3


5人の男達に妻がレイプされました


妻、28歳。

身長157センチ、スレンダーで髪は肩より少し長く、タイプ的には派手めです。

その日の妻のスタイルは、白のブラウスに黒の短めのスカートにピンヒールのブーツ。

男たちは、そんな妻を気に入ったのか・・・妻は男たちの標的になりました。


去年の秋、私は久しぶりの休日を利用して妻とドライブに出かけました。


助手席に妻を乗せ、久しぶりの妻との外出に、結婚前の事を思い出しながら楽しい1日を過ごしました。

助手席に座る妻の太もも、ストッキングの光沢、ブラウスから透けるブラ。

今日はどんな下着を付けているのだろう?
そんな独身時代のような思いを起こしながら、どこかの山中でカーセックスをして帰ろうなどという考えが頭の中を過ぎりました。


夕食を済ませ、私は車を山中に走らせました。

ドライブインの跡地のような広場がありました。

その広場に停車させました。

妻は広場から見える夜景に感動し嬉そうにしていました。

私は車のエンジンを切り、妻の肩を抱き、軽いキスをしました。

シートを倒し少し抵抗する妻のブラウスのボタンを外し乱暴にブラを下げました。


「ゴメン・・・寒いからヒーター付けて」

妻に言われるがまま、私は車のエンジンをかけました。


カチ、カチ・・・。


お恥ずかしい話ですが私は絵に描いたような車オンチ。

車は持っていても駐車場のお飾りになっているようなペーパードライバー。


「どうしたの?」

不安そうに尋ねる妻。

私は半ばパニック状態でどうして良いのか分からず、キーをカシャカシャと廻すだけでした。

20分ほど経った頃、1台の車が広場に入ってきました。

ピカピカのワンボックスカー、見るからに車好きなオーナーが乗っていそうな車でした。

アベックが私と同じ考えでこの広場に入ってきたのだと勝手な判断をした私は、天の救いと思い、車から飛び降りてワンボックスカーに走り寄りました。


「どうしました?」

人の良さそうな中年男性が助手席から顔を出してくれました。

私は車のエンジンが掛からなくなった事を説明し、メカに弱いことも付け加えました。


「大変ですね。

こんなところで」

人の良さそうな男性は車から降りて私の車を見に来てくれました。

妻も車から降りて来て、その男性に挨拶をしました。

男性は気さくに、「こんばんわ」と答えていました。

するとワンボックスカーから4人の男性が降りてきました。


ボンネットを開け、中を見ていた一人が、「こりゃダメだよ。

動かないよ」と言ってボンネットを閉めました。


私は絶望感に襲われ、どうして良いのかわからなくなってしまいました。

携帯電話は圏外でJAFを呼ぶこともできず、途方に暮れていました。

ひとりの男性が、「奥さん大丈夫、寒くない?」と妻に問いかけました。


「大丈夫です」と答えた妻は寒そうで、両腕を抱え込み足踏みをしていました。


これ以上迷惑をかけれられないと思い、私は男性たちにお礼を言い、車の中で夜明けまで待とうと妻と話していました。

男性の一人が、エンジンが掛からないとヒーターも掛からないし、山の中でこれからもっと寒くなるから大変だと言ってきました。

別の男性が車の中から自分のジャケットを持ってきて、妻に羽織らせてくれました。


「下の街まで送るから、ホテルにでも泊まったほうが良いよ」と助手席にいた男性が言ってくれました。


私たちは彼らに甘えさせてもらうことにして、ワンボックスカーに乗せてもらいました。


運転手の男性が、この辺は初めて来たので隣に乗って街までの道を案内してくれと言ってきました。

妻と助手席に乗っていた男性が真ん中の席。

残りの3人が最後部の座席に座りました。

ワンボックスカーの窓ガラスには真っ黒なフィルムが貼ってあり、後ろの席はほとんど暗闇で、妻の顔さえ良く見えないような状態でした。

少し不安になりましたが、親切な方々を信用することにしました。


「奥さん、なんて言う名前なの?」

「聡美です」

「聡美ちゃんか、いい名前だね」

走り出して5分ほどでそんな会話が始まりました。

世間話に花が咲き、一瞬の沈黙があった後・・・。


「聡美ちゃんっていい女やね。

やらしてよ」

ドキっとしました。


「オッパイ触ってもいい?」

妻は何と答えて良いのかわからず、無言でいました。


「いじめないで下さいよ」

私は笑いながら言いました。


「どんなパンティー穿いてんの、聡美ちゃん?」

男たちはヘラヘラと笑っていました。

別の男の声で「いい体してんよな」と聞こえました。

妻の隣に座っている男が運転手に言いました。


「適当な所で止めろや」

「もう降りますので止めて下さい」

私は怒鳴りました。

運転手は無言で小さな空き地に車を停めました。

と同時に、顔面に強い衝撃と苦痛を感じました。

何十発殴られたのでしょうか・・・。


