00093


人妻OLと私には旦那には言えない秘密があります。



私(田原)と近藤、そして理香は現在31歳の同期入社です。

3人は仲が良く、飲みや遊びに繰り出していました。

私は理香の可愛いらしさと推定90センチの巨乳に恋心を抱いていましたが、やがて近藤と理香が付き合いだし、結婚しました。


その後、近藤は横浜に異動となり、私と理香は本店です。


理香の制服の上からでも一目で分かる巨乳は私のズリネタであり、男達の飲みの席では、「あのおっぱいを拝みたい!」「揉みたい!」といつも話題になっていました。


2人が結婚して4年目の30歳の時、理香に飲みに誘われました。

近藤も合流すると思っていましたが、2人だけで理香の悩みを聞く形となりました。

なかなか子供が出来ず、近藤の親のプレッシャーから不妊治療を受け始めたそうですが、近藤が非協力的でこの1年ケンカが絶えず、もう疲れたと言って来ました。

食後、酔い覚ましで公園のベンチに座った時、切ない理香の表情が堪らずにキスをしました。

驚いた理香に、「入社してずっと好きだった」と告白しました。


「気持ちは嬉しいけど、私は結婚してるし・・」と当然の答えが返って来ました。


気まずい空気で駅に向かう途中、私はダメ元で勝負に出ました。


「理香ちゃん、ずっと君が好きだった。

俺に今夜だけ夢を見させてくれないか」

理香は返答に困っていました。

私は強引に理香の手を握り、路地裏のラブホに連れ込みました。

迷う時間を与えない様に部屋に入ってすぐにキス攻撃です。

先程のキスは唇が触れる程度でしたが今度はディープです。

私の舌の侵入を拒んでましたが、やがて受け入れました。

理香の舌の感触を楽しみながらベッドに理香を押し倒しました。

理香の香りを堪能しながら耳たぶや首筋に唇を這わせました。


「あ・・・あん・・・」

初めて聞く理香の感じた声で股間はフル勃起。

ズボンを脱いで、理香のブラウスのボタンを外して行きました。

やがて可愛いデザインの純白のブラが現れました。

推定90センチの巨乳は胸の谷間をしっかり作り、上乳部分は露出されていました。

このブラの中に何度も妄想し、ズリネタにした理香のおっぱいが隠れている!
早く見たい!

ブラの肩ヒモに手が掛かった瞬間、「やっぱりダメよ!ダンナを裏切れないわ・・・」と言って理香が起き上がりました。


私は事の重大さに気づき、立ち尽くしました。


「ゴメン・・・。

理香ちゃん結婚してるし・・・夫は同期で親友の近藤だし、やっぱりマズいよね・・・」

理香の視線は一瞬、私の膨らんだトランクスに行ってました。


「ははは・・・。

収まりつかないからAVでも借りようかな」

照れ隠しの自虐的ギャグを言うと・・・。


「期待させた私も悪いから・・その・・・田原君が良かったら・・・私が手でしてあげても・・」

予想外の言葉!
断る理由がない私はお願いしました。

理香はそそり勃った私のチンコを目を背けながら握り締め、上下に動かし始めました。

20秒で出てしまいました。


「理香ちゃんが俺のチンコを見て、触ってくれるなんて信じられないよ」

「恥ずかしいこと言わないで、これが田原君にしてあげられる精一杯の事よ」

こんな感じでラブホの夜が終わりました。


その後、理香と月に1回から2回のペースでデートを重ねました。

私は憧れの理香と過ごせる、理香はギクシャクした近藤との事を一瞬でも忘れられる時間でした。


デートの場所は、ほとんど私のマンションでした。

理香の手料理とお酒でお腹を満たした後、テレビやDVDを見ながらイチャイチャするパターンでした。


・キスOK
・スカートから伸びた足のお触りOK
・スカートの中への手の侵入NG
・胸のタッチNG
・ハダカはもちろんNG

こんなルールが出来ていました。

何度もキスを交わし、ストッキングに包まれた足、太ももの感触を堪能し、チラチラ見えるストッキング越しのパンティを楽しみ、最後は理香がブラウスのボタンを外してブラと胸の膨らみを見せながら私のチンコをシゴいてくれるのがお決まりのコースでした。


こんなデートが10回程続来ました。

いつものようにブラを見せてシゴいてくれてる時、もう許してくれると思い、ブラを外そうとすると・・・。


「ダメよ!ルール違反よ!」と怒られました。


理香としては近藤にやましい気持ちがあるけど、ハダカは見せてない、最後の一線は超えてないと自分に言い聞かせていると思われました。

私としては憧れの理香の巨乳がブラに包まれて目の前にあるんです。


(どんなおっぱいなんだ!?乳首と乳輪はどんな色と形をしてるんだ!?)

私は強引に理香のブラを外していきました。


「え??田原君、ダメよ!ダメ!!」

私は構わず剥ぎ取りました。

巨乳を両手で隠している理香は、「これ以上の事すると、もう2人で会えないわ!」と涙目でした。

しかし力任せに理香の手を持ち上げました。

その時は来ました!
8年間、想像し続けた理香の巨乳の全容が明かになりました。

張りのあるメロン乳でした。

乳首と乳輪はピンクと薄い茶色の中間色でした。


「こんなおっぱいしてたんだ・・・」

「イヤ!ダメよ!田原君、見ないで!」

社内で理香の巨乳を想像してオナってるのは俺だけじゃないはずです。

可愛い乳首にむしゃぶりつきました。

徐々に理香の抵抗が弱ってきました。

一気にパンストとパンティを脱がし、股間に顔を埋めました。


「お願い!田原君、恥ずかしい。

やめて・・・見ないで」

これが理香のアソコか・・・。

色、形、匂いをしっかり記憶に留めてクンニ、そしてチンコを挿入しました。

理香は抵抗をやめ、諦めの表情で身を任せてました。

中出しでフィニッシュでした。


理香は無言で服を着て、その帰り際、「田原君と会っている時間は癒される大切な時間だったのに・・・。

もう2人では会わない」と言い残して去って行きました。


不妊と近藤との関係に悩む理香の心の隙に入り込み、最後はレイプに近い形で性欲を満たした俺は最低男だ!
自己嫌悪でヘコみました。

会社でも理香とは挨拶程度で、楽しく話をする事はありませんでした。


それから10ヶ月後、近藤から理香の妊娠の報告を受けました。

近藤は、「理香としばらくギクシャクしてたけど、子供が産まれるし、仲良くやっていくよ!」と喜んでいました。

近藤は俺と同じB型です。


計算的に俺の子供?理香はどう思ってる?

そんな時、偶然エレベーターで理香と2人になりました。


「あの・・・近藤から聞いたけど・・・子供・・・」

理香はずっと無言でしたが、ドアが開く時、「あの事は残念だったけど・・・贈り物ありがとう」と言い、私の目を見つめて出て行きました。

その目は・・・『あなたの子供の可能性がある。

でも、あなたは誰にも言わないと信じてる』と語っていました。

理香の幸せを祈る今日この頃です。

サンプル