kimamamh00129000383
ホームレスとの話です。

私(仮名:真木)は43歳、専業主婦をしています。

夫は53歳、サラリーマンです。


私達は結婚20年になりますが、子供に恵まれず、今も2人で暮らしています。

夫は40歳を過ぎた頃には子供を諦めた様で、もう10年以上もSEXレスです。

私はまだ30過ぎたばかり(当時)で、やりたい盛りだったので、1人でオナニーで我慢していました。


そんな暮らしが続いて、それが普通なのかと思っていました。


インターネットが普及し、昼間暇な私はネットで色々調べていると、ついエッチな事も・・・。

そこで知ったのです。

40過ぎてもみんなエッチする事を・・・。


そんな中、『外でオナニーすると開放感から凄く気持ちいい』という書き込みを見ました。

出会い系なんて出来る度胸もない私でしたが、野外で隠れてオナニーする位なら・・・と実行してみる事にしました。

夫の帰りはいつも11時過ぎと遅く、しかもご飯は食べて来るので私は寝ています。

(つまらない毎日の息抜きのつもりで初めたのです)

その日の夜、20時過ぎにバックにバイブとローターを入れ、すぐに出来る様にとフレアスカートを穿いて近くの公園に出掛けました。

その公園は結構広く、木も多く植えてあるので、道路からは中の様子は見えません。

私は植木に囲まれたベンチ(周りは暗く、植木があるので見えない)でオナニーする事にしました。


スカートを捲り上げパンツを下げると、もうアソコはびっしょりです。

ローターをクリトリスに当てると、それだけでもうイキそうでした。

その後にバイブをゆっくり挿入。


「あ~いい。

もっとお願いします」って独り言です。


アソコは、尽きる事なくネバネバ液が出てきて太腿の方にも垂れていました。

5分もするとイッてしまいました。


その日はそこでやめ、早々に帰宅しました。

自宅マンションに入ると、もう心臓がバクバクで興奮していました。

自宅でもう一回イッて風呂に入り、床に就きました。


翌日、夜20時になるとなぜかまた興奮してきて、気づくと公園に向かっているのです。

そんな事がほぼ毎日続き(癖になったと思います)、1週間も過ぎた頃、もうちょっと興奮したいという願望が湧きあがり、いつもと違う場所に移動しました。

しかも探している時もバイブを突っ込んだまま。

夜とは言え、たまにマラソンする人や話をしている人もいるのです。


私は、いつも人気がある場所近くの、見えそうで見えないベンチで始める事にしました。

何とも言えない興奮ですぐにイッてしまいました。

見えたかも!って辺りを見回しても誰も居ません。


ある日の昼間、私は買い物帰りに公園に行ってみました。

一応、偵察のつもりです。

昼間の公園は夜とは全く違って見えました。

私がいつもオナニーする場所には、子供達がいっぱい居ました。

もっと奥はどうなっているんだろうと思い、公園の奥の方に行ってみると、林の中にブルーシートが見えました。


近付いてみると、そこはホームレスの家でした。

段ボールやブルーシートで家が作られていて、それが10軒位ありました。

人気はありません。

私もここに住んで10年は経ちますが、ホームレスが住んでいる事は知りませんでした。

私は、ちょっと興奮していました。


(ここでオナニーしたら・・・)

夜、私はいつもの様に出掛ける準備をしました。

ただ、その日はスカートも短めでパンツを穿かないで出掛ける事にしたのです。

いつものベンチに着く頃には、アソコはもう準備完了!
しかもその日はノーパンだったので太腿を伝ってヌルヌル液が垂れていました。

私は、バイブを入れるとすぐにイッてしまいました。


いつもはそれで帰るのですが、その日はなぜか奥のホームレスが気になったのです。

バイブを入れっぱなしでテープで固定すると、私は奥に向かって歩きました。

草むらから覗くと、数人の人影が見えました。

昼間とは違い、結構人が集まって話をしているようでした。

ここでオナニーしたら・・・と思ったら我慢できなくなって、その場でオナニーを開始しました。


(見られるかも?)

