B6pGlZdCcAAMnwE
JCとの混浴体験談


もう10年以上前かな・・・。

中3の修学旅行にて。

男子の2~3人が39℃の発熱。

女子の一人が腹痛(盲腸だった)というかなりの危機的状況で、最終日前の旅館は大騒ぎだった。

担任とクラスの仲いい子とかが看病したり病院について行ったり。

そんな中、『鬼軍曹』と言われていた恐怖の体育教師が一人、浮き足立つ僕等を抑えていた。

サンプル

僕とK(女子)は、その教師が顧問の陸上部の部長だったことと、クラス委員だったこともあり、顧問の指示で巡回をすることになった。

まぁこういう事態だから大人しくしているのは無理だろうが、せめて旅館から出たり、騒いだりしなければ遊んでも可、という暗黙のお達しを守らせるためであったが。

そんな、深夜のことである。

日が変わる頃だったろうか、顧問より休んでいいとの指示を受けた。

半数くらいは起きていたが、あとは定期的に顧問の方が巡回すると言うのである。

その日はとにかく顧問の指示で動き回っていたので、風呂にも入っていなかった。

そこのお風呂は深夜2時までOKで、本当は修学旅行生の入浴時間は決められていたが、僕ら2人は特別に今から入っていいと言う。

Kと2人、「やっと休めるねー」と言いながら浴場に歩いていった。

浴場前に着く。

入り口で男湯女湯に分かれている。

当然のように男湯の方に向かおうとしたその時、Kは言った。

K「ここに貸切の札あるね」

確かに床に転がっていた。

そのあたりの仔細は知らないが、旅館の方に言えば手配してくれるのだろうか。

K「これ下げたら、誰も入って来ないかなぁ」

僕「まぁ、そうなんじゃないか?」

K「じゃあ、下げてみよっかなー」

チラとKが僕の顔を見る。

K「ね、一緒に入らない?」

(・・・?Kは何を言っているのだろう?)

理解するまでに1分はかかったと思う。

理解した時には、2人して顔を真っ赤にしたまま固まっていた。

今まで異性として意識すらしたことがなかったK。

背が小さくて細身で華奢。

顔も好みとはかけ離れていた。

でも・・・その微かなカラダのラインを意識せざるを得ない。

「1年の頃からずっと好きだった」

「僕が部長になったから自分もなった」

「僕の走る姿がかっこよかった」

等々、Kの胸の内を明かされる。

・・・と、近づいてくる足音。

とっさにKの手を引いて女湯の方に入る。

貸切の札を下げる。

なぜ女湯だったかって、男湯の方は電気が点いてたから。

本当にそれだけの理由。

やましい事を考えるより、Kと話したかった。

掴んだ手には汗がじっとりと付いていた。

どれだけKが緊張してたのか。

頭一つくらい違うKを、きゅっと抱き締める。

正直に、僕がKをそんな風に意識した事は無かったと言う。

そんなふうに思ってくれてて嬉しい、とも。

Kは涙ぐんでいた。

「やっと、やっと言えた」って。

初めて見る泣き顔は、とってもきれいだって思った。

しばらくしてKは落ち着いたようで、僕の心臓がバクバクいってるとか、汗くさーいとか、いつものテンションが戻ってた。

だけど、いつもとはほんのちょっと違う気がする。

僕の胸に顔を埋めたまま、Kは言った。

K「いっしょに、入ろ?」

・・・僕は、Kのことを、Kが僕を思ってくれてるほど好きじゃない。

罪悪感。

・・・今、触れてるKの体の柔らかさ。

温もり。

Kの体を見たい。

好奇心。

戸惑う中、Kは「これから私を好きになってくれたら嬉しいな」と呟いてた。

それが免罪符となった。

僕「僕が、Kの服を脱がしてもいいなら」

K「えっち!」

僕「どっちがだよ」

少しの、間。

K「いいよ、でも先に私に脱がさせて」

言うが早いかKが僕のシャツに手をかけた。

ゆっくりと、シャツを、ズボンを脱がされる。

真っ赤になりながら、Kの手がガチガチになったモノを露わにする。

脈打つそれを見られるのは恥以外の何ものでもなかった。

Kの視線が離れない。

それが余計に勃起を強める。

視線に耐え切れなくて、無言でブラウスに手をかける。

びくっと、Kの体がこわばった。

僕「脱がす、よ」

コクンと頷くK。

脱がす間、じっと目を閉じて俯いてた。

ブラウス、スカートを脱がすと、上下白の下着だけの姿。

吸い込まれるように、微かな胸に手を伸ばす。

K「やっ」

なんとも言えない、感触だった。

柔らかいとしか表現できない。

白いブラの生地ごと揉んでみる。

Kは目を閉じたまま首を振る。

声にならない声で抗議してるように見えた。

手を離して背中に手を回す。

なかなか外れなかったけど、どうにかホックを外せた。

ツンと尖った桃色の突起。

触りたい衝動を必死に抑えて、ショーツに手をかけた。

しゃがみながら下ろしたから、ちょうど目の前にKのあそこがある。

微かに生えてる毛と、初めて見るスジ。

ちょっぴり汗臭い。

すぐに、ぱっと手で隠される。

K「あんまり見ないでよ・・・」

僕「さっき僕のをじーっと見てたくせに」

K「見てないよ!そんなじっとは・・・」

声のトーンがだんだん下がってく。

僕「そろそろ、入ろうか」

K「うん」

浴場の中。

よくよく考えると、女湯。

・・・妙な高揚をしてしまう。

Kは洗い場に腰掛けると、「早く体洗って入ろうよ」と、さっさと髪を洗い始める。

隣に腰掛けて、自分も頭を洗う。

じっとしてたらどうしていいか判らなくなりそうで。

頭を洗い終わる頃、背中に感触が。

(タオル・・・スポンジ?)

K「洗ったげるね」

(・・・えっと、あの、その)

Kの鼻歌が聞こえる。

僕「楽しそうだな」

K「だって、こうやってしてみたかったんだもん」

僕「あー、じゃぁ、任せる」

K「はーい」

くすっと笑うKが別人のように思える。

広い浴場の中、Kが背中を流してくれる音だけが響いてた。

背中から左腕にスポンジは動いていった。

指先まで丁寧に。

右手、そして首。

一瞬手が止まり、微かに息を呑む音がした。

振り返ろうとした瞬間、後ろからきゅっとKが抱きついてきた。

「前も、洗う、ね」と、かすれた声で。

スポンジは胸板から腹へと進む。

背中でKの鼓動を直に感じる。

ただ、手の長さの問題で、その下にはこの体勢じゃ届かない。

微かに残念で、でも安堵した。

K「こっち向いて?」

・・・甘かった・・・。

足をまた丁寧に洗ってくれる。

K「すごいね、筋肉でパンパンだよ」

そんなことはないって否定しようと思った、けど出来なかった。

Kがうっとりとした表情で、ふくらはぎをいたわるように洗ってくれてるから。

言えなかった。

やがてスポンジは太ももまで辿り着く。

たぎるモノに、ちらちらと視線を感じる。

僕「あんまし見るなよ」

K「そっちだって、見てるじゃない・・・」

目の前に生まれたままの女子の姿がある。

目を離せるわけ、ない。

K「なんか、すごいよ。初めて見るけど、跳ねてる・・・」

吐息がかかる。

それだけで、出そうになる。

K「ここ、スポンジじゃ、マズいかな・・・?」

ぼそっと呟き、Kはスポンジから泡を絞るように手につけ、両手で包んだ瞬間。

僕は達した。

Kの両手に包まれながら、びくんびくん何度も跳ねて。

そのあまりの衝撃に思わず目を閉じていた。

興奮も落ち着いて、目を開けると、Kの胸から一条の白い筋が滴っていた。

そのKの裸体は、いまだに脳裏に焼き付いて離れない。

言葉に出来ないほどに扇情的な姿。

Kは固まっていた。

何が起きたのか分かっていない様子だった。

しばらくまばたきを繰り返して、言った。

K「泡?」

僕「・・・違うよ」

K「えっと、じゃ、コレ、なに?」

指で白い筋を掬いながらKは僕に問う。

その単語を出すのが恥ずかしくて、目を逸らして答えた。

僕「僕の、精子」

K「・・・え、ええっ?えええぇぇぇっっ!?」

静寂の中、Kの叫びが浴場を駆け巡った。 
サンプル