0442

チャンネル争いから母親とのセックスへと発展した時の話をします。



40歳の母は小柄で可愛い。


昔から母、いや、母の身体に興味があったわけじゃない。


僕はあるスポーツで他県に留学してました。


残念ながら花開かず地元に戻り、昨年から大学に通ってます。
余程のことがない限り家に戻るのは夏に数日と、正月に2日だけでした。


心配性の母は、一人で学校に来て小遣いくれたり。


でも練習の合間だったんで数分話すだけ。


夜は基本は外出禁止でしたし。


そん時に“よそ行き”の妙に若いカッコした母に萌えてしまったわけです。


親父は飲んだくれ。


外に行ってる時はいいけど、家で飲み始めると煩い。


母は僕の部屋に逃げてきます。


母に見たいテレビを見せて、僕は録画というパターン。


しかしスポーツ中継などは録画だと盛り上がらない。


そこでちょくちょく経過を見るために母からリモコンを取り上げるのですが、「あ、変えたらアカン!」とリモコンの奪い合いになります。


その時に母を抱っこして押さえつけるのですが、実はそうやって母の身体の感触を味わっていたのです。


ある時、「もう、エッチやね」と母。


「あ、わかった?」

「おっぱい揉んでるやん!」

「なら、下もええ?」

「してもええよ」

「ホンマに?」

パジャマの上から手を当てて揉んでみた。


中指に力を入れ、「ここ、クリトリス?」と聞くが母は顔を真っ赤にして答えない。


思わず唇を寄せると母も応えてきた。


直に手を突っ込もうとしたら、「あ、今日はアカン」と手を押さえられた。


「明日、買い物行こうな」と母。


「うん」と答えた僕。


その翌日。


「アンタ、ユーイチと買い物して、ついでに実家寄って来るし帰りは夜やわ」

「わかった」と親父。


きっと朝から酒を飲んで過ごすだろう。


運転手は僕。


先に母の実家に行き、腰が痛いというおばあちゃんの見舞い。


お昼食べて、市内の方に買い物。


・・・には行かず、国道を山の方へ。


「お母ちゃん、それ、結構短いスカートやけど、足も短いしイマイチやな」

車が止まるたびにあそこを揉む僕。


「ええから。

早く入ろうな」

そろそろラブホが多い通り。


「どこがええ?」

母は目に留まったピンクに染まったラブホを指差しました。


ゴムのすだれがある駐車場に入ると建物の入り口に部屋の写真があり、ランプが点いてるとこは空き部屋。


5階の一番高い部屋。


部屋も広く値段も高い部屋です。


母のパンティを脱がせ、直に弄りました。


意外とちっちゃなおまんこやなと思いましたが、指を突っ込むとばっくりと開いてきた。


「何本でも入るんとちゃうか?」

僕も母も異常に興奮してた。


一生懸命軽口を叩いて自分を抑えようとしてました。


指2本で掻き回すともうすごくヌルヌル状態。


まだ勿体無いと思ったけど、ゴムしてチンコ突っ込みました。


「ああ、好きい、好きい!」

母は思い切り可愛い声を出して悶えました。


正直、突っ込んだ時はゆるくてイカないんじゃないかと思いましたが、その声のおかげでイクことが出来ました。


その後、2人で風呂に入り、母に咥えられるとすぐにチンコは直立。


今度は色んない体位試してしました。


バックで激しく突くと母は、「あ、イク、あかん、イク~!」と叫んでた。


結局4時間で3発出してその日は終わり。


僕はなんとなく後ろめたい気分。


母とヤッた、という後悔ではありません。


もう完璧に母は僕にとって一人の女でした。


親父の女をヤッた、という後ろめたさでした。


しかし母は、スーパーで買い物中に親父に電話して、「刺身、何がええの?」と平気で聞いてました。


その夜、親父は一日飲んでたせいか速攻で寝てしまいました。


その後、また母と2回ヤッちゃいました。


今は大体週1、2回ペースで母を抱いています。


親父もあんまり母を抱かないようで、母も親父は臭いからしたくないと言ってます。


「俺のチンコ、ええ?」と母に聞くと、「まあまあやな」と答えました。


「親父のチンコ、凄いん?」

「いや、あの人やないわ」

「お、浮気しとったん?」

「ま、ええやないの」と母はニヤリ。


俺の嫉妬心を煽るためわざとそう言ってるのか?

今度、ラブホでバイブ責めして白状させてやろうと思ってます。
サンプル