0220


まあ、ほとんどの人は信じないと思いますが、実際に私がさせた本当の事です。


21歳の一人娘が、結婚したい人がいると言って、その彼氏を連れて来ました。

私と妻は、まだ早いと思いましたが、会うだけならと承諾しました。

22歳の彼氏は私達から見るとまだまだ子供でした。

今時のイケメンで、妻は「可愛い人ね」とお気に入りでした。


私はどことなく頼りなく見えましたが、二人の意思は固く、あちらのご両親もいい人で、結婚を認めました。


順調な結婚生活に私達も安心していましたが、1年ちょい過ぎた頃でした。

仕事から帰ると娘が来ていました。

おお~これはオメデタの報告かなと思い、私も話に加わろうとすると、急に話を止め、娘は帰ると言うのです。

玄関で妻に、「お父さんには内緒よ」と娘が。


一杯やりながら妻に・・・。


「何だったんだ、佳代(娘)の話は?」

「う~ん、ちょっと喧嘩したみたい」

「何だ、そんな事か。

俺はてっきり孫が出来たかと」

「うん、それならいいんだけど・・・」

妻の顔が何か変で、紅潮しているのです。


「どうした?何か変だぞ、お前」

「ウン。

それがね・・・、佳代には、あなたには言わないでって言われたんだけどね。

洋一君(娘の旦那)がね、・・・後ろに入れようとするんだって」

「後ろってアナルか?」

「うん」

「へえ~、アイツ若いのに、もうそんなとこを。

AVの見過ぎじゃないかアイツ。

それで、佳代は?」

「させてないよ」

「ふ~ん、お母さんは使ってるのにな~(笑)」

「も~馬鹿、あたしの事はいいの」

そうなんです、私達は三十代からアナルセックスをしていたのです。


「それで佳代は、『お母さんから言って頂戴』って言うのよ、洋一さんに。

言えないよね、私がそんな事、恥ずかしくて」

「よし、それなら俺が言ってやるから今夜呼べ、洋一君だけを」

「ええ~!言えるの。

あなたが?」

「ああ~言ってやる。

まだ早い!って」

その夜です、洋一君が我が家に来たのは。

妻は洋一君が可愛くてお気に入りでした。

いきなり切り出しはマズイので、少し飲んでから話す事にしました。


話も弾み、いよいよです。


「君はアナルが好きか?」

洋一君は顔を真っ赤にして・・・。


「佳代が言ったんですか?」

「まあ、そんなとこだ」

「すみません。

お恥ずかしいです」

「いや、夫婦なら当然だよ。

でもな、まだ1年ちょい、新婚だよな。

アナルは早過ぎと思うんだが。

うちの奴もアナルは三十過ぎてからだぞ」

「ええ・・お母さんもアナルを?!」

「イヤだ、洋一さん。

嘘ですよ、してませんよ」

「いいじゃないか、お母さん。

正直に言っても。

洋一君、家内はアナルも前と同様に使えるんだよ」

妻は本当の事をバラされ赤面していました。


「そこで洋一君、佳代はまだ早いから、君さえよかったら、うちの奴のアナル使ってみないか?」

「お父さん、何を言うの。

失礼よ、洋一さんに」

すると・・・。


「いいえ、僕、僕、お母さんとしたいです」

「本当か?こんなおばさんのアナルでいいなら使いなさい。

安子(妻)、ほらお風呂入って用意しなさい」

普段から可愛い可愛いと言ってた洋一君と出来ると思った妻は・・・。


「ダメですよ、そんな事出来ません」

「なあ~洋一君、今夜の事は絶対秘密だぞ。

いいね」

「ハイ、分かってます。

死んでも言いません」

「ほら洋一君もそう言ってるじゃないか。

安子、早く風呂へ」

イヤイヤな素振りを見せながらも風呂へ行く安子。


「僕、興奮します」と洋一君。


妻が風呂から出ると洋一君が風呂へ。


「あなた本気なの?」

「当たり前じゃないか。

お前の歳であんな若い子と出来るなんて、この先絶対無い事だぞ」

「あたし知らないよ。

どうなっても」

「いいさ、こんなチャンス、絶対無いよ。

俺も興奮してるぞ。

ほら早く、布団敷けよ」

洋一君が風呂から出ると二人は寝室へ入りました。

私は覗くわけにもいかず、飲んで待つ事にしましたが・・・、どうにも我慢出来ず、そっと襖を開けてしまいました。


もう既に妻は下着を脱ぎ、大きな尻をバックで彼に突き出していました。

洋一君はマンコとアナルを交互に舐めながら、垂れた乳にも手を伸ばしています。

彼のチンポは既にギンギンに立ち、戦闘状態です。

太さは普通ですが長いチンポです。


マン舐めアナル舐めから、今度は妻が尺八です。

ングングとしゃぶりながら、金玉もしゃぶります。

妻がまたバックポーズになりました。

いよいとかと思いながら見ていると、洋一君、妻の前へ、マンコに入れたのです。


「アア~イイ~気持ちイイ~」と妻の声が聞こえます。


(オイ、コラ、そこじゃないだろ、後ろだろ!)

心の中で叫びました。


アナルを貸すはずが、マンコも使われたのです。

マンコから引き抜くと、ゴムを被せる洋一君。

前は生挿入でした。


「お母さん入れますよ、アナルに」

「ええ~入れて」

肛門に唾液を塗ると、亀頭をアナルの入口に難なくチンポの半分が入りました。


「お母さん、キツイです。

おお~締まる、締まる」

アナル初体験にはキツく感じるはずです。

私も初めての時は、食いちぎられる程の締まりでした。

ゆっくりと全部入った様です。

いつの間にか妻は肘を立て、身体を平行にしていました。

洋一君は妻の腰を掴みながら、ゆっくりと注送を繰り返します。


「アア~イイ~上手よ、洋一さん」

「お母さん、僕も感激です」

「ねえ~佳代はまだ早いから、したくなったいつでも来ていいからね」

「お母さん、嬉しいです。

僕、お母さんの事、好きです」

「うう~ん、嬉しいわ。

でも佳代、大切にしてね」

「ハイ、分かってます」

私の目には、二人が歳の離れた恋人同士に見えました。
サンプル