pic-0212000848
私は自営業の傍ら、空いた時間に隣の市のラブホの清掃係をしています。

いつもは夜勤務(17時から21時の4時間)ですが、たまに朝勤務(9時から17時)の勤務も頼まれる事があります。

その日は偶然フロント係の人が休みになったため、急遽フロントを出来ないかと言われて従事していた時、10時くらいに30代くらいのカップルがフロントに入って来て部屋を選んでいました。

女の人を見たら、明らかに親友Aの妻、B子でした。

もちろん相手の男性は親友Aではなく、知らない男でした。


2人は部屋を決め、仲良くエレベーターに乗り込み、3階の303号にチェックイン。

昼休憩を挟んで、私は清掃係に戻りました。

フリータイムは17時までですが、303号は15時にチェックアウトして帰っていきました。


303号が赤から青(空室)になったので、気になった私は303号の清掃を自ら買って出て、ペア2人で清掃に向かいました。

入ってすぐ驚きです。

床にはローソクがいっぱい垂れていて、ベッドの上にも赤いローソクがいっぱいです。

これは清掃に時間がかかるので、相棒がフロントにその旨を伝えます。

その時、ベッドの脇に女性物の下着が落ちているのを発見して、とっさに相棒にはわからないようにポケットにしまいました。


シーツも潮を吹いたのか、ベトベトに濡れています。

風呂場には、いちじく浣腸の空き容器がそのまま捨ててありました。


(あのB子が・・・)

顔を知っているだけに、妙に興奮して少し勃起してきてるのがわかりました。


5時までそのまま勤務して、帰りに車の中でB子の下着を取り出し、クロッチ部分の汚れの匂いを嗅ぎながらオナニー。

まんこのスジがわかるほど汚れていて、いやらしい匂いで数分で発射してしまった。


昨日Aに電話して、Aの自宅に今度の日曜日に遊びに行く事になりました。

何気に「B子もいるの?」って聞いたら、「いるよ」って事なので楽しみです。

さすがにB子に迫るわけにもいかないので、どうしたらいいのかわかりません。


当日ビールを持ってAの自宅に遊びに行ってきました。

B子は先日ロビーで笑顔で部屋を選んでたままの感じだった。

B子が手の混んだ料理を作っていてくれて、3人で飲みながらバカ話をしながら、私が下ネタでSMの話を持ち出したりしたけど、B子は笑いながら聞いていただけ。

でも私の心の中では、(B子、お前のパンティーを今でも持ってるぞ・・・それでオナニーしてたオレだぞ)って思っていた。


B子の簡単なイメージ。

身長が160cm弱、体型はほんと標準で胸はBかC、顔はそこそこ可愛く華原朋美に似てる。


結局その日はただ話しただけで、B子は浮気してるような感じには全くとれなかった。

ただ収穫があった。

それはB子が週3日ほど昼アルバイトに行っている事。

その某大型薬局店の勤務先を知ることが出来た。


当然翌日、B子がバイト行ってる日にそのお店に出掛けて、B子を探し出して声を掛けた。

B子はわざわざ買い物に来てくれたんだって喜んでいた。

でも少し会話をしただけで、何事もないように帰って行った。

よく考えれば、そこのお店の休みは木曜日。

私がホテルでB子を見た日も木曜日。

B子の相手はここの中の男の誰かだと感じた。


もう少し証拠を掴んだほうがいいと思い、木曜日の9時頃、Aの家が見えるところに車を停めてB子が出掛けるか確認したんだ。

案の定10時過ぎに車でB子が出掛けるため家を出た。

私は探偵気取りで、帽子を被りサングラスして、車も仕事用の軽だからバレていない。

すぐ後ろを走っていても全く気付いてないのだろう。


B子は15分ほど走らせた、大型スーパーの2階駐車場に入っていった。

すると出入り口から離れた場所に停まった。

私は回りこみ、前からB子の車が見える場所に停車。

B子はすっと降りると隣の車の後部座席に乗り込んだ。

その車はミニバン、色も車種も確認できた。

乗ってるのは男性とはわかるが、顔はハッキリ見えなかった。

私は用意していたデジカメで、拡大して写真を撮っておいた。

(後から確認したら、B子はハッキリわかるほど写っていた)