「イヤっ、やめて」

「いい女じゃんかよ、キスさせろよ」

ボタンが弾け飛ぶ音・・・。

虚ろな記憶の中で、妻が犯されることを認識しました。

妻は髪の毛を鷲掴みにされ、シートが倒され、4人の男が妻の体を貪っていました。

顔を押さえられ無理矢理キスされ、2人の男にオッパイを吸われ、乱暴に揉まれ、もう1人の男にはスカートを捲られ・・。


「なんだよ聡美ちゃん・・・スゲェ・・・エロパンティーじゃん」

ストッキングの上から股間を触られ、体をくねらせて嫌がる妻。


「いい体してるじゃん、聡美ちゃん」

無言で妻の体を貪る男。

声を出して犯していく男。


「ちんちん、顔になすりつけちゃお。

4日も風呂入ってねぇから、臭せぇーなきっと」

ばか笑いをしながら妻の顔に勃起したチンコをなすりつける男。


「しゃぶれ聡美!」

その声と同時に私は運転手に顔面を強打されました。


「おら・・・しゃぶらねぇと旦那殴り殺されんぞ!しゃぶれ!コラ」

妻の口の中にチンコが捻り込まれる。

苦しそうな妻の声が聞こえる。

パンストが破られる。


「パンティ、もーらいっ!」

妻のおまんこが舐められる。

上半身は着ているものをすべて剥ぎ取られ、スカートは腹までずり上げられ・・・ブーツは履かされたまま・・・妻が犯されていく。

妻の嫌がる声と男たちの罵声が車内に響いていました。

嫌がる妻の口にチンコを突っ込もうしている後部座席の男。

両乳首を激しく揉み、乳首を吸いまくる2人の男。

妻の股間に顔を埋めて顔を上下左右に振りながら舐めまくる男。

妻は体をくねらせ、何とか男たちから逃れようと必死に抵抗していますが、無駄な抵抗のようでした。


「聡美、早くしゃぶれよホラ!しゃぶらねぇと旦那がまたボコボコにされちゃうぞ!」

妻の髪の毛を掴んで男が怒鳴りました。

そう言いながら男は妻の口の中に強引にチンコを突っ込みました。


「歯立てるなよ。

ちゃんと舌使ってやってくれよ」

男は妻の口にチンコを入れながら、妻から剥ぎ取ったブラジャーを手にし、「しかしエロい下着つけてるんだな。

いつもこんなのつけてるのかよ?こんなカーチャンなら家帰るのが楽しいな」などと言いながら激しく腰を振っていました。


「たまんねーな。

むちゃくちゃフェラ気持ちいいよ。

この女」

私は叫びました。


「もういい加減にしてくれ!」

しかし妻の体を貪っている男たちは、私の声などまるで無視し、それに反応するのは運転手の男だけでした。


「うるせぇよ」

私はまた殴られました。

このままでは本当にまずい。

力いっぱいの抵抗を試みました。

私は今まで人と殴り合いなどしたことがなく、もちろん殴られたこともありません。

暴力というものに縁のない人生を過ごしてきた私が、どうやったら男5人から妻を救うことができるのか・・・。

私の抵抗に火がついたのか、運転手は私を外に引きずり出し、足腰が立たなくなるほど殴られ、蹴られました。

もちろん抵抗はしたのですが・・・、助手席にゴミのように投げ込まれた私は、再度、妻の輪姦現場を見させられる結果となりました。


妻はフラットに直されたシートの上で男たちに犯されていました。

妻の体は群がる男たちの体でほとんど見えませんでした。

手を頭の上で押さえられ、妻の顔に馬乗りの男のチンコを口に入れられ、残りの男たちに色々な箇所を舐められ・・・。

妻の体は反転させられ、今まで後部に向いていた体が運転席側に向けられました。

私の位置から妻の顔が見えるようになりました。

チンコを根元まで咥えさせられ苦痛な表情を浮かべている妻の顔がハッキリと見えました。


「ご主人、奥さんのフェラ気持ちいいな!いつもこんなに気持ち良くしてもらってるの?」

男が私に問いかけました。

怒りと屈辱で私は歯を食いしばっていました。

男たちは次々と服を脱ぎ始めました。

そして私は信じられない光景を目にしました。

私が最初に話をした助手席の男は、全身入れ墨が入っていました。

そして、もう一人の男にも・・・。


「聡美ちゃん、真珠入り喰ったことねぇだろ?今から喰わしてやっからよ」

全身入れ墨の男が言いました。

男は妻の顔の前に真珠入りの変形したチンコを出し、妻の口の中にねじ込み始めました。

妻は必死に口を閉じていましたが、強引に咥えさせられました。

1人の男が妻の両腕を押さえ、真珠入りのチンコは根元まで妻の口の中に入れられました。

2本目のチンコを咥えさせられた妻の表情は、より一層苦痛なものになってきました。

私は異様な光景に息を呑みました。

車内の狭い空間の中に全裸の男が4人。

全員がチンコを勃起させ、妻の体を貪っている。

妻は間違いなく、これからこの4人に犯されるはずだ。

そして運転手の男にも・・・。

5人の男に犯されたら妻はどうなってしまうのだろうか?
半殺しのような状態にされた私に一体何が出来るのだろうか?

