0158
近所の小学生に妻を寝取られた体験談


私達夫婦には子供がいません。

妻が学生の時からエッチな事を繰り返し、妊娠・中絶を繰り返した罰でしょうか?

妊娠出来ない体になってしまったんです。

私達は出会い系サイトで知り合いました。

妻が子供が出来ない身体と言う事は初めから知って居ました。

私30歳・妻28歳


最近、近所のA君(9歳)がよく遊びに来ているのを目撃するんです。

妻に聞くと、近所に住んでいる高橋さんの所の子供らしく、鍵っ子だそうです。

両親は共働きで、一人っ子のA君はいつも学校が終わると一人で留守番をしていると言うのです。

そんなA君が可愛そうで妻が”遊びにおいで”と誘ったのが始まりの様です。

高橋さん(旦那45歳・奥さん44歳)夫婦は、妻の行為に甘え子供が遊びに来ている事を認識していました。

A君が来てから、妻は何だか元気になった様にも感じます。

高橋さん夫婦は、日によっては帰宅が20時を過ぎる事も度々で、A君はほぼ毎日我が家で夕食を食べる様になっていました。

その日、私はいつもより早く帰宅すると、玄関にA君の靴がありました。

”今日も来ているんだな”そう思いながらリビングへ向かいうと人気がありません。

そんな時、風呂場から笑い声が聞えたんです。

脱衣場へ向かうと、何と!!!妻とA君が風呂に入っていたんです。

妻の楽しそうな声、そしてA君の笑い声です。

私は、妻の嬉しそうな声に安心し、2階へ着替えに向かいました。

着替えも終わり、1階へ降りると妻の言葉(ここに興味あるの?)が気になったんです。

”ここって?何処だ?”脱衣場で耳を傾けると、

「ねぇ、ここ触ってみて・・・」

「いいの?凄いヒクヒクしているよ」

「ここの塊を指で撫でて・・・」

「コリコリしている・・・気持ちいいの?」

「ん~凄く気持ちいいの・・・A君上手ね」

「何だか出て来てるよ?何」

「お姉ちゃん気持ち良くなると汁が出るの?もっともっと真近で見て」

「ん~お母さんとはちょっと違うね。お母さんのはもっと黒くてビラビラが大きいよ」

「そうなんだ!ここに指入れて見て」

「ここ?なんだか吸い付いて来る感じだよ」

「そう!もっと奥まで入れて見て」

「こう?痛くないの?」

「気持ちいいの!A君上手だからね」

驚きました。妻がA君に・・・。いつから?

リビングで妻達が上がって来るのを待ちました。

妻は一瞬驚いた表情を浮かべましたが、A君には悪びた様子はありません。

「帰ってたの?」

「あ~何だ2人で風呂か?親子みたいだな」

「A君汚れて帰って来たから、洗ってあげたのよ」

「そうか!」

「ご飯の準備するから、待ってて」

妻に問い詰める事は出来ませんでした。相手は小学生!直ぐに飽きて止めると思っていたんです。

翌日も、そして翌々日も2人は一緒に風呂に入って妻は弄らせていました。

まだ小学生とは言っても昔と今では違います。A君は体格もクラスで良い方で、妻と身長もほぼ互角です。

エッチな事も多少は知って居るんだと思うんです。

このまま、触る程度で終わるのか?不安でした。

数日して、A君の両親が遅くなると言うので、我が家に泊まる事になったんです。

私は仕事でちょっと遅くなると妻に電話を掛け、2人の様子を伺う事にしました。

車は近くの広場に停め、歩いて自宅へ。風呂場から声が聞こえるので、近寄って耳を傾けました。

「A君、今日は何しようか?また触る?」

「ん~ペロペロして欲しいなぁ」

「ぺロぺロ気持ちいいの?」

「うん!凄く気持ちいいよ!じゃ、ここに立って」

「凄く大きくなってるね!ペロペロするよ」

「う・う、もっと吸って・・」

「玉も舐めて綺麗にしてあげるね・・・今度はお尻」

「凄く気持ちいいよ!今度は交代」

「馬になって・・・もっとお尻高く上げないと舐めて挙げないよ」

「こうですか?これでいいの?」

「もうエッチだな!蜜が溢れているぞ!」

「だってA君のチンチン美味しくて・・・」

「ペチャ・ペチャ・もう口の中蜜でベタベタになっちゃたよ!お仕置きにここを吸ってやる」

「駄目~そこ気持ち良すぎるの・・あ~」

この数週間で、妻とA君がここまでする様になったとは・・・

リビングに戻った2人は全裸!A君のチンチンはまだ包茎だったが、小学生にしては大きい方だろう。

このまま放置すれば、やがて妻とA君は繋がる時が来てしまうと思う。

そして、きっとA君は妻の事を話し仲間の子供達の玩具と化してしまう。

そんな心配する今日この頃です
サンプル