すると、そのミニバンは1階に降りて、そのままスーパーを後にしたんだ。

私はドキドキしながら、後を少し間を開けてついて行った。

結論から言うと、その日は即ホテルには行かなかったみたい。

しばらく家とは逆方向に走って、ご飯を食べたのかお店に入り、1時間ほど出てこなかった。

その間、私は車の中でじっと待ってただけw
そのお店から出てきた後は助手席に座り、仲良さそうにして出て行った。


その後、あまり車の通りが多くない道を走っていくので、しばらくして怪しまれないために追跡は断念したんだ。

どこか違うホテルに行ったのかも知れないけど、子供のお迎えで3時過ぎには帰るはずだから、ひょっとして人気の無いところでカーセックスかもとか想像してたら、またB子のパンティーでオナニーをしてしまった。


その日はそこまでだけど、その翌日、薬局店の従業員駐車場にそのミニバンは見事にビンゴで置いてあった。

結構これで、ネタは揃った。

どうやってB子とアポを取ろうかと考えた。


・・・考えるまでも無くその日は来た。

私の小さい事務所にB子が1枚の紙を持ってきて、「これカラーコピーをして欲しい」と向こうから飛び込んできたんだ。

私はビックリしながらも、コーヒーを入れて、しばらく話し込んでいた。


そして意を決して・・・何気なく話し始めた。

事務所に6人掛けのテーブルがあるのだけど、コピーが終わって、そこで向かい合ってコーヒーを飲んで、他愛もない話をしていました。

笑顔が可愛く、人懐っこい感じなので男性はちょっと苛めたくなるような感じに思えるんだろうな。


私「B子さ、ぶっちゃけ浮気してない?」

私は直球でぶつけてみた。


B子「えっ!なに言ってるの急に!してるわけないって~」

私「ホントに?」

B子「なんでなんで?」

私「実はさ、オレ◯◯ホテルでフロントのバイトをたまに知り合いに頼まれて行ってるんだけど、偶然B子見ちゃった」

B子「えええー!私?それ私じゃないよ~」

私「そうか、違うか。

別にそれでAに言ったりしないし、俺だって浮気くらいするからさ。

Aは知らないけど、そんなの本気じゃなければ別にいいと思うよ。

家庭を壊してまではダメな気がするけどね」

B子「・・・で・・・いつ???」

私「いつ?って・・・してるじゃんか!(笑)」

場を少し和ませようとした。


B子「違うってば・・・」

しばらく間があって・・・。


B子「ほんとに、いつの事なの?」

私「◯◯の木曜日の朝10時すぎだったかな?◯色の◯◯に乗って入って来たでしょ?」

ホントはその時には知らなかった事だけど・・・。


B子「・・・。

それ本当の話?」

私「本当だってば。

出入り口から駐車場、ロビーまで全部見えるよ。

俺もびっくりしたけど、知ってる顔だし、こっちが、えっ!B子って思ったよ」

その後B子達の部屋を清掃した事は黙ってた・・・。

ましてや、パンティーを持っててオナニーしたなんて、言えなかったよね。


B子「・・・はぁ、悪い事ってできないよね」

なぜか落ち込んでるのが可哀想な気がした。


私「B子は別に本気じゃないんでしょ?だったらそんな悪いなんて考えなくてもいいって。

そんなこと言ったら、俺なんか何回悪い事したのかわからない位だって・・・」

なぜかフォローしてる。


するとB子が今までのことを話し始めた。

要約すると、Aが最初に浮気をして、それがB子にバレたらしい。

それも浮気相手がB子の友達・・・旅行まで行ってたみたい。

今はその友達とも縁が切れて、Aも連絡はしてないと思うけど、その事には今触れていないみたい。

それで、パートに出るようになってしばらくして、よくある職場の飲み会でそこの薬剤師の男性と仲良くなり、最近肉体関係を持つようになったらしい。

でも関係してから、その男性の束縛が強いらしく、もうB子としては関係を切りたいみたいだった。


私は少し可哀想な気持ちと、そう言いながらもその男とSM的なプレイをして、何時間も愉しんでたB子に嫉妬したような気持ちと、自分がB子と愉しみたいという気持ちと、B子と色んな事をして愉しんでる自分を想像して、B子をいじめてる厭らしい気持ちが入り混じっていた。


