0421


夫の前で着替えすらしない妻とハプニングバーに


妻と結婚して10年。

出産経験が無いからか容姿は良い。

163cmのCカップ、顔が小さくスレンダー系。

結婚前から自慢の彼女であったが、それは今も変わらない。

しかし妻は性欲を表に出さないタイプである。

家では着替えも私の前ではぜず、風呂上りのバスタオル一枚という姿も見たことが無い。



そんな妻に私は色んなことをさせてきたつもりである。

バイブ、縛り、写真(投稿)、野外露出など。

しかし私の欲望が満たされているわけではない。

何かが足りない。


足りないもの・・・、それは私自身よくわかっている。


“妻の陰部に他の男性の肉棒がぶち込まれた姿を見たい”

そんな私の願望が叶えられそうな場所を知ることができた。

それは『ハプニングバー』。


妻と外食に出掛けたある日、普段より多めに酒を飲ませた。

夜9時を回り、「面白いバーがあるから」と誘った。

妻はそこがどんなバーなのか尋ねることも無く快諾した。


車を走らせること30分。

バーの前から店に電話をし、鍵を開けてもらい中へ入った。

私も初めてだったので、2人でスタッフから店内でのルール説明を受けた。

妻は困惑していた。

私は、「飲むだけだから」と説得した。


時間帯が早いせいか、数組のカップル、数人の単独男性が静かに飲んでいた。

しばらくすると他のカップルから声を掛けられ、一緒に飲むことになった。

テーブル席から広いソファー席へ。

それが全ての始まりだった。


そのカップルから、この店での色んな話を聞きながら酒を飲んだ。

私はペース配分しつつ酒を飲み、妻の酒のオーダーは絶やさなかった。

そして3時間は経過してたであろうか、妻は店の雰囲気にも慣れてきていた。

気が付けばこのテーブル席には3組のカップルに2人の単独男性。

ある頃から、私はわざと妻から離れた席に座り、他の人と話をするようにしていた。

妻は初対面の男性に挟まれた席で、楽しそうに会話をし酒も飲んでいる。

そして時期は来ていた。


妻の隣に座っている男性が私に視線を送ってくる。

私は妻の背後にある席へ移動して見守ることにした。

その男性が妻を狙っているのは明らか。

妻に分からぬよう振り返って、視線を送ってくる男性に私は軽く頷いた。

それを合図に彼は妻の耳元で囁くようになり、手も腰や膝元へ。

妻の軽い抵抗を受けながらも、彼は次第に太股や胸を弄り始めた。


妻がグラスを置き、目を閉じるまで時間はかからなかった。

彼は右手でブラを外し、左手は股間の中に埋もれ動いている。

妻は小刻みに反応し始めた。

この反応は男を拒み抵抗しているのではなく、明らかに感じていると確信した。


(妻が知らぬ男性に首筋を舐められ、胸を揉まれ、股間を弄られている)

私は嫉妬していた。

が、それは今まで味わったことの無い快感でもあった。

彼は勝負に出た。

妻のストッキングとパンティを脱がし始めた。

それは私にとっても勝負であった。


(妻がどこまで許すのか・・・)

妻の手と足に力が入る。

目も開けず声にも出さないが、先程とは違う抵抗。

彼もそうだろうが、私も退けなかった。

私は妻の後ろに寄り添い、耳元で囁いた。


「大丈夫、俺がいる」

その瞬間、妻の身体から一気に力が抜け落ちた。

私は妻を後ろから抱きかかえるように支え、彼は妻の下半身を剥き出しにする。

彼は妻の股を大きく開き、陰部に顔を埋めた。

妻の身体がピクピクと反応する。

その動きで彼の舌使いが私にも伝わってくる。

私は妻の上半身を脱がせ全裸にし、ソファーに寝かせてそこを離れた。


妻の陰部を舐め回してる彼とは別に、全裸の男性が妻に寄って来た。

既にその彼の肉棒はゴムで覆われ、大きく反り返っている。

おもむろに妻の胸を掴み、乳首を舐め回し始めた。

妻の身体が大きく、そして激しく揺れる。

私は第三者として、彼らの背後から傍観する事にした。


妻から声が漏れない。

覗いて見ると妻の口は肉棒で塞がれている。

陰部は舌ではなく指で弄り回されていた。


(妻が全裸で肉棒を咥え、胸を揉まれ、股を大きく開き、陰部を責められている。

しかも素性も知らぬ男性2人に・・・)

そして最初の彼も肉棒にゴムを着け、ついにその時が来た。

彼が一瞬私に振り向き、そしてさらに妻の股を大きく開く。

彼の肉棒が妻の陰部に触れ、今まさに亀頭が埋もれていこうといている。

しかし今までになく妻の足に力が入り、股を閉じようとする。

彼は店のルールを守り、一旦様子を窺った。


私は妻に耳元に寄り、「どうした?」と聞いてみた。

小さな声で妻は答えた。


「他の人のはイヤ」

彼らは承諾してくれ、私は彼らの前で肉棒を妻の陰部に挿入した。

妻は多くの視線を気にすることもなく声を漏らし、腰を振り、淫らな姿を曝け出し、そして果てた。


かなり省略して書きましたが、これが第一幕。

今月中に再び行く予定です。

妻も承諾しています。

サンプル