pic-0212000041
暴走族にレイプされ、アナルでも感じてしまう淫乱女になった私の話をします。



携帯のベルが鳴った。


朝、夫と子供を見送ると、決まってこの時間に呼び出しベル。


私は急いで携帯電話を取った。
 
そして着替えると、指定された場所に向かうんです。


私:29歳、専業主婦、子供は6歳。


夫:35歳、外資系の営業マン。


私は8年前に夫と営業先で知り合い、夫の猛烈アタックで結婚した。


夫は外資系の営業マンで収入も良く、3年前に念願のマイホームを購入した。


夫婦仲も良く、SEXも程よくする何不自由ない毎日を送っていました。


ある日、私は暇を持て余し、街が一望できる丘に車で出掛けた。


駐車場に車を停め、散歩コースを歩いていました。


天気も良く気持ちのいい日とか、暇を見つけては息抜きにドライブしながらここに来るんです。


そろそろ帰ろうと駐車場に戻ると、5人位の暴走族が私の車を物色していました。


私は怖くて、物陰に隠れて見ていました。


その内に男2人がこっちに歩いて来て、私は見つかってしまいました。


男「ここで何してんのかな?」

私「別に・・・」

男「俺達と良い事しようか?」

私「人呼びますよ!」

男「誰も居ないけどな!」

私「帰るんですから」

男達は嫌がる私の手を取り、無理やりトイレに連れ込まれると、便座に座らせられスカートを捲られるとパンティを脱がされました。


「ダメ!!!」

そう言っても構わず彼らは私のマンコに挿入してきました。


若い彼らのチンポは大きく、何度も入れられると自然と感じてしまいました。


夫のモノよりも遥かに大きく、若さなのか、激しいSEXに私も我を忘れてしまいました。


結局、入れ替わり立ち替わり、私は彼らのチンポを受け入れていました。


最後に彼らが私のマンコから出る大量の精液をカメラで撮影し、私の電話番号とアドレスを記憶すると、「また、連絡するから」と言って消えて行った。


私は溢れる涙を押さえながら急いで帰宅し、シャワーで精液を流した。


警察に言うか悩んだが、夫に迷惑がかかると思い、黙っていることにした。


その夜、夫との営みの最中、私は彼らの巨根を思い出していた。


夫とは違う激しい快楽。


私は夫の小さいチンポに感じなくなっていたんです。


夫は、「今日も良かったよ」と言うんですが、私は全然満足していませんでした。


翌日、翌々日と、私は何かを求めるかのようにアソコが疼きました。


目を瞑ると彼らの巨根が現れ、今まで味わったことのない感情が湧きあがってきました。


あれから3日過ぎた朝、私はいつもの様に、子供と夫を見送ると寝室で着替えていました。


心では駄目と分かっていたんですが、(近くまで行くだけ)と、引き込まれる様に車を走らせていました。


駐車場に着き、(戻らないと!早く)と思いながらも期待する私。


アソコが濡れるのが分かりました。


その時、ドドドド・・・とバイクの音がして彼らが現れ、私の車を囲む様にバイクを停めました。


下を向いて目線を合わせない様にしていると、「今日もヤリたくなったか?」と言い、私は彼らに言われるまま後をついて行き、トイレで服を脱ぐと彼らのチンポを咥えていました。


「大きいチンポ好きか?」

「はい」

「旦那より大きいか?」

「はい、大きくて太いです」

「入れて欲しいのか?」

「早く入れてください」

私はアソコから液を垂らしながら彼らに尻を向けました。


「何だ!変態だな、もう濡れ濡れじゃないか」

彼らは巨大なチンポを入れ、激しく動かし始めました。


1人が終わるとまた1人と、私は何度もイッてしまいました。


「ハァハァ。

もっと下さい」

「今度はこっちだ」

彼らが私のお尻を持ち上げ、お尻の穴に指を入れ始まました。


「そっちはダメ!お願い!痛い」

「これからゆっくり広げて感じさせてやるよ」

彼らは1本2本と指を入れ、初めの痛みが薄れ、だんだん感じた事の無い快感が体中を駆け巡りました。


「そろそろ入るんじゃないか?」

「えっ」

彼らの中でも一番小さめの男がチンポをお尻の穴に入れ始めました。


ズッズズズっと彼のチンポは私の体の中に入って来ました。


変な気持ちでした。


彼が動かすと、お尻の穴はだんだん熱くなり気持ち良くなっていました。


マンコからはダラダラと液が溢れ、彼らはクリトリスも弄るので、私はお尻に入ったままイッてしまいました。


小さい彼が終わると、次の男性。


だんだんチンポは大きくなっていき、最後の彼に入れられる頃には、お尻の穴は開きっぱなしでした。


マンコとお尻の穴から彼らの精液を垂れ流しながら、彼らの汚れたチンポを咥えさせられ、綺麗に舐めていました。


彼らがバイクを走らせ居なくなると、私は我に返り反省しました。


自宅に戻り、体を洗い終えると下着を着け、子供の帰りを待ちました。


でもソファーに座っていると、またアソコから溢れるマン汁!

午前中、あんなに激しくやったばかりなのに・・・。


その日から、私は夫の夜の営みを拒むようになっていました。


彼らに汚された体を夫に舐めてもらうのは申し訳なく、それと同時に夫の小さいチンポでは満足出来なかったんです。


翌日から、夫と子供が出掛けた後、携帯電話に連絡が入る様になりました。


「今すぐ、◯◯公園のトイレに来い」

写真も撮られ、彼らの巨根に惚れた私に断る事は出来ませんでした。


平日は毎日彼らに呼び出され、公園・映画館・ホテル・彼らの部屋と、毎回違う場所で私は犯され続け、相手も色々で新顔の男も何人かいました。


そのうち服装も指定され、タイトのミニスカートに胸元開いた薄いシャツ・ノーパン・ノーブラという恥ずかしい格好で彼らの指定する場所に歩いて向かう毎日。


現地に着くと、もう私のアソコは濡れ濡れで、すぐに前と後ろを犯されました。


1ヶ月もすると彼らにマンコの毛は剃られ、色々な道具を使われたクリトリスは腫れ上がって大きくなり、乳首とマンコにピアスを開けられました。


それまでは平日の子供が帰る前には帰してもらっていたんですが、彼らは夫が休日の日にも来いと言いだし、私は嘘をついて彼らの指定する場所に向かいました。


彼らの車に乗ると、裸にされて車中でも犯され、胸にはローター、マンコとアナルにはバイブを入れられテープで固定していました。


そんな格好で山道を歩かされ、行き来する車の人達に見られたりしました。


中には車を停めて写真を撮る人もいたんです。


そんな事をされても彼らに逆らえず、言いなりです。


彼らと会って半年が経過しようとしています。


何人のチンポを入れられたか分かりません。


マンコは広がり、緩々になりました。


こんな体を夫に見せる事も出来ず、今ではSEXレス状態です。


夫の事は愛していますが、彼らのチンポも同じように愛しています。


もう戻ることが出来ないまま、夫にバレない事を祈りつつ彼らの元に通う、馬鹿な女です。
サンプル