yjfylsdafwe000250
妹が...。

妹が性行為に興味を持ち始めたのは、たぶん小6の頃だろう。


ときどき俺の秘蔵エロ本が無くなってる時があり、不審に思った俺は妹の部屋を家捜しした。

すると、引き出しの中からアッサリ発見。


(妹よ、もう少し隠す場所を考えろよ!)

しかし、2、3日経つとやっぱり無くなってる。


エロ本を取られては取り返し、取られては取り返し・・・。

そんなアホなやりとりが2年程続いた。


その2年の間、妹がオナニーしているであろう気配は多々あった。

隣の部屋から聞こえる怪しげな物音に気付かない程俺も鈍感じゃない。

隣と言ってもタンスで区切られてるだけで部屋は繋がっていた。

まぁタンスがキッチリだったので部屋の行き来は出来なかったが・・・。

隣の部屋を覗きたいという欲望で悶々としつつも、なかなかきっかけが掴めず覗けない日々を過ごしていた。


が、妹が中2になったある日、異変が生じた。

いつも無くなるのはエロ本だけだったのだが、無くなる物が増えていたのだ・・・。


それはドライバーだった。

最初は親が使ったのかと思い聞いてみたが、親は知らないと言う。

自分で使ってどこかに置きっぱなしにしたという記憶もなかった。

そんなに頻繁に使うものでもなかったので、それほど気にしてはいなかったのだが、ドライバーは突然戻ってきた。

しばらくすると突然消える。

そんな事を繰り返していた時、エロ本とドライバーが同じ日に無くなる事に俺は気付いた。


(これは妹だろう!)という結論に達した俺は、ドライバーが消えた翌日、妹の部屋をまたまた家捜しした。


妹は学習能力が足りないのか、はたまた隠す気がないのか、ドライバーはエロ本よりあっさり見つかった。

ベッドの上に置いたままで、見つけるなと言う方が無理がある。


ドライバーの握り手は白っぽくなっており、水をかけると案の定ヌルヌルしていた。

これで妹がドライバーを使ってオナっているのがハッキリしたので、俺はドライバーを綺麗に洗った後、自分の工具箱の中に戻しておいた。


妹が帰って来た。

俺が部屋に居たのでは妹がドライバーを持ち出せないと思い、リビングでゲームをしていたら、妹が自分もゲームをすると言ってきた。

こりゃ失敗したかな?と思いつつも、断る理由がなかったので、ゲームをする事に・・・。


途中夕食を済ませ、ゲームの続きをしていると、いつの間にか10時を回っていた。

いつもだったら最後に風呂に入る妹が、「お兄ちゃん、先にお風呂入るね」と、珍しい事を言い出した。

妹が一緒にゲームをすると言い始めた時点で、今日はしないのだろう・・・と思っていた俺は、特に気にせず「あぁ早くしろよ」と気の無い返事をしていたが、それは俺の間違いだった。


「お兄ちゃん、お風呂空いたよ」

妹が風呂から上がってくると、バスタオル一枚というなんとも悩ましげな姿で声を掛けてきた。

しかし俺は妹の姿に釘付けで、風呂なんかに入ってる場合じゃなかった。


妹はさらなる痴態を俺の目の前で晒し始めた。

妹の着替え一式は和室に置いてあるのだが、兄だからと気にしてなかったのか、はたまた見えていないだろうと高を括っていたのか、妹は襖を閉めずに着替えているではないか。


俺は妹に気付かれないようにコッソリ眺めていたのだが、妹は変わったヤツで、いきなりバスタオルを取った。

その瞬間、膨らみかけの胸をバッチリ拝ませて貰ったので、それだけで俺は満足していたのだが・・・。


股間を硬くしながら眺めている俺の前で、下着を探している妹は、なんと洗濯物を重ねてある足元に屈んで探し始めた。

下着を見つけるまでのほんの数十秒だったが、俺の目に映ったモノは素晴らしいものだった。

小ぶりながらも形の整った胸、くびれたウエスト、そしてなにより素晴らしかったのは小さくすぼんだ肛門と、まだ男を知らないであろう毛も生えていない綺麗なマンコだった。

風呂上りなので全身は紅潮していて、ピンクのマンコもツヤツヤと輝いていた。


「お兄ちゃん早くお風呂入ってきたら?」

妹の声で我を取り戻した俺は、ちょっと上ずった声で返事をし、風呂に入った。


風呂で目を瞑り、先ほどの光景を思い出しながら湯船に使っていると、なにやら2階から物音が・・・。

注意深く聞いていると、音の出所は間違いなく俺の部屋。

慌てて風呂を済ませた俺は、期待に胸を(もとい股間を)膨らませながら部屋に戻った。


部屋に戻ってまず調べたのがドライバー。

これはやはり無くなっていた。

そして、もう1つ調べたもの・・・。

それは勿論エロ本。


実は俺の部屋にあるエロ本は、2年前と比べると方向性が変わっていた。

妹が持ち出し始めた当初はただのエロ写真集だったのだが、妹が俺のエロ本をオカズにしているのに気付いた辺りから少しずつ変えていった。

写真集から漫画に変え、漫画の中身もソフトなモノからだんだんハードなモノに・・・という具合に。

そして今では、漫画の内容はロリ&近親相姦モノがほとんどだった。

他の系統のものもあったが、無くなっていたのは見事にロリ&近親相姦系のエロ本だった。

(まぁそっち系を見つけやすい所に置いたのだが・・・)

