14


セックスの最中によく甘えてくる義妹との体験談です。



結婚して2年目に妻(留美子)が妊娠した。

無事に男の子が産まれ、1週間後退院し、そのまま実家に帰った。

留美子の実家は、俺の住んでるF市から車で2時間くらいかかる所にある。

だから最初の日は泊まったが、仕事を休む訳にもいかず、自宅で独身生活を始めた。

独身生活は久し振りだったが、別に不自由も感じなかった。



10日くらいしてかなぁ、留美子の妹の紀子から電話が掛かって来た。

紀子は留美子の3つ下、23歳になるOL。


「アニキ、大丈夫?独りで淋しくない?食事とかどうしてる?」と質問責め。


「ああ、久し振りで楽しんでるよ。

留美から電話は毎晩あるし、淋しくなんかないよ。

それより何?」

「アニキが淋しがって泣いてないかなぁと思ってさ。

それより、なんか食事作ってあげようか?私、アネキより上手いよ」

確かに妻の実家に行った時は紀子が料理を作ってた。

美味かった。


「そうだな、頼みたいけど俺の家に来るのはマズいだろが。

妹とはいえ義理だからな。

留美よりも、義母さんが変に思うからいいよ。

気持ちだけは有り難く受け取るよ」

ルックスは妻の方が俺好みだけど、紀子の明るい性格は好きだった。

コンビニ弁当を食って焼酎を飲んでると、ピンポーンとチャイムが鳴った。

インターフォンに出ると・・・。


「私、紀子。

開けてよ」

(なんで来たんだ?)と思いつつ、オートロックを開けた。


「ヘヘッ、びっくりした?あーやっぱりコンビニ弁か。

ツマミ作るよ」

俺が何も言わずにいると、スーパーの袋を抱えて勝手にキッチンへ入って行った。

すぐに簡単な酒の肴を2品作って出て来た。


「ノリちゃん、1人で来ちゃ駄目って言ったろ?変に思われたくないしさぁ」

「大丈夫、誰にも言ってないし、言わないから。

さ、食べてよ」

俺は紀子が作った料理を食べて酒を飲んだ。


「いやぁ、ノリちゃんは上手いね。

美味しいよ。

お世辞じゃなくてさ」
「コンビニ弁ばっかでしょ?駄目だよ。

また来てあげるから・・」

「いや、もう来ちゃ駄目。

今日は仕方ないけど、遅くなるから早く帰りなさいよ」
「今日は会社の友達ンちに泊まるって電話したから大丈夫。

飲もうよ。

私も飲みたい」

自分でグラスを持って来ると、焼酎の水割りを作って飲み出した。

あっ、飲んじゃったよ。

仕方ないか・・・。

それからギターを弾いたり、最近のどのバンドが良いかとか、飲みながら話した。

かなり盛り上がってお互いに酔いも回って来た。


「アニキさぁ、アネキがいないと辛い?しばらく出来ないし、どうしてる?」

紀子は今は別れたらしいが、俺が結婚した時には彼氏が居た。

自分より妹の方が先に嫁ぐみたいって留美が言ってたくらいだった。


「男は慣れてるよ。

独身の時は皆自分で処理するからさ」
「知ってるよ。

