叫びながら射精しました。


コンドームを縛ってゴミ箱に捨て、彼女と並んでベッドに横たわると、俺は生まれて一番の幸せを感じました。

みんなが憧れていたN先輩が自分のオンナになった。

しばらく2人とも無言でしたが、彼女が口を開きました。


「ありがとう。

私のこと、初めて名前で呼んでくれたよね。

これから私も啓君って呼ぶね」

彼女の顔は紅潮していて目は少し潤んでいましたが、口元は微笑んでいていました。

こんな綺麗な顔は過去に見たことがありません。

その後、お互いに照れ隠しするような感じもあって、将来の夢とか色々な話をしました。

本当に彼女のことを愛おしく思い、将来は子供が欲しいと思いました。


その後、彼女のおっぱいをツンツンしたり、陰毛を引っ張ったり・・・。

ベッドの上でイチャイチャしているうちに、もう一度したくなってしまいました。

今度は2度目の余裕もあって愛撫も十分に、挿入時間も5分以上でじっくりと攻めることができました。

彼女は髪を頭の上でお団子にしているのですが、それを解いた瞬間は本当に色っぽかったです。

結局、全部で3回射精しました。


親友に事情を話して彼の家で勉強合宿をしていることにしてもらい、親を騙して彼女の家に宿泊しました。

彼女のことを考えると、色々な願望があります。

色々な体位を試してみたい、エッチな下着を着せてみたい、ヘアを剃ってみたい、アナルセックスもしてみたい・・・。


一方で、清楚な雰囲気を失くして欲しくないという希望もあります。

変なことを要求して嫌われたくないです。

どうしたらいいでしょう?

サンプル