0546
俺が女性用のショーツマニアになった理由を話します。



家にいる時は、嫁と同じく女性のショーツを愛用してます。


もう見慣れて当たり前ってなってる嫁も最初は、「トモ君、やめたら?なんか変態っぽいよ」と言ってた。


なんで俺が女性のショーツを穿くようになってしまったか?

きっかけは、間違って嫁のショーツを穿いてしまったことでした。
穿き心地の良さに驚いたし、なんかホッとするというか、チンコと玉の収まり具合とバランスの良さを知ったからだ。


半年前のことだった。


俺と嫁の麗美は結婚して3ヶ月の新婚ほやほや。


毎晩、嫁さんとエッチ三昧。


麗美はAV女優の横山美雪さんに似て、かなりの美人。


体型もスリム。


おっぱいはCカップ。


俺の一目惚れで、付き合って半年して結婚した。


俺、29歳。


麗美、23歳。


麗美の体に大満足!

で、3ヶ月前、エッチが終わって、さて寝るかってことで常夜灯だけの暗がりで脱いだパンツ穿いて、パジャマ着てベッドに潜った。


「ねえ、トモ君。

私のパンツどこに置いた?無いんだけど」

「へ?知らん。

さっき脱がしてベッドの端っちょに置いたけど」

「うーーーん、無い。

ベッドの下に落ちちゃったのかなぁ・・・」

俺も起きて、とりあえず電気を点けた。


「あれぇ!トモ君のパンツみっけ!・・・ねえトモ君、パンツ穿かずにパジャマ着たの?」

「いや、パンツ穿いたけど・・・!!」

俺、パジャマのズボン脱いでぶったまげた。


「ああ!!!私のパンツ穿いてるぅぅ!!」

「すまん、間違えた」

「あははは!何やってんのぉ!!」

「いやあ、参ったなあ。

女のパンツなんか初めて穿いたよ。

でも凄く穿き心地がいいぞ?不思議だ。

サラサラしていてさ、おまけに俺のもしっかり収納されてる」

「うーーん、でも女もんだよ?前が膨らんじゃってるしぃ。

私のちっちゃなパンツにトモ君の入っちゃうんだね?ちょっと、よく見せて?」

麗美も面白がってピンクのショーツ姿の俺の股間を眺めまわした。


「凄いね!ちゃんとオチンチンとタマタマが収まるんだね?そんなに穿いていて気持ちいいの?」

「気持ちいいっていうか、なんか落ち着くな。

ゴワゴワ感ないし」

「貸してあげよっか?それ。

今日だけ穿いてみる?」

「ばーか。

脱ぐよ。

返すわ」

俺はショーツを脱ぎかけた。


「トモ君いいよ、脱がなくて。

なんか、凄いけど面白い。

そのまま今日寝よう?パジャマのズボン脱いで。

私、パンツの上からトモ君の握って寝たいから」

「そっか。

麗美がそう言うなら今晩だけな・・・、変態みたいに見えるし」

「うん!しっかり変態!わははは」

で、その晩、麗美は俺のチンチン、タマタマをショーツの上からやんわり包む感じで握って寝た。


朝起きて、俺は嫁のピンクショーツのままGパンを穿いた。


スルッという感じで穿けた。


いつもはパンツが引っ掛かったり、タマタマの位置を直したりってなるが、そんなの無く穿けた。


足あげて見たりしたが、(動きやすい!!)ってのも知った。


キッチンで朝ごはん作ってる嫁のとこに行って、後ろから抱き締めてモーニングキス。


「うん、おっはよ!」

「なあ、お前のパンツ、今日だけ貸してくれ」

「え?えー!まだアレ穿いてるの?な、なんでぇ?」

「いやさ、Gパン穿いたらすげえー動きやすいんだ。

それにタマタマの位置がずれないし、楽だぞコレ」

「ふーん。

まあ見えないからいいけどぉ。

今日だけだよ、ねっ変態?」

「お前なあ・・・変態って。

今日だけな」

土曜日だったから、1日ピンクショーツを穿いて過ごした。


ただ、ショーツには難点があった。


何かって、ションベンの時。


おしっこ終わって仕舞おうとしたが・・・、(このままだと汚しちゃうかな?)ってふと気が付いた。


ぺーパーで亀頭と先端拭いてから仕舞ったが、これじゃあまるで女のションベンと同じだ。


面倒臭い!!

夕方、お風呂に入ろうとしてGパン脱いで、麗美がバスタオル渡してくれて、麗美がふと俺の股間、いやショーツに目が行った瞬間。


「ああーーー!私のパンツ汚したぁ!!シミができてるよぉ!もう!」

「ん?あ・・・確かに」

「汚いなあ!!もう!それ高かったんだよぉ!!」

「すまん。

ほんとにすまん」

「洗うから脱いでよ!!」

嫁はちょっとプンスカモード。


風呂に入りながら、汚した俺が悪いと思った。


が、1日に穿いて感じたのは、やっぱ穿き心地の良さは最高ってことだった。


夕食終わって、麗美が風呂入って出てきた。


スウェット上下姿。


俺、麗美のとこ行って、スウェットのパンツをいきなり脱がした。


「ちょ!!何すんの???我慢できないの?したいの?」

「いや、お前のショーツ穿いてるの見せて」

気になってたことを確かめたかった。


「トモ君・・・変だよぉ・・・何してんの?そんなに見ないでよぉ・・・。

いくら夫婦でも恥ずかしいって・・・、もう!触らないのぉ・・・、後でたくさん触らせてあげるって・・・」

俺、麗美の股間見上げてショーツの上から触って、確かめてた。


なんでオマンコが当たる部分だけ生地が違うのか?ってことを。


「なあ、なんでこの股の部分って生地が違うんだ?ちょっと脱いでくれる?」

「なんか・・・変なことに興味持ったね?脱ぐのやぁ・・・もう!しょうがないなあ。

ちょっと待ってて」

麗美が寝室に入って、少ししてショーツを1枚持ってきた。


「ね?ここは裏生地がコットンなの。

で、ここに女の大事なところが当たるの。

だから柔らかいコットンでできてるのよ」

「そっかあ、なるほどね。

てかお前、おしっこしてさ、パンツに浸みないの?」

「あのねえ・・・ちゃんと拭いてからパンツ穿くのぉ。

なんかほんとに変態モードだわ」

「いや、だってさ男のパンツは二重になんかなってないからさ・・・そっかここに当たるのか・・・!!!」

俺、閃いた。


スウェットとパンツを俺は一気に脱いで、麗佳が持ってきた白いレースのショーツに足を入れた。


「な!何!何?どうしたの!!」

「麗佳、俺、チンコ押さえてるから、ショーツ上げてくれ」

嫁は目をパチパチさせてた。


俺、チンコを下向きにして押さえて・・・、麗美がショーツを上にあげて穿かしてくれた。


「おお!これこれ!なあ麗美、ちゃんと入ったし、今度はシミ作ることも無いぞ、これなら」

「プッ!ブフッ!あははははは!」

麗美が大爆笑した。


「笑うなって。

マジにちゃんと亀頭がコットンの生地に当たってるぞ」

麗美はなおも笑い転げて、涙流して爆笑。


俺もおかしくなって一緒に爆笑してた。


「ト、トモ君・・・ぎゃははは・・・女見たい・・・ぺっちゃんこ」

「まあな」

「面白い!それ、面白い!」

「これなら、パンツ汚さずに済みそうだな」

「あはは、ねえ、マジ?マジに穿きたい?」

「うーん、マジってか、やっぱこれ落ち着く」

「もう・・・しょうがないなあ。

貸してあげるわ。

あ!でも家にいる時だけだよ?」

「なんで?これ穿いて会社行ったら・・・まあ、やばいな」

「うん。

見つかったら、トモ君マジで会社クビになりかねない」

「家でって・・・お前平気なの?キモくない?」

「キモいけどぉ・・・キモ面白いってやつかなぁ。

『変態君』って呼んでいい?」

「ばーか!やめろって。

でも、そっかぁ、まあ麗美が認めてくれるならば、借りようかなぁ・・・いいか?」

「あははは。

しょうがないわね。

いいよ。

でもさ、トモ君用に買ってきてあげる、ショーツ」

「おお!サンキュー!じゃあ、家用ってことで、とりあえず4、5枚な」

「ブフッ!」

また麗美が噴き出した。


「な、なんだよ!」

「あのね、デザインとか色どうするか考えてたの。

想像したらおかしくて」

「お、お前なあ・・・ちゃんとしたの買って来いよ?高くなくていいから」

「うん、わかったよ。

じゃあ、明日買おうか。

一緒に行く?試着してみる?ぎゃははは!」

そんなこんなで麗佳が5枚買ってきました。


案の定、麗美は半分遊びで買ってきた。


真っ赤っか!!

ブルー、ピンクのフリフリ!

黒Tバック!

白のヒモパン!!!

「お前・・・ふざけてるだろ?」

「え?ううん、トモ君に可愛いの穿いてもらいたいもん・・・ブ!ブフッ!ブッハハハ!」

俺・・・買ってきたショーツを麗美に投げつけてしまった。


でも、それからずーっと家ではショーツを穿いてます。


麗美とエッチする前には、お互いに「どれにしよっか?」って選んで。


お互いにショーツ穿いたままシックスナインしたり。


ショーツからサオだけ出して、穿いたまま合体したり。


そして麗美には、股割れショーツをネット通販で買ってプレゼントしたり。


麗美も俺用に選んで買ってきてくれます。


現在、俺のショーツは20枚に到達。


麗美は53枚も持ってる!!

なんか傍から見たら変態夫婦って思われるでしょうが、このことで仲が良くなって、今まで以上にエッチも激しくなりました。


毎晩、中出し3回は当たり前って感じです。


麗美の体を知り尽くして、必ず麗美を2回はイカせて。


おかげで麗美は妊娠3ヶ月目。


「しばらくエッチできないよ?赤ちゃん流れちゃうから。

大丈夫だよ、ちゃんとトモ君のコレは面倒見てあげる。

毎日おしゃぶりしてあげるね?」

「ごめんな。

でも我慢できないしな」

「うん、わかってるから。

ちゃんと言いなよ?」

「したくなったら、お前にチンチン出すからさ」

「ばーか。

出さなくていいから。

口で言いなさいよぉ」

「あはは。

今のはジョーク」

変態チックな夫婦ですが、ショーツ愛好家の亭主って他にいますかね?

もし、旦那さんがそうなっても理解してあげてくださいね。


だって、一度ショーツの良さを知ったら、ハマってしまうこと間違いなしですから。
サンプル