0228
今、僕は東京の大学に通っています。

今年で卒業です。

実家は東北です。

2年生の時のG・Wの話ですが、中学時代の女友達が東京に遊びに来ました。

冬休みに帰省した時に、彼女がバイトしていた本屋で会って以来、たまに連絡を取り合っていたので、休みを利用して遊びに来たのです。

彼女は、僕が中学時代に学級委員をしていたので、安心しきっていたようで、親には、女友達の所に泊まることにしてあるから、泊めてくれといってきました。

当然、断る理由も無く、OKしました。
東京を案内した後、家に帰ってきて酒を飲みました。

酒といってもカクテル類です。

しかし、彼女は酒に弱いらしく、すぐに寝てしまいました。

風邪をひいてはいけないと思い、布団を敷いて寝かせました。


寝かせるときに、かなりの衝撃があったのに、少しも起きる気配がありません。

ぐっすり寝ているようでした。

よく彼女を眺めてみると、かなりいい体をしていました。

胸は、Bカップ程度でしたが、ふっくらとしていて、東北特有の真っ白な肌をしているので、とても魅力的でした。

ここまできたら、もうやめることはできませんでした。


まず、ブラウスを脱がしました。

下にはタンクトップを身につけていました。

タンクトップをめくり上げると、真っ白な肌が露になりました。

ブラはピンク色です。

背中に手をいれ、ブラを取ると、淡いピンク色をした乳首が現われました。

すっかり興奮して、胸を揉みながら、激しく乳首に吸い付きました。

起きる気配は、まったくありません。


次に、スカートをまくり上げると、ブラとお揃いのピンク色のパンティが目に入りました。

割れ目に沿って、指を這わせていると、もう興奮しきってしまい、たまらなく僕も全裸になりました。


パンティを足元まで下ろして、片方の足から抜くと、大きく股を広げさせました。

本物のアソコを見たのは、初めてでした。

当然、童貞でした。

夢中で舐めました。


そして、一気に挿入しました。


あまりの気持ちよさに、すぐイッてしまいそうでしたが、なんとか堪えて、ピストン運動を始めました。

結局、数分でイッてしまいましたが・・・。

生だったので、彼女のアソコから、精液が滴り落ちていました。

とりあえず、ティッシュできれいに拭いて、またパンティを穿かせ、洋服を着せて布団に寝かせておきました。


次の日、彼女は来たときと同じ笑顔で帰っていきましたが、妊娠していないかどうかが、非常に気がかりでした。

あれから連絡は取っていませんが、1年経っても連絡は無いので妊娠はしていなかったのでしょう。


よかったです。
サンプル