uikl
イケメンに寝取られた人妻の体験談


わたしの仮名はサチコとして下さい。

主婦で、主人と子供も2人です。

優しい夫と元気な子供たちで私生活は十分満足しています。

仕事は、週4日のパート派遣です。

主人の収入は安定していますし、仕事もそこそこ充実しています。

その社内の同じ課に、イケメンの中堅社員K君(29才・独身)がいます。


私に仕事も親切に教えてくれるし、仕事もできる。

イケメンだけあって女子社員からも人気の的です。

やっぱり、私も、「かっこいいな~」の感情は、ありました。

そんな中、課の飲み会のある日のことです。

1次会は楽しく大変盛り上がり、いざ2次会だと皆で店を出たら、私は、はぐれてしまいました。

きょろきょろ周りを探していると、K君が声をかけてきました。

「はぐれちゃったよ。どうしようか。2人で飲みましょうか」

と私にいいました。

その日は、私も時間に余裕があったので、2人で彼の知る店に行きました。

大変おしゃれな店で、カップルにはぴったりの雰囲気の店でした。

私は昔の若い時代に戻った気分でした。

店を出て、2人で街を歩いているうちに、ラブホテル街に入ってしまいました。

私が下をうつむきながら歩いていると、

「少し休んでいきますか」

と私に言ってきました。

私は思わず、「え~」と驚いた声で答えてしまいました。

私自身男性経験人数は非常に少なく、夫と結婚してからは、夫以外の男性とのセックスは全くありませんでした。

私は夫を愛しているし、私が「浮気」だなんて、考えられなかったのです。

しかし、彼は私の中にある、ちょとした「期待感」を悟ったのかもしれません。

私の手を握り、ホテル内に誘い入れたのです。

「ちょと待ってK君」

と私が言う間もなく、彼は私を強く抱きしめディープキスをしてきました。

その舌の巧みな動きに私はハットしました。

私は、覚悟を決めたものの、何とも気になったのが部屋の明るさでした。

夫とのセックスでは当初から、必ず部屋を暗くして営んでいたからです。

「K君。お願い。部屋をもう少し暗くして」

と頼みましたが、彼は少しライトを落としただけです。

私にはまだ、明るすぎました。

「サチコさんのそのままを見たいんだ。オレ」

と言いながら、彼は私をベッドに押し倒しました。

夫にも、明るいところで裸を見せたことがないのに。

それを、夫以外の男性にこんな明るいところで。

そう私が考えても、彼の動きは変わりません、私の服を1枚、1枚手際よく脱がせていきました。

あ~、この人女の扱いに慣れているんだな。と思いました。

そうするうちに、私はショーツ1枚。彼はトランクス1枚の状態になっていました。

ディープキスをされ、胸を舌で愛撫されながら、彼の手は私のショーツの中に入ってきました。

お尻から、アンダーヘアー、そして私の大切な所へと彼の手がきました。

「サチコさん。もう、グッショリだよ」

と私にささやきかけました。

明るくて恥ずかしいのに、私はアソコをしっかり、濡らしていたのです。

体が、自然と反応していたのです。

次に彼は、私の手を握り、私の手を彼のトランクスの中に導きました。

「すごい。大きい」

思わず私は、言ってしまいました。

夫より、太く、長い肉棒に驚いてしまったのです。

私は、

「こんなのがもうすぐ、私の中に」

そう思わず思いました。

そして、いよいよ彼が私のショーツを脱がしました。

とうとう明るいところで、私の全裸が、夫以外の男性にされだされてしまったのです。

彼も、トランクスを脱ぎ捨てました。

明るくて恥ずかしいと思っていたのに、やっぱり目線は彼の股間に行きました。

再び、彼の肉棒を見て、驚きました。

夫よりはるかに黒々と大きく、血管も浮き出ていたからです。

そして、当然、彼の愛撫が私の、クリトリス、膣口へ始まりました。

夫とは違う(上手な)愛撫に私は、大声になるのを必死で絶えながら、反応を示しました。

充分彼に愛撫されると、彼は自分の肉棒を私の顔のところへ近づけてきました。

私はそれに応え、一生懸命、彼の肉棒にフェラチオしてあげました。

大きくてあごが疲れてしまいましたが、私も興奮していました。

彼は

「サチコさん。そろそろ、サチコさんの中に入るよ。ノースキンでいいかな。」

と言い、私の両足を抱え、大きく開かせました。

その日、安全日だったので抵抗はしませんでした。

夫のものより大きい彼の肉棒が、私の中に入ってきました。

私は「ウ~ッ」とうめき声をあげました。

彼は私の耳元で

「奥さん。どう。感じる」

とささやきました。

私の名前ではなく「奥さん」という言葉に、ゾクゾクとされました。

その瞬間、堤防が切れたように私の感情は爆発してしまいました。

「感じる。感じる。イ~」

と大きな声をあげてしまいました。

彼の肉棒に、突かれるたびに

「イ~。モット、モット。オマンコ気持ちいい。おちんちん好き」

と信じられない言葉を発してしまいました。

また、驚いたのは夫とは違う彼の持続力でした。

私は、興奮の度合いが、どんどん増していきました。

もっといやらしい格好で攻められたいと思っていると、彼は私を四つんばいにしました。

夫以外の男性に私の恥ずかしいところを、後ろ向きにさらけ出してしまう。

私は一層興奮しました。

「バック好き。バック好き。もっと突いて」

と叫びました。

私は、貞淑な妻から、一匹の「メス」になってしまいました。

さすがの彼も、私の淫乱な姿を見て耐えられなくなったのでしょう。

彼が私の中に、快感を放出してきました。

彼の勢いよく放たれた精子が、私の子宮の壁に当たったのがはっきりわかりました。

私は、汗びっしょりでした。

彼の体液が、汗腺から吹き出るような強烈な興奮でした。

その後、彼とは関係をもったことはありませんが、家に一人でいるとついあの時のことを思い出し、自分を慰めてしまっています。

また誘われないかな。こっちから誘うかな、と迷う日が続いています。
サンプル