00153
半年前の話。


そのときは2連休だったので、家で時間ある限りシコリ倒していました。


携帯の動画を見てハァハァ言ってると急に電話が鳴り『○川さん』との表示。


※5年前に働いていた飲食店の部下である女子◯生の女の子。


なんだ?いきなり?

辞めてから1回も電話無かったのに・・・間違い電話か?

そう思いつつも、俺はとりあえず右手でチ○コを握りながら電話に出た。


「もしもし〜お久しぶりです。

店長お元気ですかぁ?実は私もあの後辞めて今は〜以下省略」

何が目的だ?俺が好きだったのか?いや金か?なんて思いながら、話をうんうん聞いていると出た!

「実は今、お金に困ってまして・・・先輩から借りた車を壊して修理が・・・」

ハイハイ・・・だいたい久しぶりに電話あるのはロクな用件じゃないな・・・などと思いながら、やんわりと断ろうと思った。



その時は声を聞いてもったいないのでチ○コをシゴいてました。


「お願いします。

どうしても困ってて・・・私どうしたら良いのか・・・。

もし、店長が貸してくれるんなら何でもしますから」

と言葉を聞いて

「えっ?」

と会話が止まった。


ちなみにこの○川さん、六人兄弟の長女で家はあまり裕福では無い。


見た目はくみっきーを小柄にした感じ。


ロリ顔だがダボパンツを履いていて少しギャルチックでもあるが、当時看板娘で人気があった。


話を戻し、今フリーターで金も無く、困り果てて、元店長なら金に困ってなくて、3万くらいならどうにか貸してくれるだろうという打算だろう。


でも断られたから奥の手・・・。


俺「なんでも?・・・じゃあ、今晩遊べる?・・・意味分かる?・・・よね?」

○川「・・・いいですよぉ。

でもあまり長くない方がいいです。

サンですよ。

サン」

とまぁ・・・そんなわけで夜会う事に。


俺は当時可愛がっていた高◯生のバイトの部下が急に棚からぼた餅のように降ってきたもんだから、あまり金は無かったがかなり上機嫌で会う事に。


待ち合わせに現れたのは、当時のあどけなさがまだ残っているがお姉系に若干イメチェンした感じのくみっきー似の22歳の専門学生の女の子。


明るく人懐っこい性格に変わりは無い。


当時は妹っぽい様に思えたが、少し色気があってドキドキ緊張した。


食事をして、他愛ないもない話をして、スカートから見える綺麗な生足(身長は低いけど細く綺麗な肌)と瞳(アイドルっぽく大きく綺麗)に我慢できず本題に切り出しました。


「大変だねぇ・・・今日1日だけ楽しませて欲しいんだけどいい?」

「えっ?・・・はい!!店長ならいいですよぉ・・・でもどうするんですかぁ?」

という会話からエッチはOKを確信して・・・。


俺「ちょっとトイレ一緒に来てくれる?」

○川さん「はい!・・・??」

トイレへ行くとまず男トイレの中に誰も居ないか確認。


○川さんと一緒にトイレに入り、2人でそそくさと大トイレのドアを閉めた。


「うわぁびっくりしたぁ・・・なんなんですかぁ・・・男子便所初めてです・・・ここはちょっと・・・まずいですよぉ・・・店長」(ファミレスのトイレ内)

トイレの中で目の前に元職場の可愛い後輩が10センチ程前に触れるか触れまいか状態にいて、今なら好きに出来ると思うだけで・・・ジーパンにテント張って窮屈だった。


可愛い瞳とグロスがテカテカ光る可愛い小さな口を見つめてしまい、照れながら目をそらす○川さん・・・。


俺は我慢できず、抱き締めた。


俺の腰当たりに手をそっと回す○川さん・・・。


華奢で小さくて、胸が少し当たったがあまりボリュームはない。


しかし何よりチョー良い香り!

