gaijineroeroe425000006
先輩と...。

たしか9月頃の話。

7時くらいに一人寂しく家に帰っていたんだが、朋子先輩(26)と駅で偶然一緒になった。

俺は一人暮らしでほとんど外食かコンビニ弁当ばっかり食ってたから、思い切って食事に誘ったらOKがもらえた。

俺の職場には200人くらい女が働いているんだが、ベスト3に入るくらいの美人。

その日は台風が来てて、2時間くらいお好み焼きを食って駅に向かったら、朋子さんの乗るはずの電車が止まってた。


外はちょっと肌寒かったから、ファミレスで時間を潰そうと提案したんだが、朋子さんはネットで運行情報を把握したかったらしく、「満喫に行こう」と言い出した。


満喫では個室のペアシートに入った。

とりあえず飲み物を準備して二人で運行情報を確認した。

まぁ、まったり漫画でも読んで待つつもりだったんだけど、俺は密室に朋子さんと二人きりでいることにちょっとムラムラした。

そばにいると朋子さんのいい匂いが漂ってくるし。


俺はたいして体つきもよくないんだが、ネクタイをとり、ボタンをいつもより多めに外して男のセクシーさをアピールしてた。

彼女は上着を脱いでいて、カーディガンとキャミ、膝丈のスカートという服装だった。


ひょんな流れから俺は「朋子さんの胸って小さくて可愛いね」と軽く言ってみた。


朋子さんは「そんなことない!」って言って胸を突き出してきた。


カーディガンの前を肌蹴させながら見せてきたから、俺はとりあえずカーディガンを脱いでもらった。

やっぱりどんなに大きくみてもBカップ。

下心を隠すためにブラの話にもっていった。


俺「黒いブラですかー!お洒落ですね」

朋「でしょー。

このブラ最近のお気に入りなの」

俺「どんなんですかぁ?」

朋「こんなの(チラ)」

俺「全然見えねー」

俺は強引にキャミを掴んで引っ張った。

が、すぐに朋子さんの手がそれをブロック。


俺「ちょっとだけ!ちょっとだけ!5秒でいいから!!」

かなり必死な俺。

朋子さんは俺の気合に負けて見せてくれた。


可愛い小ぶりのおっぱい!!
ちなみにブラは黒に紫っぽい花柄になってました。

俺はブラはどうでもよく、その小ぶりのおっぱいを指でツンとつついちゃいました。

朋子さんちょっと怒ってた。


俺「形と柔らかさは最高ですよー」

朋子さんにちょっと笑顔が戻った。


俺はふと「朋子さん、マジで可愛いっすね」みたいなことを小声で言ったんだけど、朋子さんは俺が何を言ったのか聞こえなかったらしく、髪を耳にかけて顔を近づけてきた。


俺は朋子さんの耳にキスをした。

朋子さんは驚いたような嬉しそうな表情で俺を見た(たぶん)。


俺の唇は頬をすべりつつ、口へ、そしてそのまま舌を絡ませてた。

舌を絡ませつつ、手は朋子さんの髪を触り、首を触り、背中を触ってた。

そして、手は鎖骨を撫でながら胸へ・・・。

朋子さんはそれとなく俺の手を払う。


俺・・・再チャレンジ!

しかし、今度はキスを中断し、手を払われる。

彼女のほんのり怒った顔がまた可愛らしい。


俺は「ごめん」と謝り、またキスを始めた。


今度は触るのは髪の毛だけにしておいた。

終わったあとで聞いたことだが、朋子さんはキスが大好きらしい。


たぶん3分くらいディープキスをした頃、やっぱりこのままじゃいけないと俺の下半身が思い出し、俺の唇は彼女の首へ下りていった。

同時に手はスカート上から太ももへ。

唇は彼女のキャミまでたどり着き、手は直で太ももを触っていた。


朋子さんは俺を突き放し、「だめでしょ」と囁いた。


俺は口を塞ぐように強引にキスをした。

そして力まかせに胸を揉んだ。

朋子さんは最初は抵抗するも、そのうち感じ始めたのか諦めたのか、抵抗をやめた。


俺はキャミの隙間から手を入れ、ブラの上から胸を触り、しばらくしてブラの中に手を入れて触った。

朋子さんの乳首は硬くなっていた。


俺はもう最後までできると確信して、スカートの中に手を入れた。

朋子さんは両脚を頑なに閉じて抵抗した。

せめぎ合いが続いて、少し間を置いたときだった。

俺は完全に勃起したあそこをズボンの上から朋子さんに見せた。


朋「ちょっと・・・やだー」

俺「触ってよ」

俺は彼女の手をとって、チンコに触らせた。

朋子さんは優しく撫でてくれた。

チンコの位置が悪くて窮屈だった俺は、おもむろにベルトを緩め、ズボンを下げた。

朋子さんは目を逸らした。

しかし、俺は手をとってパンツの中に朋子さんの手を入れた。


俺「気持ちいい・・・」

憧れの朋子先輩とエッチなことをしてる状況と元々の早漏が手伝って、すぐにイキそうになった。


俺「イキそう・・・」

朋「おしまい(はぁと)」

俺はおもむろに立ち上がって座っている朋子さんの目の前に立った。

朋子さんの口の前にチンコを突き出して、咥えさせようとした。

朋子さんは右へ左へ顔を背ける。

逃げていたが、顔を掴んで強引に咥えさせた。

一回咥えた朋子さんは積極的に俺のチンコをしごきだした。


そんなに経験人数は多くないが、朋子さんのフェラは、俺が童貞を捨てたときと同じくらいの快感を俺に与えた。


俺「イクよ・・・このまま口に出すよ・・・」

朋子さんは上目遣いで頷くと、いっそう強く頭を振った。

俺は朋子さんの口の中で果てた。

たくさん出た気がする。

朋子さんはしばらくチンコを口に含み、全部出るのを待っててくれた。

俺は「出していいよ」と近くにあったコップを差し出した。

朋子さんは顔を横に振り、そのまま飲んでくれた。


朋子さんは飲み物を少し飲んで、軽く笑った。

どんな顔していいか判らなかったんだろう。

俺もなんて声かけていいか判らなかった。


朋子さんの頭を撫でて、俺が「ありがと」って言ったら、何を血迷ったかディープキスをしてきた。


でも、しょうがないと思いキスに付き合った。

でも、さすがに長すぎてムカついた(笑)

出しっぱなしのチンコを見たら、残り汁が出てたから掃除させた。

嫌がるかなと思ったら、一目散に飛びついていった。

俺はイッた後はくすぐったくって苦手だったから、ちょっと後悔した。

朋子さんは俺が笑いをこらえてるのを確認したのか、しばらくチンコを弄ばれていじめられた。


二人とも落ち着いて、電車を確認したら動いてた。

時間は11時。


俺は、「朋子さんも気持ちよくしてあげますよー」とか「家に泊まっていきましょうよー、もしくは泊まりに行きます」って誘ったけど、まるで相手にされず。


朋子さんには彼がいて、それ以来、エロいカラミは全然ありません。
サンプル