0436


私とお義父さんの関係をおはなししようと思います。


私(千佳・32歳)は、夫(隆・37歳)と結婚して10年を迎えます。


1人息子も8歳になり幸せな生活を・・・、あの日までは送っていたんです。


結婚後、私達は夫の両親と同居する事になりました。


夫が1人息子だった事や、一緒に住むことでお金を貯める目的だったんです。



 
同居を始めると両親は優しく接してくれ、特にお義父さんは色々と気を遣ってくれて凄く良い人だと思っていたんですが、1ヶ月も過ぎるとお義父さんの視線に厭らしさを感じる様になったんです。


その頃だったと思いますが、私が風呂に入っていると窓から感じる視線!

両親から、「風呂に入る時は窓開けてね・・・湿気でカビが生えるから」と言われており、10cm以上開けた状態で風呂に入っていたんです。


街外れで近所が点々と離れていたし、裏は山だったので安心していたんですが、いつもその隙間から誰かに覗かれている感じがしていました。


しかも私が家の掃除をしながら階段に差し掛かると、決まって義父が階段下を通るんです。


家でもスカートを履くことが多かった私のパンチラを期待するかの様に足音を消し、気づくと階段下から見上げている事が何度かありました。


その他にもソファーに座る時、義父は決まって私の向かい側に座るし、トイレに入っている時もタイミングを合わせる様にトイレに来るんです。


その事を夫に相談しても、「お前!気にし過ぎだよ」と相手にしてくれませんでした。


同居を始めて半年が過ぎた時、転機が訪れました。


夫が本社の営業部へ移動となったんです。


本社に通うには遠いという事で、社宅が用意されていたので、私達は実家を出て社宅で暮らすことになったんです。


やがて子供も生まれ、数年後には夫も出世し、幸せな暮らしを送ることが出来ました。


それが1年程前にお義母さん(58歳)が脳梗塞で他界し、お義父さん(61歳)が1人で暮らす事になったんです。


定年を迎え仕事を失った父に追い打ちをかけた状況に、夫も心配だったんでしょう。


夫から、「実家に戻らないか?」と相談されました。


子供の転校という問題もありましたが、息子は「爺ちゃんと暮らせるならいいよ」と言うんです。


夫も片道1時間半の電車通勤になる事への不安もあった様ですが、地方への長期出張も多く、日によっては家から直接営業先へ向かえる事もあって、実家に戻ることを強く勧めてきます。


そんな中、一番自由のきく私が嫌とは言えませんでした。


1ヶ月程して、私達は10年ぶりに実家に戻ることになりました。


お義母さんを亡くし、落ち込んでいたお義父さんも孫と暮らせることに笑顔を取り戻していました。


慣れない長距離通勤にも文句も言わず通う夫。


転校して不安がいっぱいだった息子も、数日後には「友達出来たよ」と。


しかし私は、お義父さんの厭らしい視線を感じ始めていました。


この10年、何も無かった訳ではありません。


年に数回帰省すると、お義父さんは相変わらず厭らしい視線で私を見て来るのを感じていましたし、風呂を何度も覗かれていたんです。


それが毎日お義父さんと一つ屋根の下で暮らすことになり、しかも昼は2人っきり・・・。


社宅では毎日スカート姿だった私が、実家に戻るなりパンツ姿では夫も息子も不思議に感じるでしょう。


しかもパンツをあまり持っていなかった事もあって、私は以前と変わらずスカート姿が多かったんです。


お義父さんの視線は日に日に厭らしさを増し、ソファーで寛いでいる時も、お義父さんは横になりながら私の閉じた太腿の奥に向けられています。


2階に上がる時も下から何度も見られていることが多く、寝室で着替えている時もドアが少し開き、隙間から覗くお義父さんを目撃したこともあるんです。


夫に相談しようか?

何度も悩みながらも、疲れて帰る夫に心配をかけることが出来ませんでした。


そんな生活も10年前と大きく違う事があります。


夫も37歳になり、朝早く帰りは深夜の生活に夫婦の営みは激減。


私も実は欲求不満が溜まっていたんです。


夫は休日出勤も多く、地方への出張も毎月で、長い時は10日位家を空ける事も多いんです。


そんな中、お義父さんの厭らしい視線に正直アソコが疼いていたことも事実でした。


夫が出張で居ない夜には、ベッドで1人バイブを握りオナニーをする事も増え、時にはお義父さんの視線を思い出しオナニーしている事もあったんです。


ある夜、私が風呂に入ろうとして脱衣場で着替えていると、突然引き戸が開き、目の前に義父の姿が・・・。


「お義父さん!何ですか?」

「ルイ(息子)が眠そうだから・・・一緒に風呂入った方がいいと思って・・・」

お義父さんの後ろに立つ息子が目を擦りながら、「ママ、僕も入る」と言うのです。


全てを脱いだ瞬間に合わせたタイミングで開けられた私は片手で胸を覆い、もう一方で陰部の毛を隠しましたが、お義父さんに全てを見られているも同然です。


自慢ではありませんが胸は子供を出産する事で大きくなりFカップサイズ、そんな大きさを片手で隠せる筈もなく、乳首を隠す程度でしょう。


陰毛も少なめですが、肩で手覆う姿の方が厭らしさを増して見えていたに違いありません。


お義父さんの目は見開き、私の身体全てを舐める様に見ているのが分かると同時に、急な出来事にどうしていいのか分かららずパニック状態でした。


数秒という時間だったと思いますが、私には長い時間に感じました。


息子が目の前に来て、服を脱ぎ始めると我に返った様に、私は戸を閉めたんです。


息子に聞こえるんじゃないかと思える程、鼓動は激しくなると同時に、アソコに感じる強い刺激が脳裏を走った気がしました。


その事がきっかけか分かりませんが、私は今まで以上にお義父さんの視線を意識する様になり、やがてその視線に身体が反応する事を知ったんです。


昼間、洗濯と掃除を終えた私は、いつもの様にコーヒーを入れソファーで寛ぎます。


それを見計らった様にお義父さんも現れ、ソファーに座るので、「お茶でも飲みますか?」と聞くんです。


その後TVに視線を向ける私に対し、義父の視線はいつも私の太腿に向けられています。


その視線に以前なら強く股を閉じるところですが、いつしか私はお義父さんの視線にアソコが疼き、ふと股の力を弱め、少しずつ足を開いて太腿の奥を見える様にしていました。


お義父さんの目は見開き、私のパンティが見えている事が確認出来ます。


その頃には私のアソコからは汁が溢れ、パンティを湿らせ始めているんです。


1時間程、お義父さんの視線を浴びながらアソコを湿らせた私は、その後トイレで疼くマンコを弄り、オナニーに耽る様になっていました。


(戸の向こうにはきっとお義父さんが・・・)

