siro-1712-28-480x264

OLの敏感過ぎるクリトリスに中出しした時の話。



同じ会社の後輩『莉奈』は、同じ会社の先輩社員と付き合っている24歳の事務職員だ。


莉奈との関係は仲が良い程度であったが、付き合っている先輩との相談を受けるようになってから、少しずつ意識し始めるようになった。


莉奈は背が小さく、体つきも幼いが、精神的な面ではとても芯のある子だ。



そんな彼女だが、悩みがあった。


それは彼との夜の相性だ。


彼は9歳離れており、年のせいか単発で終わってしまい、不満が募っていると。


俺は「俺が彼氏なら何回でも相手したいよ(笑)」とさりげなくアピールした。


そんな相談をされながら夕飯を食べた帰り道、ふと目に入ったラブホテルの看板。


俺は冗談半分に、「入ってく?」と莉奈に問いかけると、莉奈は驚いた顔をしながらも否定せず、俺の目を見つめていた。


ドキドキしながら部屋に入り、別々にシャワーを浴びた。


交わす言葉も少なくなり、後からシャワーを浴びた莉奈がベッドの隣に。


理性が吹き飛び、莉奈を包むたった一枚のタオルを剥ぎ取った。


次の瞬間、莉奈が恥ずかしそうに言った。


「胸、小さいでしょ?」

確かに小さめだが、150cm前半の身長を考えれば普通だと思った。


俺「普通だと思うよ」

その膨らみを揉みながら、乳房を舐め回した。


莉奈は喘ぎ声を我慢しながらも、舐める度に小刻みに震えていた。


しばらく舐めてから、ふと莉奈の顔を見ると、目を瞑り身を任せているようだった。


俺は少しずつ下にさがり、薄いヘアーを掻き分け、莉奈のクリトリスを軽くペロンと舐め上げた。


「ひゃうっ!」

強い快感に我慢できずに莉奈が声を上げた。


構わず舐め続けるとピクピクと体を震わせ、おまんこからはヌルヌルした液が溢れ始めた。


莉奈「あうぅっ!だ、だめぇっ!おまんこ、おまんこが溶けちゃうっ!あぁっ!き、きもちいぃ~。

だめっ、イッちゃう!イ、イクぅっ!!」

全身を反らせイッてしまった。


しばらく余韻に浸してあげていると・・・。


莉奈「すごい気持ちよかった。

いつもこんな長いの?」

俺「そうかな?まだこれから指入れたりして、もっとやる予定なんだけど」

莉奈「まだやるの?私、もういいよ。

彼のもっと短いし、濡れたらすぐ入れてくるから、もう満足だよ」

俺「じゃあ、舐め合いっこしよ」

69に。


莉奈は俺のモノを握り、呟く・・・。


莉奈「彼より短くて太め」

俺「えっ?何?」

莉奈「なんでもない。

私、上手くないよ?」

莉奈は小さい口でフェラを始めた。


俺はクリトリスを舐めながら、その一生懸命なフェラの快感を楽しんでいた。


俺が少し速めにクリトリスを攻めるとフェラが中断。


快感に我慢できないのか、咥えるだけになっていた。


俺「もう入れよっか?」

莉奈「うん・・・」

俺は生のまま莉奈のオマンコのスジに擦り付け始めた。


莉奈「えっ!あっ!あっ!待って。

待っ・・・」

俺は正常位で一気にズブッ!と奥まで突き刺した。


そして莉奈に考える隙を与えないために、そのまま足を抱えてフルスピードで腰を打ち付けた。


莉奈「あっ。

あっ。

あっ」

俺「莉奈!すげぇ締め付けだ!気持ち良い」

少しの間、腰を打ち付けていると・・・。


莉奈「あんっ!あんっ!ダメッ!また逝っちゃう!あっ!あっ!イクッ!逝っちゃう~あ~!」

悲鳴をあげながら痙攣した。


俺「気持ちよかった?」

莉奈はハアハアと息を切らせ、目は虚ろでウルウルしていた。


抱えていた足を解放し、正常位から膝を抱えるようにして、また体ごと覆い被さるように体を丸めさせ、おまんこに深々とチンポを挿入をした。


莉奈「あぁっ!!す、すごい深いよぉ・・・」

俺「莉奈の奥に届いてるよ」

莉奈「奥、奥に当たってるっ!あぁ~。

なんか変、す、すごいっ!だ、だめぇっ!おまんこ、おまんこが溶けちゃうっ!」

俺は両手で莉奈の両肩を押さえ付けるようにし、さらに腰を打ち付けるように動いた。


莉奈「んん・・・っ、やぁ・・・ああっ気持ち・・・イイっ・・・、あぁ・・・っ、あっ、ひいっ!」

莉奈は悲鳴にも似た喘ぎ声をあげながら快感に溺れていた。


俺は締め付けてくる莉奈の小さな入口に我慢の限界が・・・。


さらに強く肩を押し付けながら腰を動かす。


莉奈「イク、イク、もうダメ~。

あ~・・・」

俺「お、俺も。

もうダメだ!あぁ~!」

莉奈「あっ!あっ!待っ、お腹、お腹に。

外。

外。

外」

俺は莉奈の声をかき消すように、「あ~!」と叫びながら目一杯奥に押し付け、ドクドクドク・・・と射精した。


莉奈は慌てた声で言った。


莉奈「あ~、出ちゃった?ゴムしてた?してないよね?中に?ホントに?」

かなり動揺しながら質問してきた。


俺は激しく息を切らせながら・・・。


俺「ハアハア。

ヤベェ。

すげぇ出た」

莉奈は涙目になりながら・・・。


莉奈「中出し初めて。

ど~しよ~。

出来たら困る」

俺「ごめん。

興奮しすぎてて、俺もワケわからなくなってた・・・。

とりあえずシャワー行こう」

莉奈のオマンコからチンポを引き抜き、莉奈を立ち上がらせようとしたが立てない。


莉奈「ごめん、立てない」

俺は支えながら莉奈を立たせ、シャワーを浴びに。


莉奈「あっ。

凄い垂れてきた」

莉奈の太ももには中出しした精液が伝っていた。


俺「ごめんね」

莉奈「出来たらどうしよう」

俺「彼氏とはゴムつけてるの?」

莉奈「付き合って3年も経つけど、生も中出しも未経験。

◯◯さんが初めて(笑)」

俺「えっ!それじゃ、ホントにごめん」

何度も謝る姿が面白くなったのか、莉奈は笑顔を取り戻し、「生理、今週予定だから、たぶん平気だよ(笑)」と笑ってくれた。


俺「またしたいな」

莉奈「ちゃんと避妊してくれるなら(笑)」

俺「もちろん(笑)」

今も、お互いにバレないように関係を続けている。

 
サンプル