pic-0212000783
私とパートで採用した若妻の話をします。


ある病院の総務課勤務の男性です。

24才で独身です。

人事や物品購入が主の仕事です。

ある日、事務職員のパート採用の決済が通り、担当として任されました。

面接には多くの男女がやって来ましたが、どうもイマイチで難航していました。



何人目かで面接に来た女性に目が留まりました。

年齢は25歳、出産で前の会社を辞めて育児をしていたらしいのですが、姑がいて、赤ん坊も首も座ったので、家も近くだから応募したと言います。

前の会社では経理を担当していたそうです。

とても品が良く、色白で均整のとれた体をしていました。

産後ということもあるでしょうが、ふくよかな胸が印象的でした。


この女性(佐藤さん)からは、なんとも言えぬ甘い体臭がするのです。

むろん香水なんかではありません。

母乳の香りのようでもありますが、もっとゾクゾクする香りです。


条件も満たしているので、採用をすることになりました。

仕事は院内の物品の管理と事務処理を担当してもらうことになりました。

佐藤さんは几帳面で、そつなく仕事もこなします。

ユーモアもあり、私より1歳年上でしたので「姉さん」と呼んでいました。

胸の大きさと、腰のくねらせ方は魅力的なもので、独身の私には堪らない刺激でした。

こんな女性を抱いているダンナを羨ましく思いました。


半年もした頃、年齢も近いことから親密になり、楽しく仕事をして、私自身も出勤するのが嬉しくてたまりませんでした。

物品倉庫には佐藤さんと私以外は入ることがなく、内部は豆電球で昼でも薄暗く、インクの匂いがプンプンする場所でした。

佐藤さんがA4のホルダーが見つからないと言うので、2人で探しに行きました。


「探し方が下手くそなんだよ」なんて言いながら、奥の棚で見つけました。


そんな時、はずみで佐藤さんの胸に私の手が触れてしまいました。


「あ!ごめん」と言うと、「ううん、いいよ」と言いながら、私の手をとって自分の胸に当てます。


柔らかくて大きい胸です。


思わず顔を埋めました。

なんとも言えない女性特有な香り。

右手はスカートの下からショーツを弄ります。

ぷっくりした恥丘、そこにある陰毛が手に感じます。

佐藤さんは、「うっ!」と低い声を出します。

倉庫ですので、ゆっくりする時間はありません。

ショーツの端から指を入れます。

そこはもう、ベトベトに潤っていました。

佐藤さんは、「違う場所でゆっくりね」と言い残し、倉庫から出て行きました。


残された私は指先に残った佐藤さんの愛液を鼻に持っていき、匂いを嗅いだ後、すべて舐めてしまいました。

呆然としながらカチンカチンになったペニスを、ブリーフの中に手を入れて位置を直しました。

尿道口からはカウパー腺液がおびただしく溢れていました。

ティッシュで拭きとって、深呼吸をしてから事務所に戻りました。


佐藤さんはデスクに戻って知らん顔で電卓を叩いています。

終業時間の少し前に、佐藤さんが私のデスクのお茶を片付けに来たとき、四つ折の小さい紙をさりげなく置いていきました。

胸ポケットに入れて、駐車場で車に乗ってから開きました。

『明日は、半日だから午後から空いています』と書かれていました。

その夜は、興奮してなかなか寝付けませんでした。


翌日、皆より一足早く駐車場に来て車の中で待機していました。

佐藤さんは裏口から歩いて出てきました。

いつも徒歩で通勤している道を反対側に歩き出して、500mくらいのところで後ろから来た私の車に乗り込みました。

佐藤さんが、「軽く食事をしない?」と言うので、病院からかなり離れた喫茶店でトーストとサラダとコーヒーを食べました。

普段はおしゃべりばかりしている2人なのに、この時はかなり口数が少なくなりました。


山間のラブホテルに直行しました。

私からお風呂に入り、ベッドで横になりました。

佐藤さんはシャワーを浴びたらしく、バスローブを着て戻ってきました。

私の横に滑り込み、軽く私にキスをしてくれました。

私は佐藤さんのバスローブの紐を外しました。

予想通り佐藤さんの胸はハンドボールくらいの大きさで、子供を生んだ女性とは思われないくらい、ウェストもくびれていました。

妊娠線も見受けられません。

白い薄手のビキニに陰毛が透けて見えます。


胸を触りながら、顔を埋め、乳首を吸いました。

母乳が出てきます。

母乳の味は美味くも不味くもありませんが、止め処なく出てくるミルクを飲み続けました。

佐藤さんは声を漏らして喘いでいます。


ビキニに手をかけ、一気に脱がせました。

体位を変えて、佐藤さんの股間に顔をもってきました。

濃い陰毛ですが、お尻の方までは生えていません。

小陰唇は愛液でピカピカ光っています。

舌で舐め上げます。

佐藤さんは大きなため息を立て、腰を小刻みに動かします。

愛液はクセもなく、いくらでも飲み込めます。

しかし、粘りがあって喉につかえます。


佐藤さんは私のペニスを確認するかのように、しばし見つめてからフェラチオを始めました。

さすが人妻、すごいテクニックです。

すぐにも射精しそうです。


お互いに、しばし相手の性器を口や手で愛撫してから、いよいよSEXに移りました。

ペニスはヌルッって感じで膣に吸い込まれました。

産後の女性とは思われないくらい中はキツくて気持ちがいいです。

激しく腰を使い、佐藤さんは5分くらいで絶頂に達しました。


射精するのは勿体無いので、しばしの休憩をとりました。

佐藤さんはここで色々話し始めました。

子供を妊娠した頃、ダンナが椎間板ヘルニアで入院して、産後もSEXは出来ないくらいの腰痛だそうで、今もその状態が続いているそうです。

久々のSEXで、今までのストレスが一気に飛んだと喜んでいました。


「また、当分出来ないから、続けてしましょう」

そう佐藤さんが求めてきます。

私も今度は射精しようと気合いが入ります。

佐藤さんが2回3回と絶頂を迎えたので、「こっちもイクよ」と言うと、「中に入れて」といいます。


「え?マズいでしょ」と聞き返せば、「大丈夫よ」と言うので、そのまま膣内へ射精しました。


佐藤さんはすぐにシャワーを浴びに行きました。

私も続けて浴びました。

佐藤さんがショーツを穿いたので、もう帰りの準備かな?と思ったら、「私は十分いい気持ちをさせていただいたから、今度はアナタの番よ」と言い、ペニスに顔を近づけてフェラを始めました。

あっという間に勃起したペニスは、またまたカウパー腺液が溢れ出ます。

佐藤さんは、「このくらい元気がいいと幸せなんだけど」とダンナとのSEXに不満を漏らしながら、ペニスを口から離しません。


「アナタのペニスは亀頭が大きいから素敵よ」なんて言われると嬉しいものです。


我慢も限界です。


「イクよ」と伝えると、「いっぱい出して」と言いながら相変わらずペニスを口から離しません。

先ほどのSEX以上に刺激があって、佐藤さんが私のペニスを口に咥えている姿はとても卑猥で興奮の極致です。


「あぁー出る!」

射精は佐藤さんの口内でした。

それも2回目の射精の方が精液の量が多く、佐藤さんも飲み込むのに苦労しているようでした。

佐藤さんは最後の一滴まで絞り出して飲んでくれました。


佐藤さんを家のそばで降ろしたのは夕方近くでした。

その後、佐藤さんとの肉体関係がないまましばらくした日、佐藤さんから退職願が出されました。

妊娠のため退職するとの内容でした。


(え?ダンナとはSEXは出来ないはず?)

佐藤さんは皆に挨拶をして、最後に私の前ではニコリと意味ありげな微笑みを浮かべて帰っていきました。


(もしかして、妊娠した子供は私の子か?)

複雑な心境で佐藤さんの履歴書を退職者ファイルに綴じる私でした。
サンプル