304099458e296283df057e364ce1b14e
妻を後輩に抱かせてハメ撮りする夫の体験談


私の後輩に妻を貸し出すようになってから、

妻は後輩とのデートの前後には私の機嫌を取るために面倒臭がっていたフェラチオなどの要求にも、

積極的に応えるようになりました。

私は後輩にビデオでのハメ撮りも頼んで楽しむようになりました。

それだけではなく野外露出などの調教も、後輩に依頼してビデオで撮ってもらって、

それを一人で見て楽しむようになりました。


サンプル
後輩もまた私の妻を抱く代償ではあっても楽しんで撮っているようでした。

その中でも昨年の秋に撮ったものは特に良かったので内容を紹介します。

最初は妻がミニスカートで登場し、辺りをキョロキョロと見回しながら、

自分でスカートをチラッとめくり上げると中はノーパンでヘアを剃った。

ツルツルのあそこが丸見えになっていました。

妻は恥ずかしそうにすぐにスカートを元に戻して誰かに見られなかったかと辺りを見回しました。

それから後輩の声がして、妻は彼に言われるままにそこにしゃがみ込んで恥ずかしそうに少しずつ脚を開き

「本当にするの?」と後輩に聞いてから、チョロチョロと小便を出し始めました。

すぐに小便は勢いを増したかと思うとシャー!と音を立て、

画面には妻の小便を出している部分がアップになりました。

場面が替わり、どこかのデパートのエスカレーターに妻が乗って上がっているシーンになりました。

カメラは下から妻のスカートの中をあおって、

ノーパンの妻の尻の割れ目がはっきりと見えました。

その後はデパートの店内らしい婦人服の売り場の中でスカートの前や後ろを嬉しそうにめくって、

見せる妻が映されました。

それから急に場面が替わってホテルの室内になりました。

妻がシャワーを浴びている様子が映されてから、バスタオルを巻いた妻がカメラの前に寄ってきて、

そこにある巨根にしゃぶりつきました。

妻は幸せそうに大きな肉棒を音を立ててしゃぶってから

「こっちも?」と巨根の下の方を指差して、

片手で肉棒を握って擦りながらその根元の袋に舌を這わせました。

妻の舌が袋よりも舌の方に進むと、カメラはアングルを変え、

画面は少し震えながら妻が彼の肛門に舌を這わせる様子を映しました。

妻は指で彼のその部分を左右に広げながら、舌を刺し込むようにしていました。

やがて妻が「ねえ。私にもして」と言うとカメラは寝そべって脚を開いた。

妻の局部を大写しにして、彼の指が妻のその部分をかき分けていじる様子を映し出しました。

彼の指が包皮をめくり上げてクリトリスをいじり始めると妻は大きな声を上げて喘ぎ始めました。

妻が感じて妻のそこがキュッと締まると卑猥な穴から溢れた愛液が流れ出しました。

しばらくすると妻が「お願い。もう入れて」と言いました。

彼が指を3本入れると妻は感じて声を上げながら「それじゃなくてあなたのを入れて」と言いました。

彼が意地悪く「何を?」と聞くと妻は「おちんちん」と言いました。

カメラは彼の目線から妻の局部と彼の巨根を映し出しました。

彼はまだ意地悪く「どこに?」と聞きました。

妻は恥ずかしそうに「お○んこに入れて」と言いました。

彼の巨根が陰毛をツルツルに剃られた妻の局部にゆっくりと押し込まれていくと

妻は「ああーっ!」っと声を上げました。

巨根はゆっくりと何度か妻の中に入ったり出たりしてから動きを速めて行きました。

妻は動きに合わせて「あっ!あっ!」と声をあげました。

カメラは彼らの横に置かれて二人を映しました。

彼は妻の脚を持って開きながら激しく突いて妻をイカせました。

それから彼は妻に「上になって」と言ってカメラを持って寝そべりました。

妻が彼の肉棒を握って自分のあそこに当て、

それが飲み込まれて行く様子がアップで映し出されました。

妻が腰を動かし始め、カメラが上にアングルを変えていき、

妻の乳房が揺れている様子を映し、

さらにアングルを変えると大きく口を開けて

「あっ!あっ!」と感じて声をあげている妻の快感に歪んだ顔が映りました。

しばらくすると妻は四つん這いにされてヒップが大写しになって、

彼の肉棒がバックで挿入される様子が映されました。

彼は腰をゆっくり動かしながら、妻のアヌスに指を1本2本と入れていき

「そのうちにここにも入れてやるからな」と言いました。

妻は感じて声を上げながら「うん。入れて」と言いました。

カメラはしばらく彼の肉棒と指が妻に入ったり出たりする様子を映してから再び二人の横に置かれました。

彼は妻の腰をつかんで激しく腰を打ちつけながら突きました。

妻はイキ始めて顔も肩もベッドにつけて尻だけを高く上げた状態で目を強く閉じて

口は大きく開けて大きな声を上げて感じていて顔は快感に歪んでいました。

妻のあそこも空気が入ったり出たりする屁のような卑猥な音を立てていました。

彼が「イクぞ!出すぞ!」と言うと妻は「うん。ちょうだい」と言いました。

彼が「どこに?」と聞くと妻は「お○んこの中に出して」と言いました。

そして「もう壊れちゃう!出して!」と言いました。

彼は「ううっ!」と言って奥まで何度か押し込みながら出したようでした。

妻は「ああーっ!」と言いながらそれを受け入れました。

彼が妻から肉棒を抜くと妻はすぐにそれをなめようとしましたが、

彼が妻を制してカメラを持って妻のあそこをアップにして彼の精液が流れ出す様子を映しました。

それからベトベトの肉棒を疲れた様子の妻が嬉しそうになめて、

きれいにする様子をアップで映しました。

それから妻が「ねー。毎週うちに泊まりに来てよ。もっといっぱいしたい。毎週1回泊まりに来てデートも1回か2回しようよ。」と

彼に甘える様子をアップで映しました。

彼が「でも先輩に悪いからなー。」と彼が言うと

「そんなことないよ。だってうちの亭主はこんなに気持ち良くしてくれないもん。ねー。何でもしてあげるからさー。」と妻は彼に甘えました。

彼が「でも俺だけ何回も泊まりに行くのは怪しまれないかな?」と言うと

妻は何と「じゃあ、他の人も連れてきて3Pしちゃう?」と言い出しました。

彼が「マジ?」と聞くと妻は「あなたが一緒なら何でもいいよ」と言いました。

妻が3Pしてみたかっただけだと思うのですが。

それから妻がまたフェラチオして「もう1回して」と言ってカメラは2回目を写し始めました。

彼が激しく突いて何度も妻をイカせてから「ねえ。飲んで欲しいな」と言うと

妻は「もう1回してくれるなら飲んであげる」と言いました。

彼はもう一度することを約束してからさらに激しく妻を突いて、抜いた肉棒を妻の口の前に差し出しました。

妻はそれを手で握ってしごきながら先を口に含んで吸い出して喉を鳴らしながら飲み込みました。

最後の一滴まで吸い出してから妻は彼に「気持ちいい?」と聞きました。

彼は「うん。すごく気持ちいい」と答えました。

3回目は妻のアヌスに彼の巨根を入れようとしていましたが、

妻が痛がって途中で断念してあそこに入れて中出しして流れ出す様子を再び写していました。

その時の話が元で後で3Pもさせたのですが、その話はまた別の機会にします。
サンプル