エロ本とドライバーが無くなっているのを確認した俺は、妹が行為を始めるまでしばらく待とうと思ったのが、妹の裸体を拝んでしまった俺に我慢は不可能だった。

ベランダに出て妹の部屋の様子を見ると、やはりと言うか当然と言うか、カーテンは閉まっていた。

しかしオナニーをする時にカーテンを閉める事は誰もが容易に想像出来る事。

俺も例外じゃない。

妹の部屋の窓はしっかり閉まらないように細工をしていた。

妹に気付かれないように静かにカーテンを捲ると、そこには風呂上りの妹よりさらに恥知らずな妹の姿があった。


妹はうつ伏せになり、ベランダ側に足を向けてタオルケットを被っていたのだが、時折せわしなく動く妹の腰はハッキリと確認できた。

ドライバーをしゃぶりながら俺のエロ本を読んでいる妹を見ながら、俺は無意識の内にチンコを握っていた。


そんな状態が十数分ほど続いていたが、妹は体が火照ってきたようでタオルケットを取ってしまった。

タオルケットを取った妹の格好はパジャマ姿ではなかった。

シャツは着ていたが、ズボンはすでに脱いでいた。


妹が持っていった本はかなり過激な内容だったので興奮度も高かったのだろう。

ついにドライバーをしゃぶりつつ下着の上からマンコを触り始めた。

さすがにオナニーには慣れているようで、指で中心を撫でるように触っていたが、すぐに下着にシミができてきた。

だがそんな事にお構い無しの妹はさらに激しく触り始め、腰をヒクつかせていた。

うつ伏せのままするのはキツイのだろうか・・・妹は仰向けになると、先ほどまでしゃぶっていたドライバーをシミができた所に押し付け始めた。

声を殺しているつもりなのだろうが、聞き耳を立てると「ん・・・んん・・・あぁん・・・んっ!」という声が漏れている。


シャツと下着を脱いだ妹はマンコに当てていたドライバーをもう一度しゃぶり始めると、左手の中指でクリトリスを一生懸命弄んでいた。

妹は感度が良いらしく、直接触り始めて5分と経たない内に最初の絶頂を迎えた。


しかし妹はインターバルも程々に、再びクリトリスを触り始めると、ついにドライバーをマンコに入れた。

無毛のマンコにドライバーが入っていく様は、俺が想像していたより遥かに卑猥だった。

妹はドライバーを入れると、激しく前後運動を始めた。

右手はマンコに入ったドライバーをしっかりと握り締め、左手は膨らみかけの小ぶりな胸を撫で回していた。

しかし左手が胸を愛撫していたのも束の間で、溢れ出る愛液を掬うとアナルに塗っていた。

ドライバーの動きを止める事もなく左手でアナルを刺激していた妹は、我慢できなくなってしまったのか、小さなアナルを刺激していた中指をゆっくりと沈めていった。

中指の挿入途中は緩慢になっていた右手も、アナルに指が埋没すると共に激しい動きを取り戻していた。


小学生の頃から始めたオナニー経験は伊達ではなく、俺の気付かぬ間に妹は快楽に貪欲な女になっていた。

次に妹は体勢を変え四つん這いになると、アナルに人差し指を入れ、マンコとアナルを同時に掻き回し始めた。

中学2年生のオナニーがこれほどまでに激しいモノだとは思わなかった。

しかも自分の妹である。

無毛のマンコを曝け出し、アナルに指を2本も入れ激しく動かしている姿は、それがたとえ妹でも興奮せざるをえないだろう。

俺に見せ付けるかのように高く腰を上げ、マンコにドライバーを、アナルに指2本を入れ激しく出し入れする妹を目の当たりにして、俺の興奮は最高潮に高まっていった。


妹もそろそろ限界らしく、喘ぎ声もだんだんと大きくなっていった。

それにつられる様に俺のチンコをシゴくスピードは速まっていった。

妹の声はもう聞き耳を立てなくともハッキリと聞き取れる程大きくなっていて、絶頂が近いことを俺に知らせてくれた。


最初は、ピチャ・・・ピチャ・・・としか聞こえなかった音も、ヌチャ・・・ヌチャ・・・ズチュ・・・ズチュ・・・と、よりいやらしい音となっていた。

そろそろイキたくなったのか、妹は今までよりさらに激しく動き始めた。


「んぁ・・・んん・・・あぁ・・・いい・・・はぁ・・・はぁ・・・あん!・・・あぅ!はぁん!」

妹はより大きな声で喘ぎ始め、ついに、「あぁ・・・ああぁ・・・あん!・・・あ・・・や・・・んんん・・・んあぁ・・・あぁ!・・・ああぁ!んんっぅ!!!!」と叫んでイッてしまった。


それと同時に俺も白濁液を噴射していた・・・。

サンプル