gaijineroeroe425000142
人妻になった先輩との話。

大学の先輩だったSさん。

なんと卒業してすぐに30過ぎの人と結婚して、式には行けなかったけど旦那さんの顔は知っている。

今も仲良くさせてもらっていて、たまに飲みにも行ってた。

ぽっちゃりで胸はかなり大きくて、本人曰くGカップらしい。

結婚してからはしていないらしいが、若い頃は随分と遊んでいたらしい。

本人もまだ若いので遊んでいるとそういう話になることもある。


みんなと一緒の時はおっとりキャラなのに、俺が落ち着いて見えるらしく、そういう話をしても大丈夫だと思っているらしい。


しかし、Sさんも知らないのだが俺は童貞・・・。

Gカップでキャミソール等の薄着を好むSさんに、生々しい体験とか、どこが気持ちよくてとか語られるのは刺激が強すぎる。

毎回勃起してしまったり、カウパーが滲んできてしまう。

そんな日は帰って、Sさんに筆下ろししてもらう想像をしながらオナニーをしていた。


ある時、Sさんに車で送ってもらってる途中、オナニーの話になって、酒もかなり入っていたし、ついでだからSさんの話を聞いて、興奮してオナニーのオカズにしてしまったというのをカミングアウト。

セクハラ染みた冗談だと思ったのか・・・。


Sさん「みんなしてるような普通のエッチのなのにどうして?」

そう聞いてきたので、正直に童貞であることと、その時もオナニーの話のせいで股間がやばいことになってるを告げると「パンツの上からでいいから証拠は?ww」と言ってきた。


Sさんはこの時、本当に勃起してカウパーで亀頭が濡れているなんて思ってなかっただろう。

そしてまさか俺がそう言われて素直に見せると思わなかったのだろう。

でもその時は俺も酒と興奮で恥ずかしさを感じることなく、ズボンを下ろしペニスがギンギンになったトランクス姿をSさんに晒してしまった。


それを見たSさんは「わ、ホントだ・・・若いね~w」と言って俺のペニスの膨らみに目をやると、今度は「マジで濡れてるの?」と聞いてきた。

俺は勃起した姿を晒した興奮で息を荒くしながら「うん」と答えた。


ちょうど車は俺の部屋のあるマンションの前まで来ていた。

車を停めるとSさんはついに「ホントに濡れたか確かめるよ?」と言うので、俺は勃起したペニスに触ってもらえると思い、黙って小刻みに頷いた。


すると、Sさんのぽっちゃりな体にしては細い指が俺のトランクスの中に入ってきた。

Sさんのサラサラした指先が竿の付け根に、柔らかい掌が先っぽに触れると、オナニーとは全く違う、それだけで射精してしまいそうな感覚に襲われた。

初めて女性に触られたのだが、それがあれほど気持ちいいとは思わなかった。


Sさんはビックリしたような驚いたような顔になり「ちょっとw興奮して車の中でオナニーしたんじゃない?w」と言った。

俺は息をどんどん荒くしながら「してないですよ」とだけ答えた。


「出したみたいな濡れ方してるね」

そう言って、Sさんはしばらく俺のカウパーを延ばしたりして弄んだ後、「◯◯君の部屋行こ。

ここで出しちゃうと匂い残るから」と言い、2人で俺の部屋に向かった。


部屋のドアを閉めるや否や、俺はズボンとトランクスを下ろして「はぁ・・・はぁ・・・Sさん・・・」と情けないため息のような声を上げてしまった。


Sさん「わ、明るいとこで見ると真っ赤でかわいっww」

そう言って勃起したペニスを正面から優しく握ってくれた。


Sさん「刺激しちゃったみたいだから、お手伝いね」

Sさんが上目遣いに俺の顔を覗き、ペニスをゆっくりしごきだした。

焦らされるようにしごかれたり、掌で全体を撫でられたりしながら、Sさんは悪戯っぽく俺の首筋や耳に息を吹きかけたりしていた。


「すっごく硬いね、いっぱい濡れてるし、きもちい?」等と聞かれた気がするけど、「ぁ・・・う・・・うぅ・・・」とか答えるが精一杯だったと思う。


Sさんが一度手を止めて、絨毯に座り、「この分ならすぐ出ちゃいそうだねぇwちょっと横になって」と言うので横になった。


直後、さっきより強く握られ、しごかれた。

しごかれた速度や握る強さも全然ゆっくりだったと思うが。

それでも擦られるごとに耐え難い射精感が高まっていき、10回もこすらないうちにティッシュもとらないまま、打ち上げてしまった。


Sさん「わわっ・・・すごっ・・・まだ出るよwwww」

そう言いながらSさんがザーメンでグチュグチュ鳴るぐらいしごき続けるので、何度もドクンドクンと迸らせてしまい、Sさんの手、スカート、俺の腹をザーメンで汚してしまった。

手はともかくスカートに少しついてしまったので「あ、ごめんなさい・・・汚しちゃった」と言うと、「若いんだからしょうがないwww」と明るく返してくれた。


その後も、まだペニスが萎えなかったので、Sさんは黙って続きをしてくれた。

Sさんの手を汚し、俺のペニスにも絡みついてるザーメンがローション代わりになって、2度目の射精に至るのにも1分足らずだったと思う。

本当に気持ちよかった・・・。


結局最後は俺のリクエストで、俺が四つん這いになってSさんが後ろからしごく方法で、Sさんの胸の柔らかさ、重さを背中に感じながら2回イカせてもらった。


してる途中、耳元で「いやらしいカッコwww◯◯君はMでしょww」等と言われて興奮して、この日は30分足らずで4回も射精してしまった。


今でもSさんと俺は変わらず飲みに行ったり遊んでます。

もちろん、時々エッチなこともしてもらいます。

サンプル