私だってそのくらい。

ただ、アニキもそうしてるのかなって思ってさ。

なんかイメージが湧かないから。

アニキが自分で・・・なんて」

「ノリちゃん、飲み過ぎたんじゃないの?そんな話の方がノリちゃんのイメージに合わないよ。

もう寝ようか。

ノリちゃんはこっちの部屋に布団敷いてあげるから」
「はいはい。

すみませんね。

酔っ払いで・・。

シャワー浴びてきまぁす」

俺は歯磨きして先に自分のベッドに入った。

酒のせいで、すぐに寝ついたみたいだった。


何かの気配で目が覚めた。

隣に紀子が居て、俺の胸に顔を埋めてた。


「わっ、びっくりしたぁ。

どうしたの?」

「黙って。

しばらくこうさせて」

訳も分からず、俺は紀子の髪を撫でてやっていた。


「気持ちいいなぁ。

こんなシチュエーションは久し振り」

「ノリちゃんは今彼氏居ないの?」

「居ないよ。

でも、今日は居るかな?ヘヘッ」

俺は無性に紀子が可愛く思えた。

俺の胸から頭を離すと、夢中でキスした。

紀子も応えてくる。


「いいの?留美に悪いと思わない?」

「今日だけの彼氏になってよ。

いいでしょ?」

応える必要はない。

胸に手を持って行くとブラだけ・・・。

試しに尻を触るとパンツだけ。

ブラをずらして小さめのオッパイを擦った。

硬く尖ってる乳首。


「ハァッ」と声を出すと腰をモジモジ動かしてる。


乳首を吸った。

左右、交互に。


「あ~っすっごい感じる。

あ~あ~い~よ」

俺の下半身も溜まってるんで、もうカッチンカッチン。

そこに紀子の手が、わざとなのか偶然なのか触れた。


「すっごい。

アニキ、パンツ脱いでよ。

今日は彼氏でしょ。

気持ち良くしてあげる」

俺は慌ててシャツとパンツを脱ぎ捨てた。

紀子も自分でブラとパンツを取った。

紀子を抱き寄せた。

俺のカッチンが紀子の太腿に触る。

ヌルヌルした感触。

俺の先走り液、多いんだ。

紀子の尖った乳首も俺の胸に感じる。


キスしながら、しばらく抱き合っていた気がする。

紀子の股間に手を這わせた。

意外と薄い陰毛があった。

足を少し開かせ、割れ目を探った。

もう尻の割れ目まで垂れていた。


「ノリちゃん、すごい濡れてるよ。

感じてる?」

「うん、すごいよ。

今日はどうなるか分かんないよ。

いい?」

「舐めていい?ノリちゃんの見てみたい」

俺は身体をずらし、紀子の足の間に顔を近付けた。

女の匂い。

割れ目を指で開くと小さな突起が顔を見せた。

たまらず吸い付いた。


「はあぁっダメダメ・・・」

そう言いながら両足で俺の顔を挟んできた。

両手で紀子の両足を広げ、クリと穴の間を舌で舐め上げた。

何回も何回も舌で往復した。

紀子の腰が持ちあがった。


「ダメェあぁ~ダメェ」

腰が上下してる。

凄いイキ方。

留美はこんなにはならない。

俺は穴に指を入れてみた。

狭い!

