1813


周りから女たらしだと思われていた俺の初セックス体験談。



俺は中学生の頃から「女たらし」って言われてた。

全然そんな事ないし顔もよくない。

自分でも理由がよく判らなかったけど、それがあだ名だった。


そのせいで全然彼女が出来なかった。

気になる女に勇気を出してボーリングとか映画とか誘っても、「たらしと行くと遊んでると思われるから」みたいなこと言われて敬遠された。



そんな俺の初体験は高校2年、相手は同じ予備校に通ってた女子高の子。

俺に初めて出来た彼女。

めちゃくちゃ嬉しくて、毎日電話して、毎週土日はデートして、嫌だった予備校も30分前には行くようになった。

成績は落ちたけど・・・。


で、勝負は俺の誕生日。

その日、彼女と俺の部屋でパーティをすることになった。

部屋に呼んだのは4回目か5回目だけど、その時はキスと服の上から撫でるぐらいで終わってた。

俺は絶対決めるつもりで全てを用意した。

風呂も入って下着も新品、コンドームもティッシュも枕元に(もちろんパっと見はわからないように)。


で、彼女が来た。

市販のマフラーかなんか貰った気がするけど憶えてない。

ケーキは彼女がくれた。


「うちじゃこうやって飲むんだよね」とか大嘘こいて紅茶にウイスキー入れて飲んだ。


本当はブランデーらしいんだけど、うちにダルマしか無かったから。

彼女のコップには多めに入れた。

で、飲みながらお話、キス、お話、キスの繰り返し。


そのうち彼女の顔に赤味が差してきて、お話よりもキスが多く、それも濃厚になってきた。

舌を入れたら舌でつつき返してきた。

吐息も声混じりになってすごく色っぽい。

もうガチガチだった俺はディープキスと一緒に床に静かに押し倒した。


白いセーターをたくし上げると、黄緑の薄い色みたいなブラがあった。

後ろホックのやつで安心した。

それなら母ちゃんの見たことあるから。

後頭部に手を回して胸に呼び込むようにして体を起こしながら、背中に手を回した時に彼女が言った。


「●●は・・・初めてじゃないんでしょ?あたし初めてだから・・・優しくしてね」

俺は悟った。

俺と同じ中学校だった女が彼女の学校に居る。

何かを聞いたんだ。


「大丈夫、俺に全てを任せてればいいよ。

痛くしないから」

俺はバカだった。

カッコつけたつもりだったのかもしれないけど本意は忘れた。

女優のツラもマンコも画質すらも汚い裏ビデオしか見たこと無い俺が、痛くしない方法なんか知る訳ないのに。

でも彼女は、安心したって言うか意を決したように目を閉じた。


俺は片手でブラを外した。

マグレだった。

彼女が見栄張って大きいサイズ買ってたのかもしれない。

ブラが取れた時、彼女は大きなため息をついた。

すごく可愛かった。

セーターを脱がしてないから全部は取れないけど、上にずらして持ち上げた。


真っ白の肌にピンクの乳首。

本当にピンク。

子供用バファリンみたいな感じ。

パクっといった。

味はしなかった。

でも美味かった。

彼女は、「ん、んん」って、感じてるって言うより恥ずかしくて声が出てるみたいだった。


もう脳みそ沸騰。

右手で揉んで、もう一方は舐めながら、いよいよ左手を足の方に持っていった。

彼女、膝ぐらいのスカートだったんだけど、そこから出た足に力が入った。

膝に膝が乗っかるようになってる。

その足に沿って構わず手をスカートの中に入れていった。

太ももの合わせのところを撫でながらまっすぐ上にあげると、布に当たった。

すごい柔らかい生地で、中身の弾力も柔らかくてすごく熱く感じた。

太ももの付け根に手刀を差し込む。

人差し指が大事な所を擦っていく。


「あ、んん・・・」

今度は本当に気持ちいいような悩ましい声が出た。

もう俺限界。

カッコなんかつけてられない。

そのまま力任せに両足をこじ開けてあそこを揉むように手の平で包むと、中指を押し込みながら回すように刺激した。

足に力が入って逆に押し付けられたりする。

熱くて柔らかくて初めての感覚。


「気持ちいい?」

俺が聞いたらキスしてきた。

俺、臨界点。

Gパンの下で折れそう。

いよいよチョモランマパンツの脇から手を差し込むと、本当に薄い毛を撫でて割れ目の端っこに指が届いた。

そのまま指でなぞる。


コリコリしたBB弾みたいのがあって、その下にギョーザの皮がある。


それを中指で捲った、っていうか動かしたら左右に分かれた。

もうそこは本当に熱くて、しかもビショビショってほどじゃないけど濡れてる。

童貞の俺でもわかった。


中指の指紋のところで小さく揉みほぐすようにしながら力を入れた。

チュッチュって音がしてお肉が指を包み始めた。

