gaijineroeroe425000506
今でも目に浮かぶ...。

私の小学生時代の思い出話を投稿します。


私はいい年になっても『胸チラ』が好きで、近所の奥さんや、通勤電車のOLさん達の胸元をさりげなく覗き込む度にときめきを感じております。

私がそうなったのも、小学校3年位の時の体験が基になっているのです。


当時、私は父の会社の社宅に住んでおりました。

よくある4階建てのアパートが何棟か並んだ団地型式の社宅でした。



そこに住む子供たちの為に野球教室があり、若手社員の人達がコーチをしてくれておりました。

その中の一人にYさんという20代半ばでまだ1歳にならないお子さんのいる方がいらっしゃいました。

Yさんの奥さんは、子供の目からみてもとても美人で、今の芸能人に例えると鈴木杏樹さんに似たキリッした顔立ちの女性でした。


Yさんは面倒見がよく、しばしば私たち野球教室の子供たちを家に呼んで遊んでくれておりました。

奥さんもとても優しく接してくれて、しかもとても頭がよく、宿題なんかも見てくれておりました。


最初の目撃は、ある夏休みの日でした。

外から帰って来た私は、社宅の階段の下でYさんの奥さんに出会いました。

奥さんはベビーカーの脇にしゃがみこんで子供の世話をしている様子です。


「こんにちは」

挨拶しながらふと見ると、しゃがんだ奥さんの胸元がパックリと開き、軽いサマードレスの中が丸見えになっております。

薄い水色のブラジャーも見えたのですが、それも完全に浮いており、奥さんの胸が露わになっていました。

奥さんは、いわゆる『貧乳』というか、胸の膨らみが殆どない事にそのとき気付きました。


お陰で、両方の乳首が完全に見えております。


清楚な奥さんに似合わず、乳首はぶっとく巨大で、私の親指ほどもある様に見えました。

色は、薄茶色で、巨大な乳首に対して随分と小さな乳輪には、ポツポツした小突起が無数にちりばめられております。

他人の、大人の女性の乳首を見るのは物心ついて以来初めてだった私は、苦しいほど胸を高鳴らせながら、視線を奥さんの乳首から外せずにおりました。

やがて奥さんは立ち上がり、去って行きました。

奥さんの乳首は残像となって私のまぶたに焼きつきました。


それからと言うもの、私は奥さんの乳首を見る事に異様な熱意を発揮するようになりました。


Yさんの家に遊びに行くと、Yさんや友達の目を盗んでは、奥さんの姿を追っていました。

相手が子供なので、奥さんも油断していたのでしょう、度々私にそのぶっとい乳首を拝ませてくれました。

ソファーに座っていると、冷たい飲み物を出してくれるのですが、その時に前屈みになって、Tシャツの首元から、奥を覗かせてくれたり。

ブラはしていても防御能力はゼロで、いつも完全に浮いており、ペッタンコの胸にそそり立つ乳首が見えておりました。


また、寝かした赤ちゃんを世話している時に、私は傍については「可愛いな~」とか言いながら、目線は奥さんの胸元にロックオンしておりました。

屈んだ状態の奥さんがあれやこれやと動くたびに乳首がプルンプルンと艶かしく震えるのは堪りませんでした。

私も位置を変えつつ、奥さんのすぐ傍らまで寄ると、至近距離で乳首を視姦しまくりました。

奥さんの体からは何とも言えぬ良い香りが漂い、それがまた私を興奮させました。


また、ある朝に野球教室の回覧板を届けに行った時は、まだ起き抜けのラフな格好のままだった奥さんは、白いTシャツを着ており、ノーブラだったため、両乳首が大きく突き出て浮き出ておりました。

薄く色も透けております。

真正面から奥さんの乳首を眺めるのは初めてだったので、これまた大いに興奮しました。


こうして、私は、奥さんの乳首に魅せられ、まるでそれが自分の所有物のような気持ちになっていたのですが、そうでもない事に気付いた出来事もありました。


ある日、近所の本屋さんに行った時、たまたまそこにYさんの奥さんがいました。

旦那さんに預けているのか、ベビーカーは見当たりません。

暑い日だったので、奥さんは随分がっぽりとしたノースリーブのシャツを身につけており、これまた胸元が緩く、乳首を視姦するには最適な服装です。

しかも奥さんは前屈みになって平積みの本を物色中です。

正面に回れば、100%乳首が見えている筈です。


ドキドキしながらさりげなく奥さんに接近しようとすると、私が狙っていたポジションに3人の中学生男子が陣取ってしまいました。


(あっ!?)

様子を見ていた私は、中学生たちの挙動を見て驚きました。

3人のいやらしい視線が奥さんの胸元に集中していたからです。


(奥さんのおっぱい、見られてる!!)

盗人猛々しい話ですが、私はジェラシーを感じざるを得ませんでした。

そんな事も露知らず、奥さんは相変らず前屈みのままで、中学生たちにじっくりと乳首を見せてあげていて、彼らの性欲に応えております。


その内、一人の中学生が、ポケットから何かを取り出し、そそくさと奥さんに向けるではありませんか。

良く見るとそれは、超小型のカメラでした。

当時、◯◯ックスなどの超小型カメラが流行っており、お小遣いに余裕のある子供等が持っていたものです。

中学生は、何回かシャッターを切ったようです。


奥さんがその場から移動すると、ぞろぞろと3人とも付いて回り、奥さんがしゃがんだりした時に上からカメラで狙ったり、小柄な奥さんを取り囲むように周囲に立って、上から開いた胸元を撮影したりしておりました。


その間、奥さんは本に夢中で、絶対に人目に触れさせたくない自分の乳首が中学生たちに盗撮されている事など全く気付いておりません。

奥さんの乳首を存分に鑑賞し、あまつさえ撮影まで行った中学生たちは本屋を出て行きました。


私がその後をつけると、外で彼らは口々に、奥さんの乳首を品評し始めました。


「すげかったな、あの人。

すごい美人なのに、おっぱい丸見えだったな!!」
「あの、ペッタンコのおっぱいが逆にやらしいな!!」
「乳首が馬鹿でかくて、思わず吸い付きたくなったぜ!!」
「ああ、あの乳首、弄りてえ!!」
「おい、写真、焼き増ししろよ!!クラスの奴らに売ったら、結構儲かるぜ!!」
「おお、顔も撮ったから、こんな美人の奥さんの乳首の写真だったら、高く売れるぞ!!」
・・・云々。


ああ、奥さんの乳首は、こいつらのいやらしい妄想のオカズになってしまった!!
しかも、こいつらだけじゃなくて、こいつらの学校の男子全員に晒されるんだ・・・。


そう思うと、自分だけのものだと思っていた奥さんの乳首を横取りされた悔しさと同時に、何故か異様な興奮を感じるのでした。


その後も、何度かその3人の中学生の姿を見た事があります。

毎回必ず、奥さんがいる場所で目撃しているので、恐らく彼らは奥さんを付け狙っていたのでしょう。

一体何回、奥さんの乳首は彼らに視姦され、撮影された事でしょうか。


奥さんを視姦するのは子供だけではありませんでした。

近所の八百屋で奥さんを見かけた時は、やはり前屈みになった時に八百屋のオヤジやお兄さんが目をギラつかせて、奥さんの胸元を覗き込んでいました。

社宅総出で行う草むしりの時にも、緩いシャツを着た奥さんが屈みこんで草をむしっていると、男たちが入れ替わり立ち替わりやってきては、奥さんの乳首に視線を投げていくのも見ました。

社宅でバザーを行った時にも、奥さんが売り子を勤めるブースでは、冷やかしに見せかけて大勢の男が集まり、「奥さん、あの服見せて」などと奥さんをわざと屈ませるようにしながら乳首が見えるように誘導し、そのため同時に何人もの視線に奥さんの乳首は晒されておりました。

公園に散歩に来ていた奥さんに「赤ちゃん可愛いですね、写真撮ってもいいですか」などと声をかけ、実は奥さんの開いた胸元ばかり撮っているおじさんもいました。


地区の運動会では役員を務めた奥さんですが、Tシャツにジャージ姿で頑張る姿を、大勢の父兄や色気づいた子供たちに視姦され、写真に撮影されておりました。

汗ばんだ奥さんの巨大乳首は、ブラを一点で押し上げ、Tシャツ越しにもぷっくりとその存在を晒しており、まるでノーブラのような状態だったのです。

その姿にあちこちでシャッターが鳴り、しゃがんだ時などは何人かの男たちが堂々と上からレンズを向け、隙間から丸見えの奥さんの乳首をフィルムに焼き付けている光景が見られました。

奥さんが肉感的で形の良いお尻を突き出す格好になると、パンティーのラインがくっきりと浮かび上がり、またパシャパシャとシャッターが鳴るのでした。

清楚で優しく、真面目で賢い奥さんは、私だけでなく、社宅全体、いや、地区全体の老若の男たち共有の視姦対象となっていたのです。

本人やYさんはそんな事になっているとは夢にも思っていないでしょうが・・・。


その後、私の一家は引越し、それ以降奥さんに会う事はなくなりましたが、今でもあのぶっとく茶色い巨大乳首が目に浮かびます。

あれだけ写真に撮られたのだから、今でも奥さんの乳首を盗撮した写真をお持ちの方がいるかもしれません。


その写真を、是非見たいのですが、叶わぬ夢でしょうね・・・。

サンプル