真珠入りのチンコ。

話で聞いたことはありましたが見たのは初めてでした。

男の私が見ても、その異様な形をしたチンコはグロテスクの一言に尽きました。

男は真珠入りのチンコを妻に見せたい様子で、「聡美ちゃん・・・こんなチンポ見たことねぇだろ。

ほら見ろ!今からこのマラをブチ込んでやるからな」と言いながら、目を瞑ってひたすら強制フェラに耐えている妻の目を開けさせようとしていました。

妻の口から異様な形をしたチンコを抜き、男は妻を愛撫し始めました。

耳、首筋を音を立てながら舐め、オッパイを強く揉み乳首を吸っています。


「キスマーク付けてやるからよ」

男はニヤニヤしながら妻の首に吸い付きました。


「イヤ、やめて」

嫌がる妻は首を左右に振って抵抗しましたが、顔を押さえられキスマークを付けられていました。

男の手が妻の脚・・そして股間に・・・。

妻は腰を上げ、男の手から逃れようと必死に抵抗しました。

男はお構いなしに乱暴に妻のマンコに指を入れました。

他の男たちが妻のまわりに寄り、その光景を見つめていました。


「いい顔して嫌がってんじゃん、聡美ちゃん」

「オマンコ濡らしてよがった顔見せてよ」

入れ墨の男は妻の股間を舐め回しています。

妻は必死に抵抗していましたが、どう足掻いてもこの場を逃れられないことは容易に理解できました。


「ホラ、入れてやっからよ」

真珠入りのチンコが妻の中に入ろうとしています。


「イヤやめて・・お願いだから・・・やめて・・・やめて・・・」

妻の拒否はまったく通じませんでした。


「いやぁ~」

「聡美・・・お前の穴キツいなぁ、チンコが痛てぇ~よ」

「旦那のチンコが小せぇんだよな、きっと」

一人の若い男が私の顔を見ながら言いました。


「おぉぉ~気持ちいいぞ・・・この女」

男は凄い勢いで腰を振り、「感じさせてやっから待ってろよ、聡美!」と妻の腰を抱き抱えました。

腰を抱え上げられ上半身が宙ブラリンになった状態の妻は苦しそうな表情をしながら涙を流していました。

オッパイを突き出した格好になっている妻の姿に男たちは一層興奮したらしく、突き出されたオッパイに2人の男が吸い付きました。


「いや・・・やめて・・・」

苦しそうな声で妻が言いました。


「聡美・・・早くオマンコ濡らせ!!」

男が怒鳴りました。


「しゃぶりな」

別の男が妻の顔の上に移動し、中腰になって口の中にチンコを突っ込み始めました。

腹までたくし上げられたスカート。

太股まで引き裂かれパンスト。

膝を男の肩に乗せられ、ブーツを履かされたままの脚が男の腰の動きで揺れていました。


「聡美・・・いい体してんな・・・イキそうだ!!中で出してやるからよ」

もう私には抵抗する体力も残っていませんでした。

ただ命だけ・・・命だけ助かればそれで良い。


「おぉぉぉ・・・イク・・・」

男の腰の動きがより速くなってきました。

少しでも深く妻の奥に入ろうと、腹を突き出し、前後左右に腰を振り、1人目の男が果てました。

妻の口には、まだ別の男のチンコが突っ込まれています。


「おっしゃ~串刺しにすんぞ、聡美」

入れ墨男が妻の中に入りました。


「顔も体も色っぺーな。

イイ身体してんなホントによ。

穴も小せぇな。

もっとガバガバかと思ってたけど」

入れ墨男は他の男たちを退かせ、妻の耳や首筋を舐めながら腰を振り続けています。


「やめて・・・やめて・・・」

妻は微かに聞こえるような小さな声で男の愛撫を拒否していました。

男はその声に興奮したのか、妻にキスをし唾液を妻の口の中に吐いています。

妻はその唾液を飲まぬよう必死に唇の脇から吐き出していました。

男は自分の唇で妻の唇を完全に塞ぎ、唾液を飲ませようとします。

泣きながら耐える妻。


私の大切な妻が犯されている。

つい数時間前まで楽しそうに笑っていた妻が・・・。

男たちは私の妻で勃起し、私の妻で興奮している。

さっきまで親切だった男たちが、妻を裸にし、嫌がる妻を犯している。


車内は異様な空気に包まれていました。

集団犯罪とはまさしくこのような事なのでしょうか?
一人ではやらないような事でも集団なら出来てしまう。

