0448
ドスケベなエロガキだった俺が小学生時代に受けた報いを話そうと思う。



小学生の頃から俺は、かなり変態性欲丸出しのエロガキだった。


クラスの女子のパンツをしょっちゅう覗いたり、「パンツ見えてるぜ~」とか言うことも何度かあった。


当然女子から反撃されて叩かれたり、時には担任に告げ口されて担任から怒られることもあった。
(このままだとマジで嫌われるな・・・)と感じ、俺は変態行為を次第に自重するようになった。


しかし性欲がなくなったわけじゃない。


学校じゃもうエロ行為ができないから、別のとこでやりたいと思うようになっていった。


しかし家では勿論しようがない。


(どうする・・・?)

すぐに結論は出た。


帰り道だ。


(下校中に、自分と関係ない人にエロいことをすればバレまい)と浅はかに考え出した。


俺の下校の時間頃、近所にある高校の生徒が歩いて帰っていることがよくあった。


ならば、女子高生のお姉ちゃんにエッチなイタズラしてやろう、と考えた。


ある日。


俺が歩いて帰ってると、横から女子高生が自転車で追い抜いた。


彼女を見ると・・・、スカートをサドルの下に敷いていない。


案の定、すぐにスカートがパタパタし、中がチラ見えした。


薄い青と薄いピンクのストライプのパンツが見えた。


女子高生のパンツが見えた瞬間、俺は我慢ができなくなり叫んだ。


「お姉ちゃんのパンツ見えてる~!」

女子高生は振り返り、慌ててこいで逃げだした。


またその時にパンツが見えたので、「パンツパンツ~!!」と大声で言った。


周りにいた中学生の男子が、叫ぶ俺や自転車の女子高生を見ていて、何やらニヤニヤしていた。


それがまた堪らない。


彼女はすぐに見えなくなってしまった。


しかし、慌てて逃げる女子高生に凄く興奮した。


また別のある日、踏切待ちの女子高生の真後ろにしゃがみ、電車が前を通過した瞬間に、風圧で揺れるスカートの中を下から覗き見した。


黒のアンスコだったが俺は興奮した。


興奮のあまり、女子高生のスカートや生足、靴下や髪などをジロジロ見ながら、後をしばらくつけた。


彼女がバス停に来たとこで止まったので、その日は追跡を終了した。


それからも、公園で遊んでたり、アパートの階段を上ってたりする女子高生や女子中学生のスカートの中を覗き、「パンツ見えたー」とか茶化したことが何度かあった。


その度に女子高生や女子中学生は慌ててスカートを押さえていた。


中には、「きゃっ!見るなぁっ!」とか叫んだ女の子もいたが、特に問題にはならなかった。


そんな俺が、ついに調子に乗って暴挙に出た。


ある日の下校中、前を女子高生が歩いてる時だった。


彼女を見た瞬間、俺は即、彼女の尻を凝視した。


なぜなら、女子高生の背中のリュックサックがスカートを捲り上げてて、女子高生のパンツがチラチラ見えていたからだ。


長い黒髪の女の子で、パンツはピンク色のひまわりの柄が沢山入った白パンツだった。


俺はこそこそと女子高生の真後ろに近づいた。


目の前に女子高生のピンクのひまわり柄の白パンツ・・・。


「ハア、ハア・・・」

チンコは最高潮に膨れ上がった。


人目も忘れてチンコを弄りながら歩いた。


俺は女子高生を真後ろからずっと追跡した。


俺の自宅とは別方向に歩いているが、そんなの関係ない。


女子高生のパンツをずっと見ながらズボンの上からチンコを弄っていたら、ズボンの中に激しく射精してしまった。


ベトベトも気にせず、ただひたすらスカートが捲れ上がった女子高生のパンツを、歩きながら後ろからじーっと凝視しまくった。


すると彼女が家の敷地に入った。


(彼女の自宅か?)

もう見れないという思いと、興奮のあまりテンションが高まったこともあり、俺は声を出した。


「お姉ちゃん、パンツずっと見えてる」

彼女はバッと振り返り、慌ててスカートを直して、俺を見る。


驚いた顔をしていた。


「ピンクの花と白のパンツや~。

へへ~」と俺はにやけた。


「いつから見てたん・・・?」

「◯◯(地区名)の踏切のあたりから見てた」

すると彼女は俺を軽蔑した顔をし、「やっ・・・さいってー!超エッチ・・・」と言ったので、「お姉ちゃんのパンツ、すげー興奮した。

もう一回見せろっ!」と言い、俺は女子高生のスカートをバッと勢いよく捲った。


「キャーー!!」

彼女は叫んで座り込んだ。


俺はすぐに逃げ出した。


すると彼女が追って来た。


慌てた俺は足がもつれてつまづき、彼女がこけた俺の手を掴んで言った。


「ふざけないで!スケベ!来なさい!」

そう言われ、俺は引っ張られた。


慌てて逃げようとすると彼女が、「誰かー!この子痴漢ー!捕まえてー!」と叫んだ。


俺は彼女の足を蹴り、彼女がひるんだ隙に逃げ出した。


しかし、悲鳴を聞いたからか、近くにいた中学生の男子たちが僕を一気に捕まえた。


女子高生を見てみると、彼女は携帯で電話をしていた。


彼女は俺の学校に電話していた。


きっと俺の胸元の名札から特定できたのだろう。


すぐに俺の小学校の教師が来て、呼び出された両親共々、めちゃくちゃ怒られた。


おかげでそれ以降、俺は女子たちにいじめられる学校生活を送る羽目に。


それも報いですね・・・。


当然だけど、もうしません。

 
サンプル