0166
ハプニングバーでフィストアナルを披露した話。



ヨーロッパ系ハーフで極上美人の女子大生。


ハーフだからかは知らんが、巨乳。


俺は大学生(21歳)。


普通に日本人顔は中の上くらい。
彼女にどんなセックスが好きか尋ねてみたところ、「誰かに見られながら・・・」と言ったので、調べてみたらカップル喫茶とハプニングバーの存在を知った。


彼女は抵抗感があったようだが、「1回だけなら」という事で行くことになった。


行ったのは渋谷のハプニングバー。


入り口に着いたが看板は無く、インターホンがあるのみだった。


ボタンを押すと「はい」と素っ気ない感じ。


「ホームページを見てきたのですが・・・」と言うとすんなり開けてくれた。


入って早速システムの説明を受けて、入会金とチャージを払う。


カップルだったので2万ぐらいだったかな。


地下に通されるとバーカウンターがあり、既に3組ほどのカップルが来ていた。


まず適当に酒を頼んでチビチビ飲みながら2人で様子見。


しばらくすると別の2組のカップルの女同士がレズり始めた。


俺の真後ろで椅子に座ったままM字開脚させられて、もう1人の女がバイブを突っ込み始めた。


俺は酒を飲む振りしながら、首だけ振り返ってガン見していた。


しばらくするとカウンターの隣にあった試着室のようなカーテンの仕切りの向こうから突然、「あぁぁぁん!」と大きな喘ぎ声が聞こえてきた。


中からオッサンが出てきて店員に言った。


「ネーチャン!電マ!ある!?」

「あいよ!」

電マを受け取ったオッサンはまた中に入って女を攻め始めたようだ。


俺の後ろのレズと電マのオッサン。


俺は圧倒されていた。


するとオッサンがまた出てきて、1番近くにいた俺に声を掛けてきた。


「おい兄ちゃん!俺の女をヒィヒィ言わせてくれよ!」

ちょっと興味あったけど、隣の彼女が微妙な表情をしていたのでやんわり断ると、隣のカップルの男が入っていきチンコをしゃぶらせ始めた。


(いかん、このままでは高い金払って来た意味が無い)

そう思い始めた俺は、意を決して店員に話しかけた。


俺「ははっ、みなさん凄いですね。

圧倒されちゃいますよ」

女店員「そうですか~?これぐらいいつもの事ですよ」

俺「そうなんですか。

でも自分、これでも変態っぷりには自信があるんですよ」

店員「ほほう、どんな感じなんですか?」

俺「アナルに拳が入ります」

店員「えっ!?」

隣のカップル「えっ!?」

途端に別の男性店員やちょっと離れたところにいたカップルも食いついてきた。


俺はアナルに拳の件で根掘り葉掘り聞かれたので正直に答えた。


小5からアナルに目覚めた事。


俺のアナル処女(?)を奪ったのは単3電池だった事。


小6で既に紙粘土で自作ディルドを製作していた事。


16歳頃からセルフアナルフィストが可能になっていた事。


ディルドをケツに挿してバイクでかっ飛ばしてた事。


今現在は“骨盤の壁”という限界に当たり、6.5cmの拡張に留まっている事。


無料のテキーラが効いてきたのかベラベラと全部話した。


すると隣のカップルの女の子が「見てみたい!」、その彼氏らしき人も「俺も見てみたい!」と言ってきた。


これはチャンスかもしれない!