私「最近はいつ会ったの?」

B子「この前の木曜日かな。

ご飯食べただけだけどね。

本当だよ。

でも最後は喧嘩みたいになって、もうそれからメールもしてないの」

私が後をつけた日だ。

B子は嘘は言っていないみたいだと感じた。


B子「もう会わないと思うけど・・・もし、なんか言ってきたらバイトやめるし」

私「それがいいよ。

なんかあってからじゃ遅いしね。

とりあえずメアド交換しとこうよ。

なにかあったら連絡して。

今度の休みはいつなの?たまにはご飯でも行こうよ」

B子「いいよ^^その時に◯◯(私の名前)の秘密も教えてね。

今日の事は内緒でいいの?信じていい?」

私「OK、もちろん。

言えないでしょ。

今度秘密も洗いざらい全部教えるね(笑)」

B子に笑顔が戻っていた。

その日からAには内緒でB子とのメールが始まった。

B子と初めて関係を持つ時が近づいていた。


B子が帰って、すぐメールが届いた。

それもB子がピースしてる写メ付き。

女っていざとなったら度胸があるというか、あっけらかんとしたものだ。

私はあくまでいやらしさは出さず、冗談を入れながらメールのやり取りをしていた。

B子の写メをPCに送り、拡大してPCで見ながら、B子が穿いていたパンティーに顔を埋めて、このパンティーの下に隠れていたおまんこを想像しながらオナニーしてると思いもしないだろう。

いつかB子のおまんこの中に熱いのを注ぎ入れたい気持ちで、激しくしごいていた。


そんな日が数日続いたある日、メールで私が冗談っぽく、『Aとは仲良くしてるか?毎日エッチしてるんじゃないの?(笑)』って送ると、『冗談じゃない><。

レスレス(笑)』って返ってきた。


『ならウチと一緒じゃん><。

ウチも超レスレスだって(笑)。

仲良くしようぜ~^^』って送ると、『OK~~(ハートハート、赤い顔の絵文字入り)』で返信があった。


私は期待と想像だけで下半身がムクムクしてくる始末。

10日ほど、会わずにメールだけ1日数回のやり取りだけでいた。

私からはあえて無理には誘わず、例の男の話もせず、B子からの返信に対してだけのコメントにしていた。


そして、そのメールはついに来た。


B子『明日って◯◯はお昼時間あるの?』

私『大丈夫だよ^^B子はバイト休み?』

B子『うん。

忙しかったら少しでもいいから、どこかにご飯食べに行ける?』

私『了解^^1日空けちゃうからどこでもいいよ~^^何時からでもいいの?』

B子『やったぁ~~!何時がいい?』

私『早く会いたいから、朝6時なんてどう?(爆)うそうそ、9時くらいに事務所来てくれる?』

B子『なんだぁ~冗談かぁ(泣)よしっ!頑張って綺麗にしていくね^^』

私『またまた~(嬉)いやっ!B子はそのままで十分可愛いからスッピンでOK(照)』

こんなバカみたいなやり取りしていても下半身は熱く硬くなっている。


そして翌日9時にB子はやってきた。

あのホテルで見た日の数段可愛いB子が目の前にいた。

ミニではないが、少し短めのヒラヒラスカートにもちろん生足、いつものパンツ姿とは別人のように思えた。

とりあえず、事務所に入りコーヒーを飲みながら話していたのだけど、それだけでも期待で下半身がムクムクしてきて、バレないかと隠すのに必死だったな。

20分ほど話して、B子を堂々と助手席に乗せて事務所を後にした。


すぐに高速に乗って、1時間半くらい掛かる海が見えるところを目的に走り出した。

B子は車の中でも妙にテンション高く、無理にはしゃいでるようにも思えた。

私といえば、B子の膝から上が少し見える生足を横目で見ては・・・。


(触りてぇ~~~)

あの生足から伸びるスカートの下にあるパンティーの中に手を入れたい衝動を抑えていた。


前日、私の考えでは、B子は3時には帰ると思うから、それを逆算してどう運んでいこうか考えていたけど、初日は楽しく無理をしない方がいいなと思っていた。

でも、実際B子が助手席に乗って、すぐ隣にあのSMっぽい事をしたB子がいる、それもその時穿いていたおまんこのスジが付いたパンティーも実際持ってるし、何度も匂いを嗅いでオナニーした本人が隣にいると考えただけで、ちんぽの先からガマン汁が出てるのが分かるくらい、興奮が続いていた。


