xxxx
淫乱な未亡人の変態オナニー体験談


私はドスケベで淫乱な女なんです。

今までは人妻として、夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり未亡人になると、欲求不満が募り、さらに痴女になってしまいました。

幸いにも夫は多額お生命保険をかけていてくれたので、一人息子も東京の大学に入れることができ、死んだ主人にすごく感謝しています。

私は今のところ身内の会社の手伝いをしているので、生活に困ることはないのですが、あっちの方がすごく困っているんです。


主人がいない以上、私の乾ききったおまんこにおちんちんを入れてくれる人は居ないし、浮気をするわけにもいかず、週に3回はネットで色々とおかずを探してはオナニーしてるんです。

こっそり通販でバイブも購入し、数本持っています。

家は1軒屋で、今は私1人で住んでいるので、主人との若い頃のことを思い出しては、仏壇の前で足を広げてバイブを突っ込んでオナニーをしています。

仏壇の前だと、主人が私の中に入ってきてるみたいに思えて、私は涙を流しながら絶頂を迎えます。

ちょっと変態オナニーかもしれまんせが、夫の事を今でも愛してるんです。

でもやっぱりオナニーだけじゃ限界があります・・・。

だから例えば、宅配便のお兄さんが来ると、お兄さんの筋肉質な腕とか見てるだけで、自然とアソコがおまんこ汁で濡れてきたりするんです。

(あの腕で抱かれたら・・・若い人のおちんちんを舐めたい・・・)

宅配便の人が来るだけで、色々なことを想像しちゃうんです。

だから私は相当欲求不満です。

先日なんか、未亡人モノのアダルト動画をダウンロードして、女優さんの喪服姿を自分と重なり合わせてオナニーすると、バイブの振動でだけで何回でもイケそうなくらい興奮したんです。

でもやっぱり男性の本物のおちんちんが欲しいんです。

興奮も最高潮に達すると、潮を吹くようにもなりました。

早くこの潮吹きを誰かに見てもらいたい。

誰かに指をおまんこに突っ込んでもらって、グリグリされて、最後に勃起したおちんちんを思いっきり突っ込まれて、後ろから四つん這いにされて、そのまま潮を噴いて・・・。

こんな想像ばかりなんです。

やっぱり家に1人でいると変なことしか考えませんね。

今まで貞淑な妻だったので、自分がこんなにスケベだなんて人には言えません。

どちらかというと上品で通っている私としては、そのイメージを崩したくないし・・・。

でも、「本当はおちんちんが欲しいスケベな女なんです!」って思いっきり叫びたい気もします。

でも、そんなある日、ネットでスケベなことを探していると、ふと目に留まったものがあるんです。

それはネットカフェです。

若い人が利用しているのでしょうが、ネットカフェでエッチしたとか、男性はアダルト動画を見ながらオナニーしてるとか、色々なことが書かれていたんです。

(これしかない!)

私はそう思いました。

しかし、地元の街のネットカフェでは顔がわかるといけないので、わざわざ電車で都心まで行く必要があります。

翌週の平日に休みが取れたので、都心まで電車を乗り継いで、あるネットカフェに会員登録したんです。

そこはアダルトコーナーがあって、DVDも見放題で、恐らく男性にとってはこれ以上ない場所だと思ったんです。

だから私は、雑誌とかDVDを探すふりをして、アダルトコーナーから出てきた若い男性を逆ナンパしようと考えたんです。

私の予想では、ネットカフェみたいな密室では必ず男女でスケベなことをしているし、男性ならきっとオナニーしてるはずと勝手に思い込み、いよいよオナニーしてる男性を探しに来たのです。

抜きたい男と舐めたい女。

互いの条件が一致するところは、ラブホテルかネットカフェしかありません。

どちらも密室・・・。

会員登録を済まし、若い男性店員に部屋に案内され、簡単にパソコンの使い方や、ドリンク、食事の説明を受けました。

今すぐ部屋の扉を閉めて、意外にかっこいいこの店員の股間を触りたいという気持ちを抑えながら、説明を聞きました。

もうムラムラしすぎて、私は痴女ですらなく、ニンフォマニアになっていたかもしれません。

パソコンの電源を入れると、アダルトメニューはすぐに見つかりました。

私は題名と画像を見ただけで、おまんこがグチュグチュになってきていた。

恐らくこの動画を見て、ここに来る男性はマスターベーションをしているはずで、早く触りたい、早く舐めたいと思うと、自然とオマンコに手がいっていました。

ここのネットカフェは、ドアがあるといっても上半分くらいしかなく、犯罪防止という面があるのでしょうが、カップル席なんか見ると、下半分はタオルケットや毛布で隠していて、きっとエッチなことをしているのでしょう。

ということは・・・、下半分を何かで隠している一人用のブースは、それが男性だと何かしてるはずです。

仕事で来てる人はビジネスブースにいるはずなので、とりあえず1人で来ている男性を探せばいいし、アダルトコーナーから出てきた人だと間違いなくスケベなことをしている。

もう私は普段の自分ではなかった・・・。

貞淑な妻でなく、ただの欲求不満で淫乱な未亡人である。

雑誌を探すふりをしてスケベなものを持っている男性を物色していると、なかなかかっこいいサラリーマン風の男性を見つけた。

後をつけてみると、やはり個室のドア下半分は毛布で隠している。

この男性なら私のストライクゾーンなので問題ないと思った私は、少し時間を置いて自分のブースに戻り、口臭予防のスプレーを口に吹きかけると、その男性のブースへ向かった。

ドアを静かに開けると、男性は案の定、エッチな動画を見ながらシコシコしていた。

やっぱり!

小さな声で話し掛ける。

「すみません」

「あっ!な、なんですか?」

男性はシコシコしていた下半身を慌てて服で隠した。

「私でよかったらお手伝いしましょうか?」

すると男性はびっくりした表情で、「一体どういうことですか?」と聞いてきた。

「お金は入りませんから、あなたのことが気になって・・・」

「・・・いいんですか?」

「はい」

私は素敵なサラリーマンの座っている椅子の前に強引に入り込み、しゃがみ込む。

下半身を隠していた服を剥ぐと、彼の勃起したペニスが顔を出し、先っちょから我慢汁みたいな透明な液が出ていた。

もう少し舐めたら射精するなと思い、お口でペニスを咥えた。

「あ~、気持ちいい」

彼は女の子みたいに喘いだ。

そして私の胸を服の上から揉み始めた。

「感じるでしょ、あ~ん」

彼はイキそうになったのか、急に顔をしかめて、「あ~、出るっ」と小さく叫んだ。

私の口の中に大量の精子が放出された。

私はその精子を飲み干した。

パソコンの画面を見ると、ちょうど熟女のフェラチオシーンだった。

私はおまんこに指を突っ込みながらオナニーを続けた。

満足した私はお礼を言って、自分のブースに戻ってきた。

ほんの数分の出来事だったが、すごくスリルがあって、そのまま再び、私はブースでクリトリスを弄りながらオナニーに耽った。

最近では月に1~2回ネットカフェに行って、素敵な男性のオナニーサポートしつつ、自分もオナニーするのにはまっています。 
サンプル