隣の彼女は微妙な表情をしつつも、「まぁ・・・いいよ」との事。


その後も店員2人が激しく食いついてきていたので、しばらく話をしてると、「じゃあやってきまーす」と言って隣のカップルがプレイルームへと立ち上がった。


俺は、「じゃ、後で伺います」と声を掛け、しばらく店員と話し、10分後ぐらいに俺と彼女もプレイルームへと向かった。


建物2階のプレイルームは薄暗くピンクの照明に照らされていた。


カーテンを開けると先ほどのカップルが既に正常位でギシアンしていた。


俺「どーもー」

カップル「あ!来た!待ってたよ!」

カップルは行為を止め、本当に拳が入るのか聞いてきたので、「もちろんいきなりは無理なので、念入りに準備体操のようなものが必要です。

まずは適度なディルドのようなものでほぐしてから・・・」とか言ってると、足元に黒光りするディルドが転がっていた。


店内の道具は自由に使っていいが、挿入する物を使う場合は必ずゴムをしなければならない。


店員にゴムを貰ってディルドに着けようとするが、ディルドの直径は4~5cm。


貰ったゴムがキツくてなかなか装着出来ずに苦戦していると、彼氏の方が手を差し伸べてきてくれたので、1本のディルドを2人で握って必死でゴムを装着した。


俺「初めての共同作業っすね!」

彼氏「へへへ・・・///」

既に全裸になっていた俺と彼女。


彼女はディルドにローションを塗りたくり、俺は四つん這いになった。


彼女がディルドを割と遠慮無しにブチ込んでくる。


最初はキツかったが後はすんなりと入った。


カップルは2人で四つん這いになって俺のアナルを凝視していた。


カップル「おおおおおおお!凄い!ほんとに入った!」

彼女は遠慮なくディルドをピストンし始め、俺はしばらく喘ぎ声を上げていた。


数分ピストンされて俺のアナルは準備が出来ていた。


タイミングよくカップルも、「もうそろそろ拳入るよね!」と言ってきた。


彼女は黙々と右手にローションを塗りたくり、俺のアナルに手を当てた。


ゆっくり、そして確実に入ってくる拳。


それに合わせて、「おお!おおお!おおおお!」と歓声を挙げるカップル。


と、そこに店内で成立したと思われる別のカップルがプレイルームに入ってきた。


男は割りと若く、女はちょっと年がいってる感じだった。


先程も書いたが、プレイルームは薄暗いので、そのカップルは俺達の行為に気付いていない。


カップルは熱い抱擁をしながら床をゴロンゴロンとひとしきり転がった後、服を脱ぎ始めた。


男がパンツ一丁まで脱いだ頃、ようやく俺達がやっている事に気が付いた。


男「ちょっと!!何してるんスか!!」

女「オーマイガッ!!!」

カップルは自分達の事は忘れて、やはり俺のケツに食いついた。


その頃ようやく彼女の拳が手首まですっぽりとアナルに入った。


周りからは・・・。


「うおおおおお!マジで入ったよ!」

「すごーい!お尻ってこんな風にもなるんだね!」

「あああ、俺なんか変な方向に目覚めちゃうかも・・・」

「マイガッ・・・信じられない・・・」

様々な歓声を受けながら激しいピストンの後に拳は抜かれたが、俺のチンコは勃起して収まりがつかなかった。


とりあえずセックスをしようとするが、ここまで来て普通のセックスでは物足りないので、4者会談。


そのの結果・・・。


・最初のカップルがバックの体位でセックス。


・四つん這いの彼女の手に先ほどのディルド。


・そのディルドを仰向けになった俺のアナルに挿入。


・俺は彼女と騎乗位で、かつ彼女のアナルにチンコぶち込む。


そんな感じのちょっと変わった4Pのような体勢になった。


しかし酒が入っていたので中折れしてくる。


するとすかさず相手の彼女が右手でディルドを激しくピストンしつつ、左手でキンタマを優しくマッサージするテクニックを駆使し始める。


おかげで5分ほど勃起は延長出来たが、やはり酒と睡眠不足もあって、イク前に完全に中折れしてしまった。


同時に相手のカップルも体力尽きて、これでお開きかと思ったら、後から入ってきたカップルの男が近づいてきてこう言った。


「あの、それって彼女さんのアナルに入れてるんですよね?よかったらちょっとじっくり見せてもらっていいですか?」

中折れはしたが、まだ彼女のアナルからチンコを抜いていなかったので、俺の上に乗った彼女と俺がダブルM字開脚で男に見せ付けた。


すると男は無言で俺のアナルに指を突っ込み、彼女のマンコをペロリと一舐めすると、「うひょひょー!」と言ってダッシュでどっかに行ってしまった。


マナー違反のとんでもない奴だ!と憤慨しつつも後片付けをしてプレイルームを出ると、「先程は凄い物を見させてもらいましたよ」と、部屋の外から覗き窓で見ていた人などから声を掛けられまくった。


あの日の主役は間違いなく俺だった。


仲良くなったカップルとは駅まで一緒に帰った。


帰り際に今日の事を振り返ったりして、非常に充実した1日だった。


カップルと別れた後、俺はハイテンションで彼女に話しかけた。


俺「今日は超楽しかったね!」

彼女「うん」

俺「また来ようね!」

彼女「もう2度と来たくない」

俺「えっ!?」

彼女「・・・」

俺「えっ!?」

どうやら彼女、最初に書いた露出願望がなくなってしまったようです。


とまあ、こんな感じです。


女は変態が多いぞ。


サンプル