4815-700x700
年下の医師との浮気セックス体験談


50代の女です。

最近、孫もできました。

5年前の話です。

私は病院の売店に勤めておりました。

そんなに大きくもない病院の売店でしたので、1人で切り盛りしていました。

あれは、3月14日のホワイトディの日です。

その日は雪が降っていました。


サンプル
リハビリの横田先生が来ました。

横田「あの、これ!」

私「なあに?」

横田「この前のバレンタインのお返し!」

私「えっ!?」

横田先生はいつもサンドウィッチと春雨ヌードルを買いに来てくれて、時間の許す限り色々な話をする間柄でした。

自分の息子のようにも感じていて、なんでも話していました。

先月のバレンタインのチョコは、たまたま午前中にお菓子の営業の人が私に「逆チョコ」とくれた物でした。

変わったチョコレートだったので横田先生にあげたのですが、貰い物とは言えず・・・。

私「お返しだなんて、貰えないよ」

横田「いいんです!それより、開けてみて!」

私「えぇ~・・・じゃ・・・」

開けると、それは私が大好きなハートのネックレスでした。

大感激した私は、「うわー!ありがとう!」とレジのカウンターを飛び出して、横田先生のそばまで駆け寄っていました。

私は感激で言葉も出ず、先生と2人リアクションに困っていたところに、「すいませーん」とお客さんの声。

“助かった”とばかりにお互い微笑しました。

本気の時は言葉も出ないものです。

家に戻り、胸の開いた服に着替え、ネックレスを着けてみました。

(素敵!)

夜、旦那が帰って来ました。

当然ネックレスには気づかず、チョコのお返しもなく、お酒を飲んで寝てしまいました。

その夜、私は久しぶりに女を思い出してしまい、お風呂でオナニーをしていました。

横田先生のプレゼントのネックレスを握りしめ、絶頂感を感じていました。

あれから1ヶ月。

春は満開となりました。

先生は相変わらず、サンドウィッチと春雨ヌードルを買っています。

その日も暇な午後でした。

横田「桜、見に行きませんか?」

相変わらず唐突!

私「えっ?」

横田「夜桜!最近有名な◯◯市の△△坂の桜!」

私はキョトンとなりながら、自分を指差して・・・。

私「私と?」

横田「はい!是非!」

私「ちょっとちょっと、こんなおばさん誘ってどうするの?もっと若い人誘ったら?」

横田「中嶋さん(私です)と行きたいんです」

その真面目な顔に惹きつけられました。

私「明日まで待って。旦那に聞いてみないと」

別に聞かなくても大丈夫なのは分かっています。

ただ、ポーズと言うか・・・。

翌日、OKの返事をしました。

凄く喜んでたカレ。

1週間後、当日を迎えました。

近くの銀行の駐車場に迎えに来てもらいました。

生憎、午後から雨。

冷たい雨。

途中、催してしまい、コンビニに寄ってもらいました。

トイレは満員で、外で待ってると、「あれ!中嶋さん!」と聞き慣れた声。

例のお菓子の営業の人でした。

私はこの人を好きではありません。

営業「どちらに?」

私「夜桜見物よ」

営業「へー、どなたと?」

私「・・・」

私は悟られまいと、「旦那よ!」と言っていました。

凄く不自然な私!

営業の人は、「雨、寒いっすよ。風邪に気をつけて下さいね!」と行ってしまいました。

かなり、焦りました。

車に乗りこむと・・・。

横田「誰?」

私「営業の人」

横田「ふーん」

ほどなく、△△坂の夜桜に着きました。

雨に濡れた桜も、ものすごい綺麗でした。

私は気にもせず、カレに寄っかかり、腕を組み、どさくさに紛れて抱きつき、幸せでした。

いっぱい写真も撮ってもらいました。

そのあと、近くの個室居酒屋で食事をしました。

その時です。

女性「あ、倫クン!」

振り向くカレ。

横田「おー、百合子!」

2人は近づき抱擁!

百合子「久しぶり!」

百合子さんて人は私に軽く会釈し、横田先生に口パクで「ダレ?」。

「あ、同僚だよ」と素っ気ないカレ。

横田先生は席を立ち、彼女の元へ。

戻ってくる数分が何時間にも感じました。

私はさっきまでの年甲斐もない行動を思い浮かべ、顔を真っ赤にしていました。

(なんて、はしたない)

