0121
私が、海外旅行をした時の体験をお話しします。


飛行場からホテルまで送ってくれた現地のガイドが、「可愛い子を紹介する」と言い出した。


(さっそく来たな)と思った。


ガイドの稼ぎより観光客相手の紹介料の方が、桁違いにいいのは知っている。




 
ホイホイ飛びつくと足下を見られて吹っかけられるので、関心の無いようなフリをして連絡だけは取れるようにしておいた。


ホテルに着いて、バスに入ってまずは汗を落とした。


それから久しぶりの異国の匂いというか空気の違いを感じ、大好きな旅に出たことを改めて実感した。


ホテルの周りをぶらつき、市場でバナナやマンゴを買って、当地で食べる果物のおいしさを再確認。


これこそ南国の極楽だ。


この雰囲気がいい。


ホテルに戻り、ちょっと喉が乾いたのでバーでビールを飲んだ。


現地で飲むビールは美味しいし。


バーテンが手慣れた手つきで注いでくれる。


しばらく飲んでいて落ち着いてから、部屋に戻った。


(早めの飯を食べてからガイドについて行こう)

部屋から連絡を取り、6時頃ロビーで会う約束をする。


予定通り早めの夕食を食べ、しばらく部屋で横になって休息をとった。


時間にロビーに行くと彼が目に留まった。


手を挙げると外に出る合図をしている。


そのまま彼について行った。


観光客が沢山いるような繁華街も案内されたがパス。


そのうち怪しい路地のような所を通って、女の子がたくさんいる置屋のような所へ連れて行かれ、女の子を勧められた。


こういう所がいいんだよね。


経験から勘が働く。


女の子は沢山いたので迷ったが、奥の方でにっこり微笑んでこっちを見ている可愛い子が目に留まった。


おお、可愛いではないか。


それに若い。


高校生くらいか。


守銭奴のおやじと交渉し、女の子を連れて帰った。


途中、横顔を見てもすごく可愛い。


(こんなに可愛い子とほんとに出来るんだろうか?)

頬をつねりたくなる思いだった。


ホテルの部屋に早く帰って二人になりたいという思いがこみ上げてくる。


車で一緒になった日本人の2人連れが、思わず可愛いと言ってる。


嬉しくなる。


どうだあ。


ホテルに着き、部屋に入るなり、思わず女の子を抱き締めてしまった。


にっこり笑った彼女は、どうやらお風呂に入ろうと言っているようだ。


「そうだね」と言って、一緒に入ることにした。


彼女の裸は、少女そのもの。


犯罪だ。


神様ごめんなさい。


でも可愛い。


一緒に洗いっこだあ。


彼女は私の身体を洗ってくれた。


私も産毛の様な薄い毛が生えたあそこを石鹸で優しく洗ってあげた。


高まる期待。


ベッドで女の子のバスタオルを剥ぎ取った。


おお乳首が幼い。


乳首を唇で刺激したが、いつまで経っても反応しない。


でも小さな乳首はだんだん硬くなってきた。


彼女は目を閉じて枕で顔を覆った。


私は乳首を十分味わうと顔を下の方に・・・。


少女は黙ったままだ。


女の子のあそこは、薄い産毛が生え亀裂が可愛い。


ぴったり閉じた唇を指で開くと、恥ずかしがって腰を引いた。


腕で足を押さえ、可愛いところを観察。


開くと小さな未発達のクリちゃんがあった。


思わずキス。


舌で優しくゆっくりと刺激していく。


腰を引いて抵抗していたのに感じているようだ。


こっちも嬉しい。


ゆっくりピンクのクリちゃんを刺激しているうちに、足とお腹が痙攣してきた。


おお、感じている。


下の唇はまだ濡れていない。


クリちゃんから舌を離して下の唇にキス。


女の子の匂いがしないぞ。


初めての体験。


あそこは小さすぎるので、十分濡れるまで、舌で女の子の可愛い部分を味わった。


息子は痛いくらい大きく硬くなってきた。


(もう我慢できない!)

もっと味わっていたかったが、息子の人格が勝ってしまって、暴走。


気持ちを落ち着かせ、ゆっくり彼女の中にそのまま入っていった。


小さいので大丈夫かなと思ったが、彼女の可愛くて小さな部分は、大きな息子を奥まで受け入れてくれた。


(ああ、キツい)

こんなにキツいと、いつもならすぐ終わりそうだが、興奮して息子は異常に硬くなり過ぎ長持ち。


気持ちいい。


ゆっくりゆっくり腰を動かしていくと女の子が、小さく喘ぎ始めた。


かすかな吐息。


あそこは濡れが少ないようで、刺激が直に伝ってくる。


息子を優しく包んでいる少女のあそこの一部がヒクヒクと痙攣を始めた。


そのうち膣全体が優しくキュっと締まったり緩んでまったりしたりしてきた。


(いい、この感触!)

たまらない感覚。


少女の小さな部分をゆっくり動きながら楽しむ。


至極の境地だ。


身体全体から射精感が高まってくる。


(まだだ、もっとしていたい)

動きを緩めながら爆発を長引かせる、必死の努力と射精感の葛藤。


それでも刺激を十分受け楽しんでいた息子が急に耐えられなくなって射精が近づいてきた。


息子は硬くなりすぎていたので、尿道が狭まり射精出来ない。


でも、とうとう多量の精液を可愛い子の膣の中に射精。


こんなに出したことがないと言うくらい多量の精液を女の子の奥、子宮まで飛ばした。


亀頭の先が吹き飛ぶような射精感があって、しばらく気が遠くなった。


我に返ってからも余韻をしばらく楽しむ。


身体全体から汗がほとばしっているではないか。


ゆっくり抜いて、しばらくすると、少女の少し開いた小さな唇から薄いクリーム色の精液が溢れ出してきた。


シーツを汚さないようにタオルで受ける。


クリームの一部は、唇にこびりついている。


可憐な少女の唇を汚した罪悪感と嬉しさ。


溢れる精液をティッシュで優しく拭いて、流れ出る汗を落としにバスへ。


ベッドに戻ると放心状態の女の子のあそこから、まだ逆流した精液が吐液してシーツを汚している。


「ごめんね」

タオルで女の子のあそこを拭いてあげる。


すると女の子は、私の胸に顔を埋めてきた。


可愛い。


息子はまだ硬度を保っていたが、そのまま腕枕で朝までぐっすり眠った。


朝起きて、美少女の身体を再び楽しんだのは言うまでもない。


昨夜に負けない多量の精液を可憐な少女の下の唇に注ぎ込んだ。


そのまま気が遠くなるようなまどろみの中、昼まで2人で繋がったままでいた。


最高のエッチ体験だった。
サンプル