声を押し殺し、激しくアソコに指を入れると、すぐに絶頂を迎えるのです。


そんな生活も長くは続きませんでした。


お義父さんの厭らしい視線を感じてアソコを濡らすことがあっても、義理の親子と認識していた私です。


お義父さんもそうだと思っていたある日、私達は一線を越えてしまったんです。


その日は夫が長期出張で家を留守にしている時でした。


息子が疲れたのか、いつもより早く風呂に入り、気づけばソファーで寝ていたんです。


2階の子供部屋に息子を抱きかかえて運んでくれたお義父さんがリビングに戻り、晩酌の続きを始めたので、私は着替えを持って脱衣場へ向かったんです。


服を脱ぎ、風呂に入っていると、脱衣場に物音を消しながらお義父さんが入って来て、どうやら私の脱いだ下着を物色している様でした。


声をかけることも出来ないまま、私はお義父さんが居なくなることを待っていたんです。


やがてお義父さんの影は無くなり、私は湯船から出て体を洗いながらも下着のことが気になって仕方なかったので、急いで済ませると風呂から出て洗濯機の中を覗いたんです。


一番下に入れた下着は一番上になっており、クロッチの辺りが開かれていて、お義父さんが見ていたことは間違いない様でした。


鼓動が激しくなる中で、ついにその時が訪れました。


脱衣場の戸が開き、お義父さんが目の前に現れたんです。


突然の出来事に、私は全裸の姿をお義父さんに見られ、急いで両手で胸を覆い隠そうとした瞬間、お義父さんに両手を掴まれ抱かれたんです。


「お義父さん!何するんですか!やめて」

「大きな声を出すな!ルイが起きるじゃないか!こんな姿見られたくないだろう」

「嫌!お義父さん・・・馬鹿な事しないで」

「もう我慢出来ん!一度で良いから・・・頼む」

定年を迎えた男性とは言え、力では敵いません。


私は床に押し倒されるとお義父さんに胸を吸われました。


逃げる様に四つん這いで床を這うと、お義父さんは下半身を露わに私の腰に手を回し、ついに肉棒を挿し込まれたんです。


風呂上りだった事と、お義父さんが脱衣場で下着を物色する姿にエッチな汁を出し始めていた事で、すんなり受け入れてしまったんです。


「千佳さん!最高だよ!ずっと千佳さんが好きだった!」

「お義父さん!もういいでしょ・・・終わりにして下さい」

「千佳さんだってこんなに濡らして・・・息子が相手にしてくれないから淋しいんだろう」

「違います・・・お願いです、もう終わりに」

「うっ・・・」

「お義父さん!ダメ・・・中に出しちゃ・・・」

生暖かいモノを体内へ感じ、お義父さんが中出しをした事を知りました。


(これで終わり・・・)

そう思っていると、お義父さんは私の口に精液と私の愛汁で汚れたチンチンを咥えさせてきたんです。


突然の出来事に私は無理やり口に咥えさせられ舐めさせられました。


越えてはいけない一線を越えた瞬間・・・。


横になる私のアソコからはお義父さんの精液が溢れ、床を汚していました。


近くのティッシュで床を掃除し、涙ながらに湯船にもう一度浸かって体を洗い流したんです。


翌朝、息子のことを考え、何事も無かった素振りで学校へ送り出した私は、いつもの様に洗濯を始め廊下をモップ掛けしていました。


背後から迫るお義父さんが抱きついてきて、「千佳さん、昨日は気持ち良かったろう」と言いながら私のスカートの中へ手を差し入れて来たんです。


「お義父さん!もう止めて下さい!怒りますよ」

「そんなに怒らんでも・・・もう繋がった仲じゃないか」

「お義父さんが強引に犯して来たんじゃないですか」

「まぁ、隆が知ったら幻滅されるな・・・ワシは構わないが」

「脅しですか?」

「まぁ気づかれなければいい話だろう!私も淋しいんだよ」

これだけは絶対に息子と夫に知られては困る・・・それだけでした。


「お義父さん!息子と夫には絶対に言わないで下さい・・・約束して下さい」

「分かってるよ!」

お義父さんは首筋から舌を這わせ、私はその場で唇まで奪われました。


もっと強く拒否していれば・・・、家を出る覚悟で抵抗していれば・・・。


今は反省しています。


義父の部屋に連れ込まれ、私は衣服を脱がされると、昨日夜以上に激しいSEXを求められ、中出しされた上に汚れたチンチンを舐めさせられました。


それからは昼間も何度も体を弄って来る様になりました。


数日後には、息子が居るすぐ傍で、スカートを捲られ、パンティを引き下ろされると、指を挿し込まれたんです。


「お義父さん!困ります・・・息子が居るんですから・・・」

「千佳さんだってこんなに濡らして・・・変態じゃないか」

「お義父さん・・・本当にダメ・・・」

声を押し殺しながら、息子が居るすぐ傍で私はイカされました。


「千佳さんのそんな厭らしい顔が堪らんのぉ」

それから数日が経ち、夫が出張先から帰宅しましたが、昼間はお義父さんと2人。


毎日の様に身体を求めて来る関係は続き、さらには夫の居る傍でまで体を弄ってくる様になっていったんです。


私との関係を写真に収める義父に、もう逆らう事が出来なくなっていました。


義父の変態ぶりはますます高まり、夫や息子の前で下着を着けさせてくれず、そんな私の姿を見て楽しんでいる様です。


ハラハラしながらも、アソコから溢れる汁を確認する様に、義父が2人の目を盗んで指を挿し込んできます。


同居を始めて半年目の出来事です。


きっとこれからもお義父さんとの関係は続くんだと思います。
サンプル