movie
年上の妻とのセックス体験談


あのな、おまいら、ロリ妻とか、年の離れた若い嫁さんとか言って喜ぶヤツが多いけど、俺は嫁にするなら年上がいいと思うぞ。

ノロケとかじゃなくって。

ウチのは、2つ年上なんだわ。

で、何がいいかって、とにかく楽。

色んな場面で、色んな意味でな。

それと、姉萌えに通じる安らぎ感、癒され感や、場合によっては被虐感かな。


(俺、別にMってわけではないんだが)

ま、ここは好みの問題もあるかもな。

あ、間違えんなよ。

楽って、俺が特別甘ったれてるとか、ぐうたらだとかじゃないからな。

一応まともな大学を出て、ちゃんした会社できちんと仕事もしてるし、嫁親のウケも悪くない。

真面目な話、旦那っていうと一家の大黒柱で、責任者だと思うんだが、その“責任者”の部分がかなり緩和されるのな。

で、そこそこ甘えが許される。

・・・って、ここで真面目な話してもつまらんから、エッチの話にする。

その前にスペックか。

名前は、とりあえず友香。

28歳でエレクトーンの先生をしてる。

女性としては背はかなり高め。

165cm以上あって、少しコンプレックスみたいだ。

太ってはいない。

特別にスタイルがいいってほどでもないけどな。

ただ脚はすごく綺麗。

脚フェチの俺が認めるんだから間違いない。

胸はDカップって言ってた。

一応、そこそこ美人さん。

結構気は強いが、鬼嫁とかじゃなく、きちんと俺を立ててくれる。

そして、少しうるさいぐらいの世話焼き。

エッチは(他もだけど)友香ペースが多い。

ある日のエッチ。

金曜の夜、俺も友香も明日は休み。

一緒にお風呂でまったりした後、俺が先に出た。

友香はゆっくり浸かった後、お風呂を洗ってから出てくる。

ベッドで本を読んでるところに、風呂上がりの友香が来た。

ガウンの下は裸っぽい。

今日はヤル気満々?

気付かないふりして読書に専念。

ドレッサーの前で髪を乾かしたり、なんかごそごそしてる。

緩めに着たガウン(おい!紐結んでないじゃん!)から乳首がチラチラ・・・。

わざと?

完全にやる気だ・・・。

俺も勃ってきたし。

やっぱ、お風呂で裸見てるのとは、また違うんだよな。

(もちろん、お風呂もそれなりにいいんだが)

しばらくして俺の隣に潜り込んでくると、いきなりガウンを脱ぎ捨てた。

やっぱガウンの下は全裸。

「もぅ、友香ちゃんが来たんだよ。本なんかやめちゃいな!」

本を取り上げてテーブルに伏せると、俺に覆い被さってきた。

「うぁ、ちょ、待って」

キスで口を塞がれた・・・。

俺のパジャマを脱がせにかかる。

基本的には俺もヤル気だから、なされるがまま。

トランクスからチンチンを引っ張り出して擦ってくる。

俺はおっぱいを掴んでムニムニ、乳首をクリクリ攻めてみるが・・・。

(やべ、気持ちいい・・・)

友香の手コキのテクはかなりのもの。

タマタマを優しく揉みながらチンチンを擦ったり、先端の穴を爪で微妙に引っ掻いたり・・・。

友香がその気になると速攻でイカされてしまう。

抵抗を諦めて、快感に身を委ねた・・・。

で、早くも一回目、轟沈。

ドピュッて出るのをティッシュで受け、キレイに拭いてくれた。

見られながら出す・・・この快感は手コキならでは。

そのまま休む間もなく2回目に突入。

布団に潜り込んだかと思うとカポッて咥えてきた。

俺も負けじと69に持ち込む・・・と言うより、友香が俺の顔に跨がってきたんだが。

しばらく、フェラVSクンニ。

気持ちいい・・・。

ギリギリのところでやめてもらって、手コキVS手マンに切替え。

俺だって、いつもやられっぱなしって訳じゃない。

大好きな脚だって触りたいし。

友香のおマンコはもうグチョグチョ。

で、ここで「ちょうだい・・・」とでも言えば可愛いんだけどな。

ウチの場合は「入れるよ!」と来る。

俺じゃない。

友香のセリフ。

まぁ、いいけどな。

勝手に進行してくれるから楽って言えば楽だし。

で、俺の上に跨がって、チンチンを掴んで狙いを定めて、腰を落としてくる・・・。

「ん、あぁぁぁぁ!」

これは友香の声だぞ!

俺は仰向けに寝たままで、たっぷりとしたおっぱいを揉みながら腰を動かす。

こんだけ大きいと乳首弄るより全体を揉むほうがエロい。

パイズリは前に一回だけお願いして、「あは、面白そう。いいよ!」って、やってもらった事があるけど、柔らかすぎてイマイチだった。

俺は趣味じゃないかな。

その時はドピュッて髪の毛にかかってしまって、友香も閉口してたし。

で、話を元に戻して。

友香は俺の肩に手を突いて体を支えながら、動きに合わせてお尻をグイグイ。

この体勢の欠点は、俺の都合が考慮されにくいって事。

何の事かって?

出そうになったからって、動きを止めたり抜いたりができない。

「う、あ、もぅ、やばい。出るかもしんない・・・」

「いいょ!いっぱいちょうだいっ!」

ドクドクッ・・・。

「あふっ!」(これも友香だぞ)

て、最後は中出し。

俺の上に倒れ込んでくる。

しばらくして目を開けると、ニッコリ笑って(やべっ、年上でもやっぱ可愛いわ)、俺の顔中にキス。

「今日は結構長く頑張ったね」だって。

そんな、いつも早過ぎるってほどでもないはずなんだが・・・。

満足して誉めてくれてるみたいだし、まぁいいか。

しばらくして、もう一度布団に潜り込むと・・・。

またチンチンを咥えてきた。

「うぁ、友香、も・・・もぅいいよ!」

一旦口を離すと、「うぅん、ちがくて、お掃除よ♪」ってお口でキレイにしてくれた。

自分のお汁だっていっぱい付いてるだろうに・・・俺にはできないな。

そして、「待っててね」と、ティッシュでアソコを押さえて裸のまま出て行き、後始末をして戻って来た。

その日は、そのまま裸で友香に抱き付いたまま寝てしまった。

翌朝、目を覚ますと・・・。

昨日の夜、寝た時とは逆に、友香が俺に抱き付いて眠っていた。

二人とも裸のままだ。

ガンガン勃ってるし、ちょっと悪戯を・・・とも思ったが生理現象が優先。

友香を起こさないように、そっと起きて、トイレに行き、ついでにシャワーを浴びてきた。

起きるにはまだ早いので、もう一度友香のいるベッドに潜り込んだ。

「うーん・・・」

俺がゴソゴソ動いたもんだから起こしてしまったみたいだ。

また俺に抱き付いてきたかと思うと、パッと目を開き、小さく「おしっこ」だって。

ベッドの脇に落ちてたガウンを羽織って出て行った。

友香もシャワーも済ませてスッキリした様子で戻ってきた。

俺は寝たふり。

友香はベッドの脇でガウンを脱ぎ、裸のままでガウンを畳みだした。

遮光カーテンは引いてあるものの十分明るい。

ちょうど俺の目の前に向こうを向いた友香の裸の太股がある。

気付かれないように、そっと手を出して、お尻からアソコに向かって指先でツツッ・・・ってなぞってみた。

「うひゃぁ!もぉお、エッチぃ!」

太股に抱き付いて頬でスリスリしてみた。

「あん、髭、痛いよ」

もう一度、指でお股をスリスリしてみた。

「もう、だめでしょ・・・あん・・・やだ・・・こらぁ・・・」

指を入れてみた。

「ひゃう!」

ベッドに座り込んでしまった。

膝枕して、脚をさわさわしてみた。

何も言わず俺の頭を撫でてる。

寝返りして友香の方を向いて、乳首触ってみた。

黙って少し微笑んで、俺の頭を撫で続ける。

母性本能を直撃したっぽい。

しばらくして、「寒いよ。ね、入れて」って布団に入ってきた。

そして俺の頭を胸に抱え込んだ。

しばらく乳首吸ったり、キスマーク付けたり、おっぱいに戯れた。

友香は俺の頭を抱いて微笑んでた。

その日は午後から二人でコンサートに行くことになってた。

「ねぇねぇ、なに着て行こうか?」

俺の好みは、もちろん薄手のパンストにタイトミニ。

ニットのセーター。

(これを着ると、おっぱいとか体型がグッと強調される)

少しだけ踵の高いサンダル。

これで友香のキレイな脚が最高に見える。

友香も俺の好みを知ってて聞いてるみたいだ。

だってドレッサーの横には昨日から準備してあるし。

ブランチを済ませて、コンサートには十分余裕のある時間に家を出た。

背が高くてちょい美人で超美脚の友香がミニを穿いて歩くと、すごく人目を引く。

こんな時は俺、一緒に歩くよりも少し離れて見てるのが好きだ。

「ちょっとぉ!なんで離れるのよぉ!・・・なんか、目付きもエロいし!やらしいなぁ」

・・・怒られた。

ただ、自分でもその格好のエロさには気がついてるみたいだ。

明らかに回りの視線を意識してるっぽい。

開演まではまだ時間があったので観覧車に乗った。

向い合せに座った。

一番高い所まで昇ったところで携帯を取り出し、カメラ起動。

友香は少し怖がってるみたいだ。

景色を2~3枚撮った後、カメラを友香の方に向けて、お願いしてみた。

「あのさ・・・膝のバッグ、どけてくんないかな?」

「???」

「あと、脚を組むとかさ・・・色んなポーズあるじゃん?」

「えぇっ?・・・なによ・・・もぅ・・・私のパンチラ見たいわけ?自分の奥さんだよ?」

「はい、見たいです。だけじゃなく撮りたいです・・・。ただ、パンチラよりも脚がメインなんだけど」

「もぅ・・・」

脚を少しだけ開き気味にして、膝のバッグをどけてくれた♪

少し俯き加減だった♪

頬が少し赤くなってた♪

その後、コンサートは感動のうちに終了。

特にここに書くほどのこともなし。

いつもよりちょっと贅沢に食事をして、帰った。

俺たちの日常、こんな感じです。

需要あれば、また書きます。 
サンプル