0487



先輩OLとのエッチな体験談です。



社会人になり、1年目か2年目の頃。

確か25歳ぐらいだったかな?
俺の所属してた営業部と企画室で社内コンパがあった。

企画室は、女性がほとんどの部署で男子社員の垂涎の的だった。

5対5で居酒屋で盛り上がり、2次会はカラオケへとなった。



その中の一人、参加女子の中で最年長OLの28歳の景子さん(北川景子をちょっとふっくらした感じでクールな外見はちょっとSっぽくって、男子社員の間でも人気が高い美人)が、気持ち悪くなり帰る事に。

そこで、一番年下の俺が送って行く事に。


景子さんは、ペーペーの俺には高嶺の花的存在で、挨拶程度はするが、ほとんど話をした事はなかった。

タクシーに乗ると、「ごめんね」と言いながら俺の膝枕で横になる景子さん。

この時は高嶺の花過ぎて、下心とかお持ち帰りとかは全然考えていませんでした。

一緒にいるだけで、緊張するぐらいの美人なので。


一緒にタクシーに乗り込む花柄のマキシワンピの景子さん。

脇がざっくり開いてて、下に着けてる白いキャミブラトップが見えている。

胸はそんなに大きくないみたいでC寄りのBカップだが、その可愛らしい膨らみも見えてる。

背中を擦ってあげると、「ありがとう・・・気持ちいい」と言っていたが、途中からスースーと寝息を立て始めた景子さん。

その無防備な姿に、俺の中のスケベ心がムクムクと・・・。


「大丈夫ですか?」と言いながら背中を擦る手を胸の方へ。


そして、ざっくり開いた脇からキャミの上からだけどおっぱいにソフトタッチ。

高嶺の花にセクハラをしてしまった・・・。

反応が無いので軽く揉む。


「んんぅう」と一瞬声を上げたので手が止まる。

でも、しばらくすると静かになったのでゆっくりと揉む。

小さいと思ってたが、手の平にすっぽり収まるおっぱいはイイ感じ!

調子に乗った俺はさらに大胆になって、キャミの中へバレないように慎重に手を進めて、直接胸を揉んだ!
しっとりと汗をかいた肌が手に吸い付く。


「んんぅう」と時折小さな声をあげるが起きる気配はないので、勃起してきた乳首を軽く摘んだ。

ビクンと反応したが、それでも起きないのでしばらく楽しんだ。

当然、チンコがムクムクしてきた。

時折、動く景子さんの頭がチンコに触れてヤバい!