香水と髪の毛のシャンプーの堪らなく上品な良い香りに更に勃起した・・・。


抱き締めて目を見ていると、溜まらずキスをした。


なんて言うか味的にもイイ匂いの相乗効果とグロスの甘い味がして、生々しさは無くおいしささえ感じられた。


口の中に舌を入れ、この子の生々しい味を知りたくてディープキスを10分ほどした。


舌を入れて歯を舐めたり舌を吸ったり噛んだり唾液を飲んだり・・・・・・段々○川さんも俺に合わせて舌を絡めてきだした・・・

「ん・・・は・・・あ・・・はぁ・・・は・・・あ」

と少しずつ声が聞こえる。


・・・しかしこの子、かなり上手い・・・。



舐め方にも可愛さと恥じらいがあり、且つエロくて俺の舌の動きに合わせてくる・・・。


そう言えば、14歳で既に彼氏いたっていう強者だった、と過去の彼女を思い出した・・・。


どう料理しよっかな〜なんて来る前からプランを考えていたけど、この流れじゃトイレで全部済ませてしまいそうなので我慢した。


触りたくて触りたくて堪らなかったが、一度身体から離れた。


この間、2、3度トイレに入って来て用を足しに来ている人がいて、その度2人で息を殺したけど、たまにわざと舐める音を漏らして彼女の反応を見て遊んだ。


俺は

「体みたいから脱いでくれる?」

と言って脱衣を指示した。


○川さん「ダメですよぉ。

ここは止めて、他行きましょうよ。

人来きますよ」

と焦っているがもう一押しな感じ・・・。


「あれ?今日は何でも言うこと聞いてくれるんじゃ無かった?どうせ後でするんなら少しだけここで見せて」

と言って説得したのかしてないのか・・・しぶしぶ服を脱ぎ始めて、スカートとブラ、パンツだけの状態になり

「ここまでにしてください。

もうムリ。

ムリ」

とさすがに恥ずかしそうだ・・・。


着けていたブラは黒とピンクのツートンでパンツもお揃い。


キスをして我慢できず、ブラの中に指を入れて乳首に触れてみた・・・。


小さい・・・小粒だな・・・。


触って10秒も経たないうちに乳首が固くなってきてるのが分かった。


「ちょ・・・つ・・・ちょ・・・ダメ・・・ん・・・つ・・・気持ちよくなりますから・・・ダメ・・・」

と言葉にして

「気持ちいい事のが好き」

という事を示唆してくれたからかなり興奮した。


ブラを上にあげてスカートを捲り、彼女を便器の上に座らせた・・・。


スカートを捲り、ピンクのパンツを露わにした可愛い○川さんの下着姿を堪能して、それだけでもうガチガチのフル勃起。


何もして無いのに発射準備は出来ていた。


今すぐにでもパンツを捲り突きたいと思ったが我慢した。


俺はジーパンを脱ぎ結局一発目の発射を試みる事に・・・。


我慢汁が尋常なく垂れていたので、自分で擦りながら彼女の乳首を舐めたりキスをしたりした。


「ぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・あ・・・・・・店長の凄いですよぉw・・・グチョ・・・ん・・・グチョですよぉw凄いっです・・・は・・・ふ・・・はあん・・・」

空いた左手で彼女のパンツを上からなぞって、漏らす声を聞く度に・・・すぐ発射しそうになる。


この時、かなり興奮していて、人が何回か入ってきたけどお構いなしでやった。


○川さんのパンツを横にずらしヌルヌルになったビラビラに触れた瞬間・・・、

「ぁぁあん・・・ぃゃ・・・ぁぁあ・・・あぁ・・・んん・・・ぁ・・・っ・・・ぁぁ・・・・・・」

の僅か10秒間・・・彼女の初マン、ビラビラを見て(程良い綺麗な整った小ビラ)クチュ・・・クチャ・・・と○川さんの濡れた音と○川さんの感じた声を聞いて壁に大量発射。


もうなんて言うか・・・チョーエロかった。


パンツを横にズラしてビラビラをさすっているだけで、マン穴から汁が糸引いて・・・ッーってトイレの水の中に汁垂らしている光景と○川の恍惚した表情が・・・。


この後は、ファミレス出て駅の階段でドキドキしながら手マン、コンビニのトイレで軽くフェラ、最後ホテルでは2人で風呂に入り即挿入し、バックで突いて終了。


ベッドの上では眠気と満足感でプレイせず終了しました。


プラン通りの満足した結果で・・・人生の中で一番またヤりたいと思う良い思い出です。

 
サンプル