erty
JKがクラスメイトに筆下ろしした体験談


高校の修学旅行の時です。

私はクラスの女の子たちと、仲のいい男の子の部屋に遊びに行きました。

トランプをやって盛り上がった後、男子の布団に女子一人ずつ入って、みんなでエッチネタで盛り上がっていました。

その中に童貞の男の子が一人居ました。

私は童貞君の布団でした。

そのうちに話は、その童貞君の所に向いていきました。

サンプル

彼は付き合ったことはあるけど、奥手すぎで胸も触ったこともキスもしたことも無い人で、みんなでそれをからかって、奥手の童貞君に胸を触らせてみようってことになりました。

私はその当時20人くらい経験して男馴れしていたし、ちょうど童貞君の布団に入ってたしってことで、その役は私に決まりました。

男の子達が無理やり童貞君の腕を掴んで、私の胸を触らせようとしました。

だけど童貞君はかなり照れて抵抗していました。

私は別にどってことなかったんで、私もふざけて胸を触らせようとしたけど、やっぱり抵抗しました。

見兼ねた他の男子が私の胸を思いっきり揉んできました。

私が20人くらい経験してるのをみんな知っていたので、他の男の子も遠慮なしに次々と揉んできました。

でも、全員揉み終わっても童貞君は参加して来なかったので、なんだかムカついた私は童貞君の股間に跨って、寝間着の上から騎乗位のモノマネをして盛り上げていたら、なんだかムキムキ勃起したペニスが硬くなって私のクリトリスに当たって、さすがの私も濡れてきちゃったんでやめました。

再び童貞君の布団に入り、みんな疲れたんで寝ました。

私は童貞君が腕枕をしてくれたのでそこで寝ました。

みんなも寝静まった後の事です。

みんなのいびきが聞こえだしてきた頃、私はまだ寝れなくてたぬき寝入りをしてました。

そしたら隣で寝ているはずの童貞君が私の方を向き、いきなりキスをしてきたかと思ったらディープキス。

次はキスをしながら乳首をクリクリ、そして胸をモミモミ。

胸から下へだんだんだんだん手が伸びていきました。

私はちょうど彼氏がしばらく居なくてかなりの欲求不満で、もうパンツの中はそれだけでヌレヌレでした。

その手はだんだんとパンツに近づいてきました。

パンツの上から童貞君が指でクリトリスを激しく前後に擦りました。

私は感じてしまって、「あ・・・あっ・・・」と声を出してしまいました。

私が起きていることに気付いた童貞君は、私が抵抗をしなかったので、やってもいいと思ったらしく、さらに激しく擦ってきました。

太腿あたりを焦らすかのように触り、パンツの中に童貞君の手が入ってきました。

その時もう私のパンツの中はぐちょぐちょで、外から触っても濡れているのが判るくらい、パンツが湿っていました。

童貞君の手がパンツの中に入ってきて、マンコの方に来ました。

指をマンコの中に入れたり出したりし始め、マンコの音がぐちょぐちょしてきた頃です。

マン汁がたっぷり付いた手で童貞君は私のクリトリスを弄り始めました。

そんなことされたら私もすごく感じちゃって、声が少し大きくなってしまって、息遣いは「はぁ・・・はぁ・・・」。

ますます興奮した童貞君は激しくクリトリスを擦り始め、マン汁を付けると感じるのが判ったのか、マンコからマン汁を掬うようにクリトリスを擦っていました。

私はすごく気持ちよくなってしまって、「◯◯くん・・・いっ・・・イクぅーっ」と気持ちよくイカしてもらいました。

それから童貞君は私の脚を軽く持ち上げ、自分のモノを私の中に入れようとしました。

最初はマンコの場所が判らなかったみたいだけど、亀頭で探してやっと見つけると、ぬるっとした私のマンコにヌプッと入っていきました。

彼は今まで見たこともない気持ちよさそうな顔で、入った瞬間、「っあー・・・」と声を出し、腰を動かし始めました。

私はやっぱり童貞なので物足りなくなり、「◯◯君、私が教えてあげるっ」と言って彼と場所を交代し、騎乗位の状態になりました。

腰を上下に動かしながら彼の気持ちよさそうな顔を見てると、自分もだんだん気持ち良くなり、マン汁がマンコから漏れてきました。

そうなったところで童貞君が正常位に戻して、一生懸命腰を振りました。

私は気持ち良くて、「◯◯君もっとっ・・・もっと・・・いいぃー」と、小さい声で耳元で囁きました。

隣ではみんなが寝ているのでドキドキものでした。

でもそのスリルが燃えさせてくれて、もう私は頭の中真っ白になってしまいました。 
サンプル