pic-0212001165
これは電気工事店に勤務している友人Kから聞いた話だ。

聞き書きだが、脚色はしていない。


その年の夏、Kはとある家にクーラーの設置工事に行くことになった。

その家はいわゆる集合住宅というやつで、平屋建ての家を壁で仕切り4世帯が入居できるようになっていた。

Kの依頼主は向かって右から2番目にあり、建物の構造上、屋根裏に空調ダクトを通さねばならなかった。

そのためKは依頼主の部屋から屋根裏に入り、猛烈な暑さの中、汗びっしょりになりながら作業を始めようとした。



その直後、思わぬことが起きた。

エッチな女の喘ぎ声が聞こえてきたのだ。

それも、微かにではなく、すぐ近くで喘いでいるかのようだったという。

Kは、完全に仕事を忘れ、覗けるところはないか探し回った。

その住宅は見た目は綺麗でも安普請だったようで、天井パネルに隙間があり、一部が剥がれかかって下から光が差し込んでいた。

Kは梁伝いに移動して下を覗き込んだ。


すると、筋肉質でがっちりとした体格の男が激しい勢いで腰を動かしていて、その下ではまだ若いと思われる女性が男にしがみ付きながら喘いでいた。

二人はベッドの上で交わっており、ベッドはキジギシと今にも壊れるのではないかと思うくらい激しく軋んでいた。


女の子が喘ぐのとは対照的に、男の方は時々「ああっ、気持ちいい」と呟くくらいでほとんど声を出さない。

どうやら夢中で女の子を攻めているようだった。

一段とベッドの軋む音が激しくなった。


ギシギシギシ、ギシギシギシ。


「あっー、いやあっ。

いや、ああっすごい、気持ちいい、いやっ、いや。

あんっあんっ。

あはあー」

女の子の喘ぎ声や、ベッド下に無造作に脱ぎ捨てられた服から見て、かなり若い年齢の子というのは想像がついたが、ごつい体格の男が上から覆い被さっているため、Kの位置からは腕と足、髪の一部くらいしか見えない。

Kは内心、(くそっ、おっさん体位変えろ)と思ったが、いつまでも仕事そっちのけという訳にも行かず、ズボンからペニスを取り出し、汗だくになりながら射精しようとした。


「もうだめ。

イクッ。

イッちゃうよお」

女の子が一際大きな声で絶叫すると、男の方も「うおっ、俺も射精するぞ」と叫び、女の子のアソコからペニスを引き抜き、お腹のあたりにドクドクと射精した。

男は射精し終わると女の子とキスした後、そばにあったティッシュで女の子のアソコやお腹を拭くと、ようやくベッドから離れた。

Kは素早く女の子のアソコ、華奢だが筋肉質で引き締まった体つき、あまり大きくないおっぱい、そして顔に目を走らせた。


(げっ!!!)

Kはあまりのことに屋根に頭をぶつけそうになった。

女の子は『サチコ』といって、Kが一年前に卒業した高校で2年下だった子。

柔道部女子軽量級のエースで、ショートカットが似合うキリッとした顔立ちの美少女。

そしてベッド脇の椅子に腰掛け、ラッパ飲みでジュースを飲んでいるのは柔道部の顧問をしているSという体育教師。

年は40過ぎで独身、明るく気さくな性格で生徒たちから慕われている教師だったという。


(くそっ、あいつ裏でこんなことしているのか)

Kは腹の底から教師に対する怒りをたぎらせたが、サチコの顔やアソコを見て一気に射精しようとした。

するとそれまでぐったりとベッドに横たわっていたサチコが四つん這いになり、「先生のオチンチンって大きいね」と教師のペニスをいたずらし始めた。

教師は満足そうに笑うと、「サチコちゃん、先生のオチンチン、ぬるぬるだから舐めて綺麗にしてくれないか」と、とんでもないことを言い出した。


Kは本気で教師に殴りかかりたくなった。

だがサチコは、「いいよ」と言って椅子から立ち上がった教師のペニスをペロペロと舐め始めた。

そんな姿勢になったため、Kの位置からはサチコの肛門とピンク色のアソコが丸見えになった。

Kはそれを見ながらペニスをしごき、屋根裏に大量の精液を撒き散らすと、もう一度サチコのアソコを目に焼付け、仕事に戻った。
サンプル