日常のセックスでは出来ないような事を、集団の力を借りて私の妻の体で体験してみたい・・・。

そんな欲望が出てきても不思議ではないでしょう。

まして相手は輪姦している女です。

何をしてもしょせんは自分の愛する女性ではないわけですから。


入れ墨男は苦痛に歪む妻の顔を舐めまくり、妻に唾液を飲ませ、激しく腰を振りながら妻の体を触りまくっています。


「最初見た時からやりたかったんだ・・・聡美・・・まさかホントに出来るとは思わなかったゼ。

エッチな体してんなぁ・・・」

男はニヤニヤしながら腰を振り、妻の乳首に吸い付きました。


「イクぞ、聡美、声出せ!」

妻の中で射精した男は、自分の汚れたチンコを妻に強引に持たせ、「触れ!」と言って自分のモノについた精液を妻の手で拭い落とさせました。


「うわぁ~、聡美のオマンコの中、精子だらけで気持ち悪りぃ~よ」

次の若い男が言いました。

ティッシュを取った若い男は、妻の中にそれを突っ込み、笑いながら妻に言いました。


「きれいにしてあげっから、泣かないでよ聡美ちゃん」

妻の中からティッシュを抜き、「すげぇよ2人分の精子・・・こんなだよ。

臭せぇ~」。

若い男は妻の顔の前にそれを差し出し・・・。


「ほら、匂ってみな・・・」

嫌がる妻を見て興奮した男は、「ほら、チュチュー吸いな!!」と言うと同時に妻の口の中に2人分の精子をたっぷりと吸い込んだティッシュを突っ込みました。

別の男に口を押さえられ、妻は吐き出すことも出来ずにいます。

私は吐き気を覚えました。

男2人の精液がたっぷりと染み込んだティッシュ・・・、妻はどんな思いで・・・。

若い男は乱暴に妻の体を貪っていました。


「後ろ向け!後ろからブッ込んでやっから」

若い男は妻の体をうつ伏せにし、妻の尻を触り始めました。


「いいケツしてんナ・・・」

妻は尻を突き上げさせられ屈辱に耐えていました。


「全然濡れないじゃん・・・嫌われてんのかな?俺たち」

当たり前だ!
私の妻は輪姦されて感じるような女ではない!
大声で叫びたい気持ちでいっぱいでした。


「濡れてようが濡れてなかろうが関係ねぇけどな!」

若い男はそう言うと妻のアナルを舐め始めました。


突き出された妻の尻。

その股間に男の顔が見え隠れしています。

妻の口を押さえている男が、「聡美ちゃん、精子美味しい?」と薄笑いを浮かべ意地悪く聞いています。

妻は口を押さえている男の手を退けようと必死に抵抗し始めました。

入れ墨男が妻の白いブラウスで妻の手を後ろで縛りました。

顔をシートに押しつけられ、2人の精子を含んだティッシュを口の中に入れられ・・・その口を押さえられ、手を後ろで縛られ、尻を突き出した格好にさせられた妻。

妻の体に残されたものは、腰まで捲り上げられたスカートと、ピンヒールのブーツ。

男たちはそんな妻の格好に興奮しきっている様子でした。


妻の目からは涙がこぼれていました。

若い男は後ろから妻に挿入し始めていました。

妻が眉間にしわを寄せました。


「おぉ・・・締まる締まる・・・むちゃくちゃ締まってるヨ!!」

若い男が激しく腰を振ります。

妻の尻を鷲掴みにして、体を反らせながら腰を振っています。

妻の体はその度に上下し、痛々しく縛られた手はきつく握られ、必死に苦痛から耐えようとしていました。

ただ男が果てるのを待つしかない。

今の妻にはそれしか選択の余地がないのです。


「よく締まるな、この女。

帰すの勿体ねぇなぁ~」

腰を振りながら若い男が言いました。

男の動きがより速くなりました。

後ろから妻の髪の毛を強引に引っ張ました。

妻の顔が上げられ、体は弓なりになっています。

若い男は容赦なく髪を引っ張りあげ、弓なりになった妻の乳首に別の男たちが吸い付きました。

口を押さえていた男が妻の口からティッシュを取り出し、自分のチンコをねじ込みました。

弓なりになり、パンパンに張った乳首を吸われ、髪の毛を引っ張られて強引に顔を上げさせられ、チンコを突っ込まれ、後ろから激しく腰を振られ・・・。


妻は今・・・どんな思いで苦しみを味わっているのだろうか?
妻の目から、乾いた涙がこぼれていました。

サンプル