RS=^ADBjB8Fgw3B403uSEmzGRiojEqDX24-
美人な人妻との浮気セックス体験談


最近、とあるサイトでメル友募集をしました。

内容は至って真面目です。

決して出会い系のようなサイトでもないし、内容も真面目なメル友募集だったのですが、募集出してからメールが来るわ来るわで、全部で20通近く来ました。

まぁほとんどが30代前半から40代の主婦なんですがね。

その中で最初からご主人への不満を訴えるメールをくれた35歳の人妻なんですが、向こうから会ってみたいと誘いを受けました。


こちらとしてはどんな人が来るかわかりませんので、軽く食事をしてお喋りをする程度の軽い気持ちで出掛けたわけです。

待ち合わせ場所に行ってみたら、見た目は20代後半にしか見えない男好きしそうないい体をした女性が待ってました。

メールでは何度か『誰に似ている?』などの質問はしたのですが、なかなか答えないことから、あまり期待もしていませんでした。

彼女も最初のうちは緊張して俯き加減だったし、助手席に乗せていたのでまじまじと顔を見ることができなかったのですが、ファミレスに行ってお茶を飲みながら話してるうちに緊張も解けたのかニコッと笑ったのです。

驚きました。

信じてもらえないかもしれませんが、笑った顔が松嶋菜々子にそっくりだったのです。

一気に戦闘モードに入ってしまいました。

話を聞くと、これまでこうやって他の男性と会ったりしたこともなく、誘われることは多くてもあまり気が乗らなかったとの事ですが、最近ご主人と決定的な喧嘩をしてしまい、その日はちょっとヤケになっていたようです。

話をじっくり聞いてあげて、近くの海沿いの駐車場に移動したところでエロネタを振りつつ様子を見ていると、決して嫌ではない様子。

軽く耳元から頬の辺りにキスすると、ちょっと可愛げな声を漏らしました。

そのあとは唇にキスをして、「もっといちゃつきたい・・・」と誘うと、小さく頷いたのです。

その夜は長めに前戯を行い、あまりハードな事はせずにお互い楽しんで別れました。

それから一ヶ月、もう7回くらい会ってます。

しばらくご主人とのセックスが無かったせいか、彼女は夢中になりました。

本当はとても乱れたいという願望があったようですが、淡白なご主人では満たされず、相当欲求不満になっていたのでしょう。

会ってヤルたびにどんどんエスカレートしていくのです。

先日、平日の昼間に会えることになって、その際、リクエストをしたのです。

『ミニスカ、ノースリーブ、ノーパンで来て』と。

半分冗談のつもりでしたが、『わかりました』と言う彼女の返事に一気にボルテージが上がりました。

そして当日、待ち合わせ場所に行くと、リクエスト通りの服装で、普段よりちょっとハデ目な化粧をしたその人妻が待っていたのです。

もともと可愛い系の顔でしたから、逆に妖艶な感じで綺麗でした。

ただリクエストと違ったのは、やはり素足にミニスカ、ノーパンはきつかったらしく網タイツを履いて来てました。

それはそれでかなりそそられましたが(笑)

以前から自分はザーメンを飲ませたり、顔にかけるのが好きでした。

女性の多くは「AVの見すぎじゃない!?」と抵抗を示すのですが、この人妻は若い頃に付き合っていた彼氏に毎日のように飲まされた経験があり、まったく抵抗がないことがわかりました。

ちなみにご主人はそういった要求をしないので、ご主人のは飲んだことが無いそうです。

近頃は最後は必ず口や顔にかけてます。

笑いながらザーメンをかけられ、舌で口の周りまで集めて飲み干す姿はたまりません。

ミニスカで来てくれた時は、自分も仕事が忙しい毎日が続いていたのでものすごく溜まってました。

10日近く出してなかったかもしれません。

その時は最後に口を大きく開かせ、舌を出させたところに思いっきり濃いのを出しました。

あまりにも量が多かったせいか飲みきれずに口から溢れさせてしまい、顎からダラダラとザーメンを滴らせながら「ごめんなさい」と謝る彼女に、まだ全て出し切っていないチンポを丹念にしゃぶらせました。

彼女がむせたので、半分で出すのをやめたのですが、まだまだザーメンは出る気配です。

最後は咥えさせたまま頭を押さえつけ、喉の奥に残りのザーメンを全て出し尽くしました。

唾液と精液だらけになった彼女の顔をいつまでも見ていました。

これからも色々試したいと考えています。

でも、この人妻とは遊びというより結構ラブラブでして、「なんでもして欲しいことをしてあげる」と言ってくれます。

しばらく他の女は要りません。 
サンプル