指に鼻水がついたみたいで、でもすごく滑る。


ぷちゅっ。


第2関節までスルっと入った。

彼女が、「あっ!」って言って俺の両肩を鷲掴み。

中は口の中の天井が柔らかくなったみたい。

ザラザラ凸凹で熱くてヌルヌル。

たぶん処女膜触ったんだろうけど童貞の俺には何がなんだか。

とにかく周りの壁をこそげ落とすようにゆっくり動かす。


「●●、なんか、変な感じ・・・中で、動かしてるの、わかる」

後にセンズリする時に何度も思い出した台詞。

有頂天で動かしながら最後の時のために片手でベルトを緩めてジッパー下げて、なおも右手は彼女の中。

もうセオリーもヘッタクレもなし。

上はセーターとブラズリ上げ状態、下は靴下履いたままスカート穿いたまま。

おまけに床の上。

でも、なんか違う事したら彼女が素に戻りそうな気がして脳内会議で続行決定。


彼女に入った手をゆっくり抜きながらパンツの端っこを摘んでそのまま手を下げていく。

お尻の方が引っ掛かったけど、彼女が腰を浮かして手伝ってくれた。

膝まで下りてきたパンツはブラとお揃いの色で、あそこが少しだけ染みになってる。

そのままスネまで下げると彼女の左足だけ抜いた。


「いくよ・・・」

彼女は俺を見つめて、本当に小さく頷いた。

彼女の立て膝の間を、膝歩きで進む。


だけど俺には一つ大きな問題点が・・・、俺、包茎なの。

仮性だけど皮オナニーばっかしてて、亀頭触ると痛いの。

でも下がれない。

もう下がれない。


スカートをいよいよたくし上げると、本当に薄い砂鉄のような陰毛の下に、ぷっくりとしたピンクのタラコが2列。

ほぼ毛なし。

おまけに真ん中辺は光ってる。

少しほころんで皮みたいのが見える。

立て膝なのでお尻の方にはもう少し黒い所も見える。


俺を待ってる。

俺も待ってた。

限界。


彼女に見えないように皮を剥きながら彼女の入り口まで持っていく。

ダイヤモンド級の「好きだよ」を言いながら、右手は添えながら腰を前に。

プチュチュって音がする。


「◯◯◯」

初めて彼女の名前を呼びながら、腰をぐいっと前に出した。

思ったより抵抗が無い。


「うん・・・●●が・・・来る。

中に・・・」

言葉と一緒に彼女の肉がキュって反応した。

その時気付いた。


(痛ぇ・・・)

亀頭がピリピリする。

やっぱ痛いよ。

包茎だもん。


彼女にぴっちり納まった時、マンガで見たのと同じように彼女を抱き締めた。


「◯◯◯、大好きだよ・・・ほら、俺達繋がってる」

ちなみに台詞もマンガの受け売り。

でも彼女、俺にしがみつきながら感動したような顔してる。

もう天使に見えた。


「●●、お誕生日おめでとう。

痛くないから、我慢できるから大丈夫だよ」

誕生日だったのをその時思い出したよ、俺。

でもやっぱ痛い。

俺は痛い。


「いい?少し、動かすからね」

「●●の・・・好きにしていいよ」

ゆっくり動かした。

痛いから。

でも動かし始めたらどうやら彼女の中で皮が戻ったらしい。

痛くなくなった。

気持ちいい。

マジ気持ちいい。

ちょっと大きく動かす。

プチュプチュって音が少し大きくなった。

彼女も、「うん・・・ん・・・んん・・・」ってリズムにあわせて声が出てる。

黒いスカートが捲れあがった所から真っ白な肌。

その端っこにほんの少しの毛。

濡れたカーテンをまとわりつかせて出入りするキラキラ光る俺のチンポ。

もう夢に見た光景。

ニルヴァーナ!

「●●、あんまり見ないで。

すごく恥ずかしい、恥ずかしいから」

その台詞がフィニッシュブロー。

猛烈に性感が高まった俺。

やばいよやばいよ、コンドームつけてないよ。

抜くっきゃねぇと一気に腰を引いた。

彼女が、「ぁうんっ!」ってちょっと大きな声。

もう止まらない。

ビュルッビュルっ!!って感じ。

レーシングカーのタコメーター張りにびっくんびっくんしながら撒き散らした。


彼女のスカートとか足とか、あちこち精液。

一番飛んだのは髪の毛まで飛んだ。

そのあと彼女が舐めたりとかはもちろんしなかった。

処女と童貞だし。


ティッシュで拭いた。

普通に拭いた。

彼女も拭いてあげた。

あそこも拭いてあげたら両手で顔を押さえて、「いやぁ・・・」ってか細い声で言った。


俺はあと5回は出来るぐらい元気だったけど、彼女にもう一回って言えなくて、その日はそれから少し話したあと彼女は帰った。

彼女が帰り際に、「ちょっと痛いや」って照れながら笑った。

もうそれが俺の宝物。

俺も痛かったよ最初。


ありがとう素敵な思い出。

今でも会いたい。


長々ごめん。

書いてたら色々思い出しちゃったよ。

オナニーして寝る。

サンプル