kimamamh0510000267
初体験の話。

俺は高校時代、勉強一筋で恋愛経験は全くなかった。

なのに大学受験を失敗して滑り止めの私大行き、大学にも馴染めず、意を決してサークル入るも女扱いは苦手で、イジラレキャラで彼女なんて出来なかった。

そんな感じで一年ちょっとが過ぎた。


相変わらず俺は童貞で、新入生の「先輩(俺)は彼女いますか?」の質問にも、「今“は”いない」と答えるのが精一杯だった。



学祭も迫った9月のある日、俺は部室に忘れ物を取りに帰った。

夜というには早かったが、辺りは薄暗く部室には誰もいなかった。

忘れ物をとって帰る途中、俺は呼び止められた。


見るとそこにはYちゃんがいた。


Yちゃんは友好サークルの新入生で、背が低いけど目がパッチリ、なおかつオッパイが大きく人気があった。

人気の理由がもう一つあった。


それはYちゃんが“ヤリマン”だったからだ。


「どうしたのYちゃん?」

平静を装いながら、俺の目はYちゃんのスタジャン越しのオッパイに釘付けだった。


「忘れ物したんですけど、部室の廊下の電気が切れてて怖くて・・・ついてきてください」

俺に断る理由もなく(むしろ近づきたかった)ついていった。

Yちゃんの部室はうちのひとつ上で、なるほど夜の学校みたく怖い雰囲気だった。


二人で歩くとYちゃんのシャンプーの香りがする。

あまりのいい香りにゴクリと唾を飲むと、「喉渇いてます?」とYちゃんが屈託のない表情で聞いてくる。

サークルの事とか講義の事を明るい声で話すYちゃんを見ながら俺は思った。


(ヤリマンの噂は嘘なのでは?そもそもヤリマンなんて存在するのか?)

童貞の俺には判断の術がなくよくわからない。

無事部室に辿り着き、Yちゃんの忘れ物も見つかった。


「先輩ありがとうございます」

初めての女性との楽しい時間(そもそもデートしたことさえなかった)が終わると思うと淋しかった。


「借りが出来ましたね?今度ジュースでも奢りますね」

とびきりの笑顔で話すYちゃんに俺は言った。


「俺の童貞をもらってくれ」

沈黙が続き、Yちゃんが口を開いた。


Y「先輩マジっすか?」

俺「マジだ、童貞どころか彼女いない歴=年齢だ」

Y「女扱い上手そうなのに・・・」

イジラレキャラの俺をサークルが違うYちゃんは誤解していた。


「ヤラハタは嫌なんだ」

さらに沈黙があり、Yちゃんが上目遣いに俺を見ながら言った。


「いいですよ」

その時のYちゃんのエロい目と、ちょっと緩んだ口元が忘れられない。


家が近いという事で、初体験の場所はYちゃんの部屋になった。

コンビニでジュースとゴムを買う。

そして初めての女性の部屋。

想像していたメルヘンとは程遠かったが綺麗に片付けてあった。


口の中が異様に渇く。

Yちゃんが話し掛けるが殆ど聞いてない。

聞こえているけど頭に入らない。


「上がってください」とYちゃんに言われて上がる。


狭いが片付けてある。

干してある下着を見つけた。

どぎついピンクやブルー、白もあったけどそっちが目につく。


(スタジャンとジーンズの下にはこんなものが・・・)

口の中がカラカラになり、コンビニで買ったジュースを空けて飲む。


「はじめますか?」

そう言いながらYちゃんは脱ぎ始めた。

慌てて俺も脱ぐ、トランクスに染みが出来てた。

Yちゃんが下着姿になる。

白い肌に黄色のブラ、なぜか緑のパンツだった。

そして乳首が露わになったとき、俺はYちゃんのオッパイにむしゃぶりついていた。


Yちゃんは「や~だ~」と言いながら声に怒気はない。


むしろ楽しそうだ。


片方の乳首を舐めながら、もう片方のオッパイを揉む。

両乳首を口に入れようとしたが、巨大なYちゃんのオッパイでは無理だったので顔をうずめる。

俺の顔は俺の唾液でべちゃべちゃだ。

ひとしきりオッパイを堪能すると顔を離した。


「先輩、マジ野獣っすね」

Yちゃんが笑いながら言う。

もともと頼み込んだ時点でプライドはない。


俺はYちゃんのパンツを脱がそうとした。


「シャワーまだですよ」とYちゃんが言ったが、半ば強引に脱がす。


夢にまで見た女性の生のアソコだ。

若干汗臭かったが、気にせず舐める。

陰毛を舌で掻き分けると、少し違う味の突起物に当たった。

その時、今まで余裕の表情だったYちゃんの口から喘ぎ声が漏れた。

そして粘液質の少ししょっぱい液体が溢れてきた。


(Yちゃんも感じている)

そう確信した俺は、さらにそこを重点的に攻める。

次第にYちゃんの声も大きくなる。


「先輩も気持ち良くしてあげますよ」

俺がしばらく舐めた後でYちゃんは言い、体勢を入れ替えた。

俺はその意味を知っている。

チンコが熱くなる。

Yちゃんはそのチンコを手に取った。


「皮、被ってますね?」

Yちゃんはイタズラっぽく呟くと皮を剥いて舐めた。


(!!!)

