024799-500x375
旦那に隠れて不倫する人妻の体験談


4月の桜が満開の頃、主人の留守中に私は浮気をしました。


20時くらいだったか私は買い物を済ませて駅ヘ向かい歩いていた。

すると「暇ですか?」とハンサムな男が声を掛けて来た。

「暇だったら夜桜でも見に行きましょう」と言うので、主人には悪いが暇だったのでドライブくらいならばと同乗した。

男は話しも面白くてとても魅力的に見えてしまった。


車を15分ほど走らせ現地に着いた。

その場所は桜と夜景の美しい所でとても感動しました。


その雰囲気に酔っていた私に男がキスをしてきたが、私は無抵抗でいた。

正直この位は予想していた?かもしれない。

現に今までもキスくらいならナンパ君とも1、2回はあったかな。

次第に男のキスは濃厚になり、舌を絡めてエスカレートしてきて男の手が胸にきたので、そろそろ終わりにしないとと思い「もう駄目」と言った。

男の手は私の胸を揉む、私は冷静ではいたが変な興奮が。

知らぬ間にブラウスのボタンが外されていて、ブラの隙間から乳首を刺激された。

段々身体が熱くなって行きブラが外され私のオッパイが露わになり、男は嬉しそうに吸う。


「本当にもう止めて」

しかし、男の手がスカートの中へ入り下半身を刺激した。


男は「止めろって言ったって、もう凄く濡れてるな」と言い、私のパンツを摺り下げた。

パンツを脱がされた私の股間に顔を近付け舐め出した。

私は恥ずかしかったが、上手な舌使いで物凄く濡れていた。

もう抵抗なんて出来ない、我慢出来ない。


私は男のデニムのファスナーを下しアレを握った。

すると、とっても巨根だった。

手で摩るとどんどん大きくなる。

今まで見た事の無い大きさだった。

男に◯◯を咥えてと要望されたが、自信が無いのでお断りした。

その後は強制する事は無く、マグロな私に男は奉仕を続けてくれた。


長い愛撫が済み、男の膝に座り2人強く抱き合っていた。

すると男は私の腰を持ち上げようとし、私は腰を浮かせた。

男のアレが私の入り口にアタルが、今までの感触と全然違うので私は恐る恐る腰を下し、とうとう挿入した。

見知らぬ男のが入った。

少し痛いが、アタル感じが何時もと違う。

私は腰を上下に振っていると「イク」と男が言った。

急いで抜いた、危機一髪でした。

抜いたアソコに発射されました。

ティッシュで拭いても拭えないほどの量が。

私はカーセックスは初めてでした。

しかも見知らぬナンパ君とエッチするなんて思いもしませんでした。


妙な興奮が今も怖い。

この男とは週に2、3回ほど会っています。

サンプル