「アニキィ、気持ちいいよぅ。

恥ずかしいけど笑っちゃイヤだよ」

「何回でもイッていいよ。

ノリちゃんも溜まってた?」

「バカッ、でも私も久し振りだから溜まってるのかな?」

腰をゆるやかに回しながら、紀子は俺の指を締め付けてくる。


「ねぇアニキィ、もう指より入れてょ・・・」
「なにを?何を入れて欲しいの?言ってごらん」

「アネキにも言わせてるの?そんな事。

留美も言う?」
「言うよ。

でも、あまりこんなの好きじゃないみたい」

「そうだよ。

留美は私ともエッチな話はしなかったもん」
「ノリちゃんは好きなの?恥ずかしいこと」

「相手が喜ぶ事はしてあげる。

アニキもいいよ。

何でもしてあげる」
「じゃ、何を入れて欲しいか言ってみて」

「フフフ・・・。

なんて言えばいい?オチンチン?それともチ・・ン・・ポ?」
「そう、チンポがいい。

入れるよ」

「ねぇ、アニキィ、今だけでいいから好きって言ってよ。

紀子のこと好きって言ってよ」
「ノリ、好きだよ。

ノリ、入れるよ。

俺のチンポ、入れるよ」

俺は紀子の穴に焦点を絞ると、先っぽを入れた。

キツい。

でも既にヌルヌルが垂れてる。

穴の周りをチンポの先でなぞった。

何回も・・・。

その時、紀子が腰を押し出してきた。

ヌルッと先が入った。


「あぁ~入った」

紀子は更に腰を押し出してきた。

俺も突き出した。

一気に奥まで・・・。

子宮に届いたと思った。

俺は動かずに、ただ押し付けたままじっとしてた。


「あぁぁ・・アニキィ、イキそう。

声が出そうで恥ずかしいからキスして」

こんな可愛い事を言われたことが無かったんで、俺は紀子にキスしながらイキそうになった。


「ノリ、イキそう。

どうする?どこ?どこに出す?」

「ちょっと我慢してアニキィ・・。

私を先にイカせて。

そして口に出して、お願い飲ませてぇ・・」

俺は必死で我慢した。

羊も数えた。

円周率も思い出した。

3.14159・・・。


紀子が腰を持ち上げた。


「あぁぁぁぁ・・・アニキィ、イクよキスして・・・声が出るから・・・キスして・・」

俺がキスした瞬間・・・。


「うぅぅぅ・・ウプゥ・・」

俺も限界だった。

引き抜くと、紀子の口にチンポを押し付けた。

出た。

いっぱい・・・出た。

口からこぼれた俺の精液が髪にまで流れた。

俺が腰を引こうとすると、紀子はチンポを握ったまま咥えて離さない。

最後の1滴まで綺麗に飲んでくれた。

ティッシュで紀子を綺麗にしてあげた後、紀子は洗面所に口を洗いに行った。


裸のまま紀子は帰って来た。

と思った途端、飛び付いてきた。


「アニキ、ありがとっ。

私、一生の思い出にするからアニキも忘れないでね。

私ね、留美がアニキを紹介してくれた時から好きだったの。

でも兄貴だからって、ずっと我慢してたの。

今度、留美が家に帰って来た時、今日の事は想像してた。

っていうか計画してた。

ごめんね。

アネキを裏切らせて・・」

可愛い。

とにかく可愛い。

こんなに惚れられた事、あったっけ?
先に紀子と知り合ってたら、どうなってたんだ?
もうしょうがないかぁ・・・。

今更言っても・・・。

俺は紀子を抱き締めた。

力いっぱい。


「ノリちゃん、ありがとう。

今日は朝まで彼氏でいいんだよね。

今日だけは・・・」

「そだよ。

彼氏だよ。

私の中ではず~っと彼氏。

アニキは今日だけ彼女と思って」

朝まで俺達は3回愛し合った。

紀子は「イクッ」と言うのが恥ずかしいのか、声が大きいのが恥ずかしいのか、必ずキスをしてきた。


妻も我が家に帰って来て、息子も猿みたいな顔ながら俺に似てるとか言われてそれなりの幸せが帰って来た。

紀子とはその後、会う機会もなく1年が経った。

我が家に妻の両親、紀子、俺の父親(母は居ない)、妹が集まって1歳のお祝いをした。


妻の親父が、「◯◯君、紀子に誰か良い人おらんか?もう行ってもらわんとな」と聞いてきた。


「そうですねぇ・・。

でもノリちゃんはどんな人がいいの?彼氏居ないの?」

「彼氏は居ないよ。

好きな人は居るけど妻子持ちだしね・・・」

「馬鹿がッ、真面目に考えんか。

◯◯君にちゃんとお願いしなさいっ」

あくまでもお義父さんは真剣だ。


「そうだねぇ、お義兄さんみたいな人かな?」
「ノリにはもっとしっかりした人がいいよ」

「はぁ~俺、しっかりしてないんか?」
「いいからいいから。

私は自分で探すから、ごめんね、お義兄さん」

後は飲んで和気藹々。

トイレに行った時、紀子と偶然みたいに会った。

俺の耳に口を寄せると、「早く二人目を作ってよ。

あと10ヶ月も待てないよ。

アニキィ」と笑って両親の元に帰って行った。


今、子作りに励んでる。

また紀子が来てくれるかも知れないから・・・。

サンプル