もの凄い快感が体を襲う。


「あっあっあっ」

声がうわずる。


「先っぽからタラタラ出てますよ」

Yちゃんはそう言うと亀頭を咥えて、その口を上下させた。

更に凄い快感、襲ってくる絶頂感。


「あっー!」

俺はYちゃんの口でイッてしまった。

いきなりの出来事に口を離すYちゃん。

俺のチンコはYちゃんが口を離したあとも放出していた。


「イクときは言ってください」

ティッシュに精子を吐き出してYちゃんは言った。


「ごめん」

「まあ初めてだから・・・」

Yちゃんの表情を見て、俺はYちゃんにキスをした。

Yちゃんが驚く。

俺のファーストキスは俺の精子混じりだった。

さすがにディープはしなかったが・・・。


「変わってますね」

声に嫌悪感は感じられない。

俺はもう一度キスした。


「マジ変わってる」

Yちゃんは笑いながら言った。

俺も笑った。


そしてYちゃんは真面目な顔からちょっとエロい顔になり、「じゃあしますか?」と言った。


俺はチンコをティッシュで拭いて唾臭い顔を洗った。

Yちゃんもうがいしてベッドに入った。

ベッドに入ってから俺は持てる知識をフル動員させ、キスしながらオッパイを愛撫した。

途中、“髪を撫でると喜ぶ”というキーワードを思い出して実行したが効果なかった。


オッパイを揉んでいるとYちゃんが顔をしかめたので、(感じている?)と思い、さらに揉んだら「痛い」と言われた。

痛恨のミスだった・・・。


チンコが萎えかかるのを感じながら、恐る恐るYちゃんを見ると「大丈夫、それより下・・・」と言われ、チンコは完全復帰した。

さっきの失敗を踏まえ、優しくYちゃんのアソコをなぞる。


「ぁ」とYちゃんが軽く呻く。


愛おしいと純粋に感じた。

Yちゃんは小柄だ。

150cm無いだろう。

その体がアソコなぞるたびに声を上げ、乳首が立っている。

心なしか体もピンク色だ。


俺は指を更に進めた。

指先がヒダにあたる。

さっき液体が出ていた場所だ。

俺はヒダを開いた。

途端ヌルヌルした液体が溢れだす。

思わず舐めてしまう。


「あ!」

Yちゃんがひときわ大きい声をあげた。


また舐めようとする俺にYちゃんは「先輩そろそろ入れて下さい」と言った。


コンドームの箱を開け、ゴムを取り出す。

先っぽを摘んで仮性の皮をしっかり剥いて装着した。


(ついに挿入だ!)

Yちゃんが股を開く。

俺は思わず見入ってしまった。

Yちゃんのマンコはヤリマンと言われるわりにはビラビラでは無いと思った。

今考えてもそんなに黒くもなかったと思う。

Yちゃんが手でマンコを隠す。

俺はやるべきことを思い出し、Yちゃんの手をどけYちゃんのアソコにチンコ当て挿入した、・・・はずだった。

チンコは虚しく天を仰いでいる。


再びトライ→失敗。


「もっと下ですよ」

Yちゃんが教えてくれた。


しかし失敗。

Yちゃんは起き上がり、俺を寝かせた。

Yちゃんは俺のチンコを手に取り跨った。


「入れますよ」

Yちゃんはそう言って腰を沈めた。

ゴムを隔ててはいるが、Yちゃんの膣内の感触が伝わる。


「先輩、卒業ですね」

そう言われたが、Yちゃんが腰を振っているのでそれどころではない。


「イクッ!」と叫び、俺はあっという間に射精した。


射精後しばらくしてYちゃんはマンコからチンコを抜いた。


「どうでした?」

Yちゃんがティッシュを渡しながら聞いてきた。


「もう一回」

「えっ?いいですけど」

騎乗位でイッたのは残念で、正常位でしたかった。


「正常位でしたい」とYちゃんに言った。


「わかりました、その前に」とYちゃんは、起き上がりかけた俺を再びベッドに横たわらせた。


Yちゃんが上目遣いで俺の顔に近づく。

キスでもするのかと思ったら、脳天に衝撃が走った。

Yちゃんが俺の乳首を舐めたのだ。

更にチンコをしごく。


「おうおう」と変なうめき声が出る。


男の乳首がこんなに感じるとは思わなかった。

絶頂感を感じて「ヤバイ」と言い、止めてもらった。


なんとか治まり、攻守逆転。

Yちゃんの指導のもと愛撫した。

ゴムを着けて正常位で挿入した。

今度は場所のメドがついたのであっさり入った。

腰は意外と上手く振れた。

さっきより、ちょっともったが、やっぱりすぐイッた。

そのあと一回やって、眠って、朝早くYちゃんの家を出た。


Yちゃんはパイズリもしてくれた。

69は興味あったが、180cm超の俺と150cm未満のYちゃんでは無理だった(バックも)。


今思うと、Yちゃんはあまり気持ち良くなかったと思う。

でも俺は自信がついた。

それから俺はみんなから、『なんか変わった』と言われた。

彼女も出来た(たった2ヶ月間だったが)。


春になり、俺は3年になり、また新入生が入ってきた。

Mはそんな新入生の一人だった。

俺はMが何となく気になり世話を焼いた。


6月、俺はMに告白され付き合った。

Mがウチに泊まりに来た日、Mと関係を持った。

Mは初めてだった。


数日後、俺は久しぶりにYちゃんにあった。

厳密に言うと、サークル同士の交流で会ってはいたが、あの日の事なんか無かったふうに振る舞われていた。


Yちゃんは俺に言った。


「Mは私と違って身持ち固いんで、大事にしてくださいね」

サンプル