「着きましたよ」

運転手さんの声で胸から手を抜いて、景子さんを揺すって起こす。


「ごめんね・・・寝ちゃった」

「大丈夫ですか?部屋まで送りますよ」

脇を抱えて部屋まで。

鍵も開けられない状態だったので、代わりに開けて部屋の中へ。

キレイに片付けられた1Kの部屋。

ベッドに倒れ込む景子さん。

干してある黒のレースの下着や可愛いパステル調の下着にドキッとした。


「じゃぁ・・・帰ります」

返事がないので、オートロックの部屋を出た。

そしてタクシー拾って帰った。

部屋に帰って寝ようとしたが、手に残る景子さんの胸の温もりと感触が頭から離れず・・・、オナニーした。


週明けに出勤すると、景子さんから、『ありがとう』という社内メールが来てた。

そして・・・、ちょっと遅い昼食の時、社内食堂でバッタリと会った。

食堂はガラガラだった。

誘われて一緒に食事をしたが、緊張した。

バレてないと思ってはいたが、やはり心配だった。


色々な話をして食器を片付けてる時、「そうそう、そう言えば◯◯君、タクシーの中で私の胸、触ってたよね」と世間話でもするように言う景子さん。

一瞬でフリーズする俺。

言葉なんて出てこない。


「仕事終わったら、ちょっと付き合ってもらうわよ、いいわね?」

その有無も言わせぬ口調に、ただ首を縦に振るだけの俺。


(ヤバい!終わったな!クビだ)とか色々考えてしまい、午後からの仕事が手につかず先輩に怒鳴られた。


『19時に◯町の◯◯カフェに来なさい』

景子さんからメールが来た。

バックレようかと思ったが、意を決して行った。

会うなり、「申し訳ありませんでした」と頭を下げた。


「とりあえず座りなさい」

そう言われて座ったが、重い沈黙が続く。


「じゃぁ行こうか」

促されてカフェを出る。


「どこへ?・・・警察?」

青ざめてる俺を見て、「うふふ・・・心配しなくていいよ。

警察に突き出したり、会社に報告したりしないから」と笑われた。


ちょっと気が楽になったが、一体どこへ連れて行かれるのか不安だった。

でも、連れて行かれたのは景子さんの部屋だった。


「さて・・・どうやって責任取ってもらおうかな?」

そう言いながらベッドに腰掛ける景子さんの前で正座する俺。

間髪入れずに、「何でもします」と土下座。


「じゃぁ・・・裸になってもらおうかな?」

「えっ?」

「私の胸を触ったり見たりしたんだから、◯◯君のもね」

ニヤニヤしてる景子さん。


「わ、わかりました」

意を決して全裸になって股間を隠した。


「ふふふ、そこに仰向けになって手、どけて」

そう言われて気を付けの姿勢で仰向けになった。

パンツスーツだった景子さんは、ストッキングを穿いた脚で俺の身体を撫でる。

股間を触られた時、ビクンとすると、「動かないで」と言われ、軽く踏まれながら愛撫を受けた。

俺の心とは裏腹に正直なチンコは反応してムクムク!

「私の胸・・・触りながらこんな風になってたの?」
「は、はい・・・」

「ふ~ん、帰ってから思い出して、自分でしたの?」
「は、はい、しました!」

俺の横に座り、今度は乳首を触ってくる景子さん。

ビクンとする俺。


「男の子でも乳首気持ちいいの?」

「は、はい」

もう一方の手ですでにビンビンのチンコを手コキする景子さん。


「や、やめてください!あ、ああっ」

俺が声をあげると、「キミだって直接触ってたでしょ?」と見つめられる。

それだけで爆発しそうになった。


「だ、だめです!で、出ちゃいます!」

そう訴えたが、笑いながらより激しく手を動かす景子さん。

ドS全開の景子さんの微笑みに、俺の中のM男魂が目覚めた気がした。

その次の瞬間!

「あっ!ああ」

我慢できずに射精してしまった俺。

勢い良く噴き上げ、自分の胸に落ちた。

景子さんの手にもダラダラと大量に。


「あん!すごぉい!こんなに出るなんて」

「す、すみません」

景子はティッシュで拭って綺麗にしてくれて、「もういいわよ、服着なさい」と言われて泣きそうな顔で服を慌てて着た。


「この事は二人だけの秘密よ。

じゃあ・・・帰っていいよ」

「し、失礼します!」

俺は景子さんに最敬礼して部屋を出た。

翌日、会社で顔を合わせたが、いつも通り、何もなかった様な振る舞いの景子さん。

と、携帯にメールが来た。


『今すぐに◯階の備品倉庫に来なさい』

行ってみると、鍵を掛けた部屋で景子さんに手コキされイカされた。

そんな事が、毎日のように続いた・・・。

社内ではもちろん、外でも呼び出されて、手コキされてイカされる日々が続いた。

景子さんは小悪魔な微笑みを浮かべて手コキするだけ。

俺は、いつの間にかソレが快感になって、呼び出されるのを待ち望むようになった。


「自分でしたり、誰かとエッチしたりしたら、もうしてあげないからね」

景子さんに言われて、オナニーも我慢した。

1週間放置されて狂いそうだったが我慢した。

1周間ぶりに呼び出された時は、涙が出そうだった。

気持ち良すぎて腰が抜けた。


景子さんは、いつも手コキするだけで身体には触らせてもくれない。

それでも呼び出されては喜んで尻尾を振る、完全に景子さんのペット状態の俺。

サンプル