途中SAで休憩を入れて、11時過ぎに目的地近くの海岸に到着です。

その日は曇っていて、外に出ても暑くなく、海辺に車を停めて浜辺に下りてみようって話になり、2人で並んで歩き始めた。

B子のスカートが風でヒラヒラして、たまに太もも近くまで捲れるから、B子は片手で押さえながら私について歩いて来ていた。


B子「ねぇねぇ、私達って人から見たらどう見えるんだろう?やっぱり怪しいかな?」

私「どうかな?友達とは思わないんじゃない?夫婦でもおかしくないんじゃないの?」

そう言いながら私はB子の手を繋いでみた。


B子は笑いながら、「これで絶対怪しく見えるよね(笑)」って言ったけど、手を離そうとはしなかった。


私「そんなの関係ないって^^怪しい2人だから別にいいんじゃないの?(笑)」

そうは言っても2人とも緊張したのか、言葉が少なくなり、ただ砂浜を手を繋いで歩いた。

たまにちらっとこちらを見るB子なぜか照れくさそうにしてるけど、少しくっついてくるところが可愛い。


30分くらい散策しただろうか?
車に戻って、名物のうなぎを食べに向かった。

食べ終わってお店から出てきたら1時近くになっていた。

このまますんなり帰っても2時半、3時に帰るとなると当然ホテルなんて行く時間など無い。

今日はやっぱり仕方ないなと思ってB子に、「もう帰ろうか?」って聞いてみた。


私「B子、下の子のお迎えって3時でしょ?」

B子「うん、そうだけど、ちょっと待って!お母さんに聞いてみるね」

車から出て、お母さんに電話をするB子。

すると窓越しで、舌を出しながらOKサインしてた^^
ニコニコしながらまた助手席に座ると・・・。


B子「6時くらいまでだったら全然OK~~~って。

でも◯◯は大丈夫なの?無理しなくてもいいよ」

それを聞いて、なぜだか私のほうがドキドキしてきて、この後どうしたらいいのか分からなくなっていた。


私「そうか^^じゃぁどうしようかな?ん~どこ行こうか?」

B子「じゃぁ◯◯の秘密も教えてよ~」

私「それはまた別のときね」

そう言いながら私はB子の頭を引き寄せていた。

私の左胸に顔を埋めて何も言わないB子。

私はB子の髪を撫でながら、B子の顔をそっと上げた。

B子が私を見つめて、自分の手を私に回してきた。

私は目を瞑った。

B子の唇に最初はそっとキスをして、次には激しく舌を差し入れながらキスをした。

押さえていた欲望が一気に弾けて、理性がふっ飛んだ。

B子の口の中で、二人の舌が絡み合い、何度も何度も味わうように激しいキスをしました。

次第にB子の息遣いも荒くなってきているのがわかる。


私はすぐにでもB子の身体に手を触れて肌を確かめたかったが、外からは2人がハッキリ見えるため、私の物はギンギンに硬くなったままだったけど、どうにか気持ちを抑えました。

