kimamamh00322000204
デブ女との話。

アダルト系SNSでデブスなドスケベ女とエッチしてしまった(泣)

芸能人で言うと女お笑い芸人の渡辺直美そっくりで、変態プレイしてしまった。

顔写メも送らないし、もっと警戒すればよかった。

メッセと電話でノリノリになりすぎたのが不味かった。

超絶ブスでデブなのに痴女系で、予約してた個室居酒屋とかで積極的に股間触ってくるし、Mっ気のある俺には耐えられなかった。



<スペック>
俺:社畜、26歳でそれなりにM。

直美:自称20の女子大生。

メッセでは『変態プレイがなんでも好き』と言っていた。


で、夜10時位に飲み屋の前で待ち合わせしていた。

メッセでは、今晩は飲んだら朝まで色々やりまくる予定になっていた。

だから時間は遅めでよかった。

で、俺は10時5分前位に待ってたんだ。

そしたら10時ほぼちょうどにメッセが来て、今向かってるとのこと。

俺の息子は期待に膨らんでいた。


しかし到着したのは直美。

一気に元気はなくなった。


が、俺も男だと言わんばかりに、「可愛いねーwじゃあさっそく飲もうか」と言ってしまい、そそくさと入店。


個室は掘りコタツで、部屋に入ると直美は正面に普通に座った。

とりあえず最初はビールで乾杯してだらだら飲んで世間話をしてると、急に股間に変な感触を感じた・・・。

直美の足だった。

直美は普通に話しながらズボン越しに俺の息子を足で擦ってきた。

俺はなんとか耐えようとしたが、この日のために2週間オナ禁をしてたため耐えれず、すぐにフル勃起。

直美は、「大きくなっちゃったね?」と横に移動してきた。

そしておもむろに俺のベルトを外して直接手コキを始めた。

俺は止めようとしたが、直美はお構いなしに続け、部屋には我慢汁音が響く。

俺はすぐに限界に達しそうだった。


しかし直美は笑顔で手コキを止め、こう言った。


直美「アナルに指入れさせてくれたらお口に出していいよ」

完全に限界だった俺は言った。


俺「アナルで感じながら直美の口にザーメン出させてくだい!」

直美はまた笑顔になり、窮屈そうな堀りコタツの中に移動した。

俺はズボンを膝まで下ろし、座布団の上にある直美の指に腰を落とした。

直美の指はツバでヌルヌルで気持ちよく前立腺を刺激してきた。

ほんの2分位で口に出してしまった。


それから俺もおかしくなったのか、いちゃいちゃしつつ飲み屋を後にして予約してたラブホへ直行。

とりあえず一緒にシャワーって流れになったんだが、洗い場で直美があることを言い出した。


直美「おしっこしたいから飲んで」

俺はそのときメッセの内容を思い出した。


『“かけっこ”or“飲ませっこ”をする』

一応、「やっぱいいかなー」みたいなことを言ってたら、直美が「またアナルしてあげるから」と笑い、俺の理性は飛んだ。


俺はすぐさまマットに横になり、直美が顔騎の体勢になり・・・。


直美「いっぱい飲めたらいっぱいしてあげる」

いきなり口に熱くて苦しょっぱいものが流れ込んできた。

顔が見えないのと、元々飲尿フェチでおしっこ好きな性癖なお陰で、飲み干した頃にはまたもフル勃起。


直美は喜びながら・・・。


直美「すごーい、またこんなにおっきくなってる。

じゃアナル弄ってあげるから四つん這いになって」

直美は俺のアナルを舐めてほぐし、今度はたくさん弄れるようにと指にローションを塗って、1本2本と入れてきた。

正直、直美の前立腺マッサージはM性感のプロ並に気持ちよかった。

そのせいで風呂場では俺の喘ぎ声が響き、直美は笑いながら、「変態」とか「女の子みたい」とか言ってた。


しかしここで問題発生。

直美がローション使いまくるせいか腹が怪しくなってきた。

俺はまだイッてないが流石にやばいので、理由を話し、「一旦やめよう」と言った。


しかし止めない直美。

それどころかどんどん激しくなってきてる。

俺の尻は限界だった。


直美は言った。


直美「出しちゃいなさい」

その瞬間、直美が俺の腹を結構な力で押した。

出てしまった・・・。

少量ではあるが、直美の手にそれはあった。


俺はさすがに萎えてシャワー浴びて部屋に戻った。

しばらくシーツに包まってベッドで凹んでいると直美が上がってきた。

直美は「ごめん」と言うが、俺はしばらく無視してた。

すると直美も布団に入り電気を消した。


あーこれで寝られると思って寝付けそうになったとき、直美が手コキを始めた。

俺はびっくりして、「何?何?」と言ったら・・・。


直美「おまんこに生で入れて欲しいの」

今日はもういい的なこと言ってあしらったが、直美の手は止まらず、萎えてた息子は三度目の正直ばりに勃起。

俺もそういや今日は挿入してないなーとか考えてしまい、起き上がって即、後ろから入れた。

前戯はしてなかったがかなり濡れてて、なんで濡れてたか聞いてみたら、「あの後、お風呂でオナしてた」とか言い、めっちゃエロく感じた俺は燃えた。

それはもういつも以上に激しく腰を振り、そして出した。

中に・・・。


直美は生中で喜び、俺はそれにまた欲情し合計3回戦した。

出したのは2回で3回目はオナの見せ合い。


そうして眠りについて、朝起きたら隣にはデブスの渡辺直美。

さっさと起こして帰ってきました。


その時はもう懲り懲りだと思ったけど、一週間もすると、このデブで不細工な渡辺直美似の女とヤリたくなる。

だってすげえテクニックなんだもん。

でも、やったら絶対後悔するんだろうなぁ~ってのも感じるから困る。

理性が勝つか、性欲が勝つか。


後2、3日したら性欲が勝って自分からメールしてしまいそう・・・。

サンプル