0272
中2の時の吹奏楽部の合宿時の話。


夏休みの大会に被るように合宿をする。


大会には人数制限があるので、この合宿でメンバーの選出も行われる。


3年は全員出れるけど、2年は選抜。


自信があったけど、落とされた。


落とされた人はみんな泣いてたけど、ほんとに悔しかった。



div>当時、私は入学してから学年で成績はずっとトップ、性格の悪さもたぶんトップ・・・orz

成績が全てだと思っていて、成績の悪い先輩の言うことは聞かなかった。


夏休み前に告ったバスケ部の男子にはフラれ、みんなにバレるは、夏前の期末テストでも大きく順位を落とすはで、人生どん底だと思った。


今なら笑えるけど。


大会後の夜、エロい気分になった。


部屋を抜け出して、廊下の非常灯の明かりが少し差し込む空いてる小部屋へ。


施設は古い建物でトイレが怖かった。


それと、大きく足広げてするのが好きだったから、トイレでは手狭。


最初は落ち着かなかったけど、しばらくしてイケた。


部屋を出ようとした時、なんか音がする。


廊下の光が入らない部屋の奥から物音が聞こえてくる。


目を凝らすと物陰に人影。


(出たーーー!!)

頭の中真っ白。


さっき真っ白になったばっかりなのに・・・。


こういう時、声が出ない。


息を吸ってばかりで吐き出せない。


息が完全に詰まってた。


後から聞いたら、両手で顔を覆ってこの世の者とは思えない顔してたって。


(見られた!)と思うより、(出たー!)が先にきて、その後は(どうしよう!)に変わる。


部長「あっ。

何にも見てないから・・・」

奥から出てきたのは一つ上の部長(♂)。


部長は成績は中の中か上くらい。


うちの部は男子が部長になる伝統なので、部長なんて私にとってどうでもいい人だった。


話したこともほとんどない。


部長は恥ずかしそうにしている。


部長「かくれんぼしていて・・・」

(小学生か!)

男子部員はアホで、いつもこんなことばっかりしていた。


ていうか、死にそうな程恥ずかしい。


M字開脚でオナッている姿を見られて、この世の終わりだと思った。


とりあえず、かくれんぼ中で焦っている部長。


夜中に男子と女子が同じ部屋にいることがバレると、疑われるのが嫌だったようだ。


翌日の夜も来るように言われた。


次の日は、まともに顔を合わせられない。


午前中に引退する3年が次の幹部を決める。


私は大会のメンバーを落とされて、役職にはつけないと思っていたので、夏が終わったら辞めようかと考えていた。


午後、部長の口から発表。


私の名前が呼ばれて、まさかの副部長になった。


でも、選抜されなかったのに選ばれて嫌だった。


部長は全員分の理由を説明してくれた。


私には、選抜を落ちて関係するのは今回の大会一回だけで、副部長として一年頑張ってもらうには関係ない、選ばれなかったことをバネにして頑張れ、みたいなこと言ってくれた。


私の顔はずっと赤いままだったけど、半分は恥ずかしくて意識していた。


その夜は最終日、寝静まった頃に小部屋に向かった。


部長は先に待っていて、小声で話し出した。


私を選抜で落とすかどうかは人間関係も絡んで(私、性格悪いから・・・)、非常に揉めた。


部長はトランペット。


金管楽器の人は、私の吹くクラリネットなど木管の人とは交流が薄い。


金管と木管はお互いに口出ししないような伝統だけど、女子同士の話では折り合いがつかず、部長が決断することになった。


本当は実力だけで決めれば大会も私が選ばれる予定だったけど、選抜された上に副部長になると君のためにならない、と言われた。


(この人、成績は悪いけど、良く見てるんだなぁ)と失礼なこと考えていた。


ひと通り部活の話は終わって沈黙の後、昨日の話を切り出される。


部長「昨日のことは、誰にも言わないよ」

でも信用できない私。


それに一方的に見られてプライドが許さない。


私「先輩も私の前でして下さい。

それでお互い言わないことにしましょう」

強く出る。


部長「いや、なんか違うんじゃない?」

私「溜まると体に悪いんでしょ。

して下さいよ」

男子がオナニーすることは知っていたけど、どうするかとかは全く知らなかった。


部長「中野(私)は・・・触られたりするのは恥ずかしいよね?」

私「当たり前じゃないですか」

部長「約束だけでは信じられないなら、俺の方がもっと恥ずかしいことすれば納得する?」

(この人、意外に頭良いかも!)と思ったバカな私。


部長「中野が俺のを触って俺をオナニーしてよ?俺、後輩にされたなんて恥ずかしくて言えないよ」

男の人のを触るなんて考えられなかったけど、自分に置き換えて考えたら、その通りだった。


私「・・・します。

どうすればいいんですか?」

部長「ここ触って・・・」

ハーフパンツの上から擦る。


初めて触るモノ。


(硬い!)

触ると部長が気持ちよさそうな顔するので、恥ずかしい仕返しをもっとしたくなる。


自分からパンツに手を入れて直接握り、言われる通りに上下に擦る。


色々と要求が増えてくる。


部長「中野がクラ(リネット)吹くみたいに、咥えてよ」

(エッ?)と手が止まる。


部長「近くで見られると、もっと恥ずかしいよ」

(それもそうだ)とバカな私。


たぶん、少しおかしくなってたと思う。


部長は立ち上がってパンツを下ろし、目の前に持ってきた。


(虫みたい、こんなの見られて部長は恥ずかしいよね)

と呑気に考えて、クラを吹くように構えた。


後は言われるがまま。


最後になって・・・。


部長「ヤバい、セーシ出る。

中野の口の中で出したら俺って変態だよね。

ヤベぇ。

・・・俺ダメだ」

(これは勝ちだ!)

部長「ゴメン、出ちゃう。

・・・ゴメン。

そのまま、口離さないで・・・」

首を縦に振り、好奇心と部長の恥ずかしい姿を見れる満足感でいっぱいだった。


本当にバカ極まる。


部長「ウッ・・・ック!」

口いっぱいに液が出てきた。


その時は、不味いとか気持ち悪いより、(やったー!)の方が勝っていた。


近くにあった雑巾に吐いて、一言。


私「恥ずかしかったですか?」

部長「・・・うん。

中野には逆らえない」

本当にそういう顔してた。


騙されていたと気付くのは後日。


後始末して部屋を出ようとすると、部長は私を抱き締めて胸を触ってきた。


当時、男子と身長のあまり変わらなかった私はちょっとナメていた部分があった。


部長とは身長も同じくらいで怖さを感じたことも無かったが、力では勝てない。


部長の手は私の下着に中に入り込み、アソコの手前まであっさりと辿り着く。


なんとか体を離した。


部長「濡れてる」

部長は私のアソコで濡れた指を自分で舐めた。


(また、私の恥ずかしい弱み掴もうとしてる・・・)くらいしか発想になかったバカでした。


この後、この部長には私の人生をメチャメチャにされたと思ってます(笑) 
サンプル