身体を離し、2人ともシートに体を戻した。

私は何も言わず車を発進させて、IC近くのホテルに車を走らせました。

しかしそこからまだ30分以上かかる場所。

走り出すとB子が助手席から、私の方に身体を傾けて、手を握ってきた。


B子「◯◯、私なんかでいいの?この前の人とはもう別れたけど、本当は嫌でしょ?」

私「それは違うな。

あの日さ、B子を見たとき、俺凄く嫉妬してたんだ。

その時に久しぶりにB子を見ただけなのに、正直それからB子のことばかり考えてた」

B子はそれを聞いて、私の方に身体を預けて、腕に絡み付いてくるように自分の頭を私の左腕にくっつけてきた。

私はそんなB子がとても可愛く思い、すぐにでもまたキスしたい衝動に駆られていた。


走って5分ほどで民家がなくなり、私はわき道の畑道に入り込み、すぐに適当な場所に車を停めました。

すぐにB子を引き寄せ、また何度もキスをした。

私は次第にB子の顔にあった手を下に持っていき、服の上からB子の胸の膨らみを確かめるようにゆっくりと胸を弄り始めた。

B子はただ私の首に手を回し、キスをしながら息を荒くしているだけだった。

B子も興奮してきてるのが分かるほど、「はぁ~っ」と甘い息を吐いていました。

ドアについているボタンを押し、ゆっくりとその状態でB子をリクライニングさせていきます。

B子の頭の下に左腕を入れて、キスをしながら、キャミの下に右手を入れ始め、直接B子の肌に触れました。

恥ずかしいのか、私にしがみつくようにして手に力が入ったのが分かります。

そのままブラの上から胸を触り、そしてブラを上にずらし、直接私の手の中にB子のそんなには大きくない膨らみが伝わりました。

乳首も小さく、手の中にすっぽり納まる形のいいおっぱいだとわかりました。

とても柔らかく、片手でそっと包むように揉んで、乳首を指先で摘むように優しく触ります。

B子は、「はぁ~っぁっぁっ」と小さい声で喘いでいます。


私はふと、あの日、部屋で見たSM的な行為の痕跡を思い出しました。

今度は少し強めでおっぱいを揉んで、強めに乳首を摘んでみた。

すると・・・B子は、「うっあっああ~っうっはぁ~」と大きな声ではないが先ほどより感じている喘ぎ声を聞かせてくれた。


キャミを胸の上に捲り上げて、B子のおっぱいが直接明るい場所に形を現した。

乳首も小さめで、形もそんなに崩れてない可愛いおっぱいが目の前に現れた。

私は思わず乳首を唇で挟むように左胸に口を持っていき、そのまま乳首全体を含むように舌で転がして音を立てて舐めていた。

同時に右手をB子の太ももに手を置き、内ももを撫でるようにして、B子の足の付け根に向かって手を這わせ始めました。

B子のすべすべした生の足の感じが手に伝わって、その先にあのパンティーの下にあるおまんこの入り口に手が届いた。

B子は足を少しすぼめるような感じで閉じようとしてたけど、B子のパンティーの下のおまんこのある部分を触っている私の手を挟んだまま外そうとはしなかった。

パンティーの上から、そっと中指で、中央のスジをなぞってみる。

見えないけど、湿っているのが指に伝わってわかった。


B子「やだっ!恥ずかしいぃ・・・」

俯きながら小さな声でつぶやいた。

1ヶ月近く、今触っているパンティーの下にあるB子のおまんこを思い描いて、何度もオナニーした本物が、目の前にある。


私「いいから!足広げて!恥ずかしくないから・・・」

少し強めに言ってみた。

B子は黙って頷いて、少し手が動き易いように足を広げた。

スカートをたくし上げ、薄いサックス色のパンティーが目の前に現れた。

前に少しレースが入って、足が入る部分に小さなフリルが付いている可愛いパンティーでした。

私はおっぱいを吸いながら、我慢できずに手をパンティーの中に入れ始めました。

B子の柔らかい陰毛が手に触れ、手を進めるとおまんこのスジが手に伝わってきた。

それはビラビラではなく、1本の一筋のスジになってるのがわかる。

そこはもうしっとりではなく、ヌルッとした感じが手にハッキリ分かるほど濡れていた。

私はおっぱいを舐めながら・・・。


私「B子もう濡れてるよ・・・ヌルヌルしてる」

B子は両手で顔を隠して恥ずかしそうにしていた。

やっとB子のおまんこを直接触ることが出来た興奮で、すぐにでもB子にちんぽをしゃぶって欲しくてならなかった。


私「パンティー取るよ・・・」

B子「いやっ・・・ここじゃいやだ・・・」

私は無視してB子のパンティーを脱がせ始めました。

脱がす時、パンティーのクロッチ部分がハッキリと濡れているのがわかりました。


「嫌っ!」と言いながらも、B子は腰を浮かせて脱がせ易くしています。


明るい車内にB子の薄い陰毛に覆われた下半身が真っ白に輝いてるように見えた。

それはとても卑猥で、閉じた足の付け根から薄っすらとまんこのスジがはっきりわかりました。


私「B子このまま走るから、いいね?」

B子「えっ?ほんとに?恥ずかしいってば・・・」

私「ダメ!目を閉じてていいから、このままいくからね」

私はエンジンをかけて、そのままホテルに向かいました。

B子は手で顔を隠しています。

私は左手をB子の股に手をやり、中指で濡れているスジを弄りながら、上についている一番感じる部分を探し当てました。

B子の膝が徐々に開き始めて、顔を覆っていても声が出てしまうのか、時折あごが上がるように息を止めては、深い吐息を吐き出しています。


私にはホテルまでの20分が数時間にも感じられる長さでした。
サンプル