pic-0212000258
妻とのコスプレセックス体験談


夫婦の身体の関係って、ちょっとしたきっかけで、途切れたり、復活したりするものです。

実際、私たち夫婦もそうです。

長い間関係がないからといっても、夫婦を続けている以上は、少なからず愛し合っているからで、

そうであればそういったこともキッカケさえあれば復活するという、私たち夫婦の出来事を投稿してみようと思います。

ちなみに私は52歳になります。

サンプル

妻は46歳です。

結婚して25年になります。

子供は3人いまして、長女(21歳)、次女(19歳)、長男(12歳)の3人です。

女の子2人の時点で一旦子作りをストップしたのですが、どうしても男の子が欲しいと思い頑張った結果、

3人目は少し歳の離れた子になってしまいましたが、何とか産み分けることができました(たまたまでしょうけど)。

そして4年前のある日、いつものように私たち夫婦は、子供たちが起きてこないであろう時間にお互い合図して、リビングに移動しました。

当時、上の2人には別に部屋を与えていましたが、下の子は私たちと3人一緒に寝ていたため、する時は決まってリビングに移動していました。

その日も夜中の2時頃、万全の時間帯にSEXをしていました。

もちろんやり始めてしまうと2人の世界に入ってしまい、お互い周りを見ることなど到底できません。

そして不測の事態が起きてしまいます。

下の子がトイレに起きて、私たち2人がいないことに気づき、探し始めてしまったのです。

しかも2人のお姉ちゃんを起こして。

お姉ちゃん2人の寝室は2階。

リビングは1階にあり、もちろん声を押し殺してSEXしていましたが、アウトなのは時間の問題でした。

3人はリビングに下りてきました。

私たちは全く気づくことなく、はめている最中。

しかも妻が上になって動いているタイミングで見られてしまいました。

まあ、見られてしまえばどの体位でも変わらないのですが・・・。

「お父さん!お母さん!サイテー!!気持ち悪いんだけど!やるんなら、外でやってよ!うるさくて寝れないから!」

長女の声が聞こえてきました。

「お父さん、お母さん何やってるの・・・。一緒にいてくれないと怖くて寝れないよ」

長男の声がします。

3人共入り口に立っていました。

そう、この日を境に私たち夫婦の関係は全くなくなってしまうのです。

子供たちには、時間はかかりましたが許してもらい(夫婦のことを子供に許してもらうのも変なのですが、状況が状況だけに仕方ないでしょう)、

何もなかったように、またみんなで暮らしていました。

ただ違うのは、今まであった夫婦の行為がないということ。

そして最近、私の方がムクムクと、SEXしたい衝動に駆られるようになってきてしまったのです。

きっかけは、会社の同僚と飲みに行った時のことでした。

私と同じような年の夫婦が、今だに週2~3はやっていると言うのです。

昼間は子供が学校で家にいないので、いくらでもできると。

そうです、夜にしようと思うからできないのです。

昼間の明るいうちから、と思ってしまっていたのですが、SEXするのに朝も昼も何もないだろうと・・・。

3日後、私の仕事が休みで、家には妻と2人きり。

お姉ちゃん2人は大学に行き、下の子は小学校へ登校していきました。

ここまで来て失敗はできないと思い、お姉ちゃん2人の今日の予定をそれとなく聞き、早くても5時くらいまでは帰って来れないことを確認していました。

小学生の下の子は3時くらいに帰ってくるので、少なく見積もっても5時間くらいは余裕があります。

みんな出て行き2人になると、妻は洗濯物を干し始めました。

早くSEXしたい私は、普段しないのに朝食の後片付けを始めました。

洗い物している最中も、この後に起こることを妄想し、下半身が反応し始めていました。

妻が驚いた顔で、洗い物している私を見ています。

「無理しなくていいよ」なんて言われながらも、こなしていきました。

そして朝の仕事が終わり、ゆっくりとお茶を飲みながら、私は話し始めました。

この間の飲み会での同僚の話、そして今日は子供たち3人の予定を確認し、今ならOKだということを伝え、久々にSEXしようと提案しました。

もちろん妻は、やんわり拒否。

「今さらもういいんじゃない」みたいな返事でした。

でも一瞬ですが、なんとなく妻の右手が妻自身の股間をさっと触っていたように見えたのです。

そう、その提案に、自分は答えられるのか確認したように見えたのです。

私は用意していた袋を妻に手渡し、着替えて欲しいとお願いしました。

久々だし、ちょっと変わったことがしてみたい。

だから私の提案に乗って欲しいと。

妻はこくっと頷き、袋の中を見ました。

少し怪訝そうな顔を見せたものの、着ている服を脱ぎ、袋の中のものを着始めました。

私が用意したのは、娘の高校時代の制服です。

「私の年を知ってて、これなの?」みたいなことを言われながらも、妻も満更でもない様子。

着替え終わると、くるっと1周まわって見せてくれました。

娘と違い、少し肉感のある体型のせいもあり、風俗嬢が無理にコスプレしているように見えましたが、なかなか似合っていました。

スカートのひらひら具合や、ナマ脚に膝上10センチ位の丈がