gaijineroeroe425000194
学年1の美少女との話。

普段全然話もしないけど学年で1番美人なYと、自称フツメンの俺(K)。


Yは綺麗な顔だちで、髪が天然で茶色くて目立つ。

いつもスカートを穿いていてお嬢様ぽい感じなんだけど、兄がいるためか口調は男っぽい。

高校1年の夏休み。

Yとは違う高校に進んだんだけど、俺の悪友がYと同じ高校に行ってた。

そいつに、ある日どうしても飲み会に来てくれと頼まれた。


訳を尋ねると、高校仲間でコンパするけど、Y目当てが数名居る。

Yは乗り気じゃないんだけど、中学から知ってるKが来るなら参加してもいいよって事らしい。


俺はこの時点でエロい展開を期待したが、飲み会の次の日が赤点補習というスケジュールに正直悩んだ。


ここで悪友からトドメの一言。


「今、Yって芸能スクール行ってるらしいぞ」

結局俺は制服のままコンパに参加した。


んでコンパ当日。

なんでも集まった家は両親不在とかで、当然のドンチャン騒ぎ。

更に皆が潰れ出したとこで悪友&家主が別室へ消え・・・参加者のメンヘラ男が「死んでやる~」とか言いながら風呂に篭ったり、様子見に行ったブスとおっ始めたりカオスだった。


俺とYは隣になりながら、アウェー感からくっついて飲んでた。


皆が静かになった時に・・・。


「今日、俺が来るなら参加するって言ってたん?」って聞いたら、「みんなケモノみたいだし、来る気なかったけど、Kが居るなら平気そうじゃん」って、小声で笑いながらタオルケットを一緒に被せてきた。


もう俺も期待しまくってたから、速攻Yの口をキスで塞いで胸を揉みまくり。

周りに雑魚寝が居るからなるべく静かにしたけど、案の定見られた。


Yも気がついて、ここまでか?と思ったが、小声で「あの人も私目当てなんだって、Kと居なきゃヤバイね」って抱きついてきたw

それからは理性が利かず、口塞ぎながらナマ乳、手マンで相当濡れ濡れになったが、1番効いたのが指舐めだった。

Yは指を舐める度に「ンっアンっ」と喘いで他の奴にも気がつかれた。

かなり焦ったが、その後恥ずかしがるYに強引に手コキさせて、携帯ボディタオルに発射した。

初体験が霞むぐらい気持ち良かったわ。


次の日の朝、俺は朝から学校で、Yは帰宅なので同じ駅に向かったんだが・・・。


俺「まじでこんなんで学校行くの初めてだわー」

Y「私もあんな事したの初めてだわー」

俺「まじで!?」

Y「うん。

今日の夜も2人で遊ぼう?」

俺「補習終わったら寝るから、起きれたらね・・・」

Y「は?起こすしw」

たぶんこの時の俺はめっちゃわかりやすくニヤけてただろうな。

ここで初めて携帯番号交換して別れた。


その後、補習で先生にタバコ臭いと殴られつつも友達のせいにして・・・バイトは補習のせいで休ませてくださいと嘘をつき、家で爆睡。

夜9時過ぎにYからのTELで出掛ける。


小学校のプールに忍び込み、浅いプールに足突っ込んで、昨日の事、中学の時の事、小学校の時の事を懐かしいねと話した。

イケメンでもない俺がYとこんな関係になれたのは、たぶんエロい波長が合ったんだと思う。

ただYは本当に美人で、俺なんかじゃなくてもいいだろうとは思う。


そんなこんなで話し込んだ後にコンビニで腹ごしらえ。


Y「あれ・・・買ってね・・・」

メッチャ照れてるしw
しかもヤル気萎えて無いの確認できたし!
俺も恥ずかしかったが、人生初コンビニコンドーム買ったった。

バイトしてて良かったわ~、金ないとかはきつい。


そして俺の家に行ってイチャイチャ。

お互い電気消すとか一言も言わずそのまま。

唇触ったり、脚絡めてきたりと、昨日より大胆なYとは反対に何故か役立たずな俺・・・。

萎えたの悟られたくなくて、昨日の指舐め+クリ攻め+枕でYの顔目隠し、メチャクチャ感じてた。

モジモジ腰動かして逃げようとしたけど、押さえつけて続けた。

そのうち俺の指を挟んだまま、脚をぎゅっと閉じててぐったりしてしまった。


枕をどけると息をあげながら俺を睨むY。


でもすぐに笑いながら「エロw」って言ってきた。


俺も目隠しに反応してフル勃起したので「舐めて」と言ったら、「汚なくない?」と言ってきたのでウェットテッシュで拭かせた。


恥ずかしがりながらペロペロするだけの幼稚なフェラだったが感動した。

Yがモテモテなのを昨日思い知った後だけに勝ち誇れる気分だった。


感動はしたがフェラではイキそうになかったのでゴム付けて挿入。

あまり力んでなかったからか、最初痛がった位で無事貫通しました。

マジマジとYの裸見たらアンダーヘアーも茶色いの。

胸は小さかったが。

あそこも乳首も薄いピンク色で、すげえ興奮してすぐにイッてしまった。

色素薄いって素晴らしい!

タオルケットは血がついちゃったけど、そんなに「痛くは無かった」と。

それから朝まで裸でイチャイチャしたり手コキしてもらったりした。

お互い一度も『好き』とか言わない、不思議でエロエロな俺の体験でした。


お約束のごとく、その後Yとは特に連絡することも無かった・・・。


その後、Yは芸能プロには所属せず、結婚して沖縄に居ると聞きました。


終わり。

サンプル