私「私、帰る!」

カレが戻ってきて、そう言ってしまいました。

カレは困った顔をしていました。

私「彼女のトコ行った方が楽しいよ。じゃ、さよなら!」

私は店を出ました。

カレは追いかけて来ました。

無視してタクシーに乗り、ホテルへ。

自分が恥ずかしくて泣きました。

それから、カレは買い物にも来なくなりました。

病院ですれ違っても・・・。

数日後、桜の日に待ち合わせした銀行の駐車場を通りました。

その時、カレの車が駐車場に滑り込みました。

「あ!」

お互いです。

横田「中嶋さん、僕、アメリカに行くんです、研修で。もしかしたら、ずっと一生」

私「例の論文!?おめでとう!」

前に聞いてた話でしたので、素直に喜びました。

私「あなたの◯◯の母親として誇らしいわ!」

横田「母親・・・やっぱりそんな風にしか僕のこと考えてなかったんだ」

私「そうよ」

カレは黙って、ATMへ入りました。

私は頭が真っ白になっていくのがわかりました。

(違う、違う、違う、違う、違う、違う、違う、違う・・・)

私はキャッシュコーナーのドアを開け、横田先生に後ろから抱きつきました。

私「ごめんなさい。あれから、ずっとあなたの事考えてた。好き、好き、大好き!」

横田先生はこちらに向き直って大胆なキスをかわしました。

雨のキャッシュコーナー。

◯◯市の小高い丘の上にラブホテルがあり、桜の木が1本ありました。

桜の木の下には処女がその町のために埋まっているとか、その桜は異様なピンクで毎年咲き誇っていました。

カレは部屋に入るなり、窓を開けました。

桜は七分咲きです。

私を裸にすると、桜の前で乳房を揉みしだきました。

私「あぁぁぁ・・・先生気持ち良いよ・・・もっと!もっと!愛してる!愛してる!愛してるゥゥ」

先生の手が下の方へ下がってきました。

立ったまま茂みの中を弄られ、私の人差し指を指フェラしています。

私「アァァ~立ってらんない」

ベッドに倒れこみます。

顔から足の指までしゃぶられ、焦らされて、焦らされて、私のあそこはぐしょぐしょです。

私「ガマンできないィ~!あそこ、私のあそこ弄ってェ」

横田「あそこじゃ、わかんないよ。ちゃんと言わないと、先生診察できないよ!」

私「いじわるゥゥ!クリよ、クリトリスと乳首ィィ弄ってェェ~」

先生は顔を埋め、ベロベロ舐めてくれます。

指で乳首を軽く、激しく摘んでいます。

波が押し寄せてきました。

私「アァァァ~!イク、イク、イク、イクゥゥゥゥ~!お胸でイッちゃうゥゥゥゥゥゥ~」

50年生きてきて、オマンコ以外でイッたのは初めてです。

ヒクヒク身体が痙攣しています。

私はお返しとばかり、先生を仰向けにして、おチンポにしゃぶりつきました。

あまり得意ではありませんが、愛おしく、愛おしく、舐め回しました。

私の口の中でますます大きくなる、先生のおチンポ!

嬉しくて、嬉しくて!

横田「オレ、ガマンできないよ!ミチヨさん!入れていい?」

私「私も、もう、もうアァァァ」

私は正常位で貫かれました。

大きなおチンポで串刺しにされた気分です。

私「愛してる!愛してる!」

私は頭が真っ白になりながら絶叫していました。

それから四つん這いになり、お尻を叩きながらバックで、オッパイを揉みしだきながら側位、私が上になり、女性上位。

私「好き!好き!好き!すきぃぃぃぃ~!イク!イク!イクゥゥゥゥ~」

入れられながらクリトリスを弄られ、私は自分でオッパイを揉みしだき、髪を振り乱し・・・。

私「またァァァ!イクゥゥゥゥ~」

絶叫し、そのままカレの胸に倒れ込みました。

カレは優しく抱き締め、キス。

また正常位になって耳元で・・・。

横田「オレもイキたい!」

私「イッて!私の中でいっぱいイッて!」

カレは頷くと、また激しいピストンを繰り返し、私もまた波が押し寄せてきました。

横田「イクイクイクゥゥ~、オレ、イッちゃう!」

私「私もまたイキそう!お願い、お願い、一緒に一緒にィィィ!」

横田「あァァァ!イク!」

私「私もォォォ~」

2人で果て、私は失神してしまったようですが、カレは優しく介抱してくれました。

その後、お風呂場、洗面台の鏡の前で、チェックアウトの後も物足りず、桜の木の下で立ちバックでやりまくりました。

何度イッたか記憶がありません。

2、3日、放心状態でした。

先生はその後は相変わらず売店に顔を出し、サンドウィッチと春雨ヌードルを買い、時間の許す限り話をしていきました。

先生がアメリカに行く前日、私からお願いして抱いてもらいました。

夜景がキレイなスィートルームで。

私は泣きながら、悶え、イキまくりました。

翌日、先生はアメリカに旅立ちました。

それから私も孫ができて若いおばあちゃんになってしまい、孫の世話で売店も辞めてしまいました。

桜を見ると、思い出します。

更年期で生理不順ですが、この時期はまだまだ女です。 
サンプル