私は今まで以上に興奮し、バイブの出し入れと共に、「あ~ん」とイッてしまいました。

もう1回と思い・・・。


「お願いします。

こんな私のマンコに入れて下さい!」

って台詞を言ったその時、「そうか!じゃ入れてやる」って男の声が・・・。

前を見ると目の前の草むらに1人の男が立っていました。


私「えっ誰?・・・嘘です。

違うんです」

男「違うって?何が・・・こっち来いよ。

淫乱さん」

私「嫌です。

お願いします。

帰して・・・」

男に連れられ、男の家(ビニールハウス内)に連れ込まれました。

男は50代で、無精ひげにボサボサ頭で何とも言えない汗臭い臭いがしました。


私「大声出しますよ!」

男「いいよ。

聞こえないよ!誰か来たとしても俺の仲間だよ」

私「そんな事分からないわ」

男「ここはホームレスの縄張り!普通の人は夜来ないよ。

溜まっているんだろう?手伝ってやるよ」

私「いいです。

溜まってなんか・・・」

男は、私のスカートを捲ると一気にマンコを舐めました。


「あっん~」

気持ち良かった!
久しぶりの男!

さっきまでイキまくっていた為、私はもう抵抗出来ませんでした。

男に舐め回され、バイブで悪戯され、男に、「舐めろ!」って言われ、ついに男のチンポを・・・。


(凄いデカい!!!)

夫の倍はあるでしょうか?
今まで見た事もない巨根。

それはバイブより大きく、口の中がいっぱいでした。

口に入ると同時に匂い・・・何とも言えない汗臭さと男独特の匂いが凝縮した感じ。


男「どうだ!大きいだろう!自慢だ。

2週間風呂にも入っていないから綺麗にしてくれよ」

私「ん~ゴォ!」

男「旦那はいるのか?」

私「はい、います」

男「そう~か!旦那とどっちが大きい?」

私「えっ・・・こっちが大きいです」

口から抜き出すと、男は私のマンコからバイブを抜き、自分のチンポを挿入しました。


「あ~ん、凄い、凄い・・・」

私は変になりそうでした。

入ってすぐに一回イッてしまい、そんなの関係無いとばかりに突かれ、私は男がイクまで何度もイキました。

男はその巨根を抜くと、「また来いよ、待ってるから」と言って私を帰してくれました。


家に帰り着くと私はもうグッタリでした。

風呂に入り、さっきまでの出来ごとを考えるとなぜか興奮しました。


翌日も夜になると、また昨日の出来事が頭を過ります。


(でも・・・駄目!)

自分を必死で抑え込んで、その日は早く寝ました。

翌日からは夫が休みだったので、夜は出掛けられない・・・。

そう思うと余計に願望が大きくなって苦しかった。

あの日から、たった2日我慢しただけなのに、私には1ヶ月にも感じました。

そして日曜の午後。


夫「明日から出張だから・・・1週間いないよ」

私「そうなの?どこに行くの?」

夫「九州。

前日出発だから夕方から出掛ける」

私「えっ、もっと早く言ってよ!」

夫「特に問題ないだろ。

準備はもうしてあるから、お前に迷惑はかからないんだし」

私「そうだけど・・・夕飯は?」

夫「いらないよ。

4時には出るし、部長と適当に食べる」

夕方、夫は早々に出掛け、私はまた暇な時間になりました。

夫が出かけてすぐに、私はなぜか興奮していました。

頭の中には、あの男のチンポだけ浮かんだ!
すると私は、いつの間にか寝室に行き、着替えを始めていました。

いつもとは違う、露出の多い服装!

(・・・駄目)

そう思っても体が言う事をきかないのです。

ノーパンで夕食の買い物を済ませ、18時には公園に向かっていました。

もうその時間になると人気は少なく奥の方は、誰もいません。

男の家に着くと私は、「こんばんは」と囁いた。

すると中から男が顔を出しました。


男「おっお~来たか。

もう来ないと思ったよ。

さぁ入って」

私「来ちゃいました」

私は中に入りました。


「夕ご飯」と言い、男に弁当を渡しました。

男は「悪ーな」とガブついていた。


一緒に食べ終わると、「今日はまた色っぽいな!」と男が言い、スカートを捲ってきました。


男「今日も穿いていないのか!もうヌレヌレだな」

そう言ってマンコを舐め始めました。


(これ~、私はこれを待っていたんだわ)

私の性欲が爆発した。

何度も何度もイッた。

私は、狂うくらい男の太いチンポを入れて貰った。

男も私が望んでいると察すると、手を縛りアナルにも指を入れ始めました。

私にはもう、拒否など出来るはずもなく従った。

すると男が、「ちょっと待ってろ」と言い、何かを持って戻って来ました。

するとアナルに何かを入れ始めました。


私「イヤ~、何入れたの?」

男「いいから黙ってな」

すぐにお腹が痛くなって、「すいません、出ます」って言うと、「じゃこっち来い」と全裸のまま連れられ、トイレに行って出しました。

トイレでも同じ物を入れられ、また出してを数回繰り返されました。


男の家に戻ると男は、今度はアナルにチンポを入れ始めました。


「痛い!」

本当に結構痛かった。

しかし、男はゆっくり入れてくれました。

すっかり入ったのか、痛みは収まりました。

また男はゆっくり動かし始めました。

腸に当たる感触!
その体勢でクリトリスを弄られ、私はまた感じていました。

クリトリス?いえ、アナルの感触も気持ち良かった。

1時間位した時、男も私も疲れ、お互い全裸で休んで私は帰った。


翌日も私は、男の家に向かいました。

男は、「待っていたよ」とにこやかに出迎えてくれました。

私はもう、この男の女になっていました。

夕食を食べると、また浣腸され前も後ろも犯されました。

私もアナルも気持ち良くすんなり入る様になりました。


私は男に、「旦那、出張でいないんだ!」と言うと、「じゃ、ゆっくりできるな」と言って出て行きました。


少しして戻って来ると・・・。


「みんな綺麗になりたいんだ!頼む」

次々と男達が入ってきました。


「えっ、そんなに大勢は・・・」

戸惑う私にも構わず、男達は飛びついてきました。

私は初めの男で十分イッたのに、その後も次々を男に入れられ、汚いチンポを咥えさせられ、精液だらけになっていました。

マンコからもアナルからも精液が流れている。


(私は、これを求めていたの?もっと、もっとして・・・)

結局その夜は、朝方まで犯されました。


その日から、私は10人の男の性処理便所となった。

マンコの毛も剃られ、一通りハメ終ると公園内を全裸で四つん這いで歩かされ、木におしっこさせられた。


男「お前はもう、俺達のペットだ!いいな」

私「はい。

ご主人様」

旦那が出張中の1週間は、夜は公園で、昼は私のマンションで犯され続けます。

私は今では朝晩関係なく、24時間求める女になってしまいました。

彼らも、『旦那と別れられると困る』と思っている様で、旦那の目を盗んでは私を犯しています。


私は、後悔はしていない。

なぜなら私の結婚生活は、世の中から見たら必要とされない寂しい女だった。

でも今は、こんな40過ぎの女を必要としてくれる男達がいっぱいいる。

寂しくもない。

ホームレスの中には、私と出会ったお陰なのか仕事を探し、社会復帰した人もいる。

(でも、夜は体を求めて来るんですが・・・)
ちょっと気になるのが、夜の全裸での散歩。

近所に人に見られたら・・・でも、この時も興奮し濡らしている私です。


夫は全く気づいていません。

相変わらずSEXレスなので、私がパイパンなのも知らないんですよ。


もう、こんな生活が1年になります。

世の中にはいるんですよ!こんな淫乱女。

サンプル