zxvzx
童顔JCとの初エッチ体験談


これは僕が中2の時の話です。

僕には好きな人がいた。

僕は同級生の双葉が好きだった。

双葉は、女子からは『ふーちゃん』と呼ばれている。

双葉は小柄で、身長150センチくらいだった。

当然おっぱいもそんなに大きくなかった。


双葉の友達から、情報をもらっていた。

「オッパイはBカップ。毛もまだ生えてなく、生理もまだ」だそうだ。

顔はすごく可愛い。

少しぶりっ子だったが、それが僕にはたまらなかった。

僕はそんな双葉が好きだった。

でも双葉は全然エロいことに興味がないようだった。

いつも双葉のいるグループで、エロい話が始まると、そのグループを抜けるのだ。

双葉はスカートを切っていたので短かった。

切っている人は双葉以外にもたくさんいた。

でも双葉くらい男子に人気のある子は、大抵みんなパンチラ防止のスパッツを穿いていたが、双葉は穿いてなかった。

ある時、スカート捲りが流行った。

女子が女子のスカートを捲るのだ。

休み時間に廊下でやるから、パンツが見たい男子は、休み時間になると廊下の傘立てに座った。

僕はそんなことはしなかった。

エロキャラじゃなかった。

学校でエロい話はしたことがなかった。

でも僕もパンツを見たかったので、トイレに行くふりをしてチャンスを窺った。

そしたらいつも通りにスカート捲りが始まった。

双葉は1組で1階、僕は6組なので2階だ。

だが2階に双葉がやってきた。

借りていた教科書を返しに来たようだ。

それを見て廊下にいる男子は携帯を用意していた。

女子が男子に言った。

「ねぇねぇ、ふーちゃんのパンツ見たい?」

「う、うん」

「分かった。よく見ててね」

その女子は双葉にゆっくり近寄っていった。

男子は携帯カメラを双葉に向けている。

その時だった。

女子の「それっ!」という声と共に双葉のパンツが見えた。

パシャッ!というシャッター音もよく聞こえた。

「キャ!」と双葉が言った。

白いパンツだった。

双葉は涙目になっている。

そして、「やめてよ」と言い残して、双葉は非常階段の方に走っていった。

僕もしばらくしてからその後を追った。

階段で双葉は泣いていた。

とても可哀想だった。

僕は声を掛けた。

僕「大丈夫?」

双葉「うん」

とても力のない声だった。

僕「先生に言う?」

双葉「いい」

僕「そうか」

双葉「ありがとう」

そしてチャイムが鳴り、双葉は帰っていった。

それからずっと双葉のことが気になっていたものの、会うことはできず、クラブも終わった。

いつも通り帰っていると、後ろから双葉が走ってきて、隣で止まった。

双葉「さっきは・・・ありがとね」

僕「うん」

双葉「◯◯も私のパンツ見たの?」

◯◯というのは僕のことだ。

僕「うん。ごめん・・・」

双葉「◯◯は悪くないよ」

僕「うん・・・」

気まずいまま一緒に帰った。

双葉「バイバイ」

僕「あっ・・・バイバイ」

家に帰った。

夜になり、日課のジョギングをしていると塾帰りの双葉に会った。

双葉「よッ!!」

いつもの元気な双葉だった。

僕「よお・・・」

双葉「あのさあ・・・。◯◯にお願いがあるんだけど・・・」

僕「なに?」

双葉「勉強教えてくれない?」

僕「いいよ」

親には『少し遅くなる』とだけメールして、双葉の家に行った。

きれいな部屋だった。

普通に勉強を教えていたら、「お茶入れてくるね」と言って双葉が部屋を出て行った。

その隙に僕はタンスを見た。

タンスの引き出しの下から2番目に、今日見た白いパンツがたくさんあった。

どうやら白いパンツしか穿かないらしい。

見ていたら双葉が帰ってきた。

慌てて閉めようとしたら、パンツが挟まって閉まらない。

双葉にばれてしまった。

僕「・・・ゴメン」

双葉「◯◯ってエロいの?」

僕「えっ・・・うん・・・」

双葉「な~んだ!!そうだったんだ!!」

僕「えっ?」

双葉「私ね、◯◯のことが好きなの」

僕「!!!」

突然の告白に戸惑った。

双葉「それでね、◯◯はエロいの嫌いだと思ってたから、エロい話はしなかったんだよぉ」

僕「ねぇ・・・それなら、俺と今からエッチできる?」

双葉「いいよ♪」

僕「じゃあ・・・しよっか・・・」

僕は服を脱がせた。

形のいいおっぱいがあった。

そして双葉の友達が言っていたように、まんこはツルツルだった。

僕「オナニーしたことあるの?」

双葉「いつも◯◯のこと思いながらしてるよ」

その言葉に勃起。

双葉「あー!立ってる!!触っていい?」

初めて見るちんちんに興味津々の双葉。

双葉「カッターィ!!でもこんな大きいのはいるかなあ・・・」

僕「オッパイ揉んでいい?」

双葉「えぇ~・・・あんまりないよ・・・」

揉んだらめちゃくちゃ柔らかかった。

双葉「ん・・・」

少し感じているようだ。

次はおまんこ。

土手がとても柔らかい。

クリらしいものを触った途端、「きゃん!!」と言って絶頂に達した。

しばらくして、「もー・・・もうイッちゃった・・・。◯◯だけずるいよ!」と言ってちんちんを咥えてきた。

だが、双葉の小さい口では半分くらいしか入らない。

でも、フェラと手コキで僕もイッてしまった。

「やった!◯◯をイカせれた!」と喜ぶ双葉。

考えられない量の精子が出た。

双葉「もうだめ・・・入れて?」

双葉が言ってきた。

入れた。

処女は痛いって聞いたことがあるけど・・・。

双葉「あん!」

双葉はあまり痛がらなかった。

そして徐々にスピードを上げていく。

双葉「あん!やっ!やばいよお!!オナニー・・・あん!より・・あん!・・・だいぶ気持ちいいよぉ!あん!」

僕「うおおおっ!どこに出せばいい?」

双葉「中!!!中に出してぇ!!!」

僕「イクぞお!!」

双葉「私も!!」

2人はイッた。

まんこから出る精子。

僕が帰ろうとしたら後ろから双葉が、「またやってね♪」と言って来たのでグーサインで返した。

それから双葉と付き合い始め、月三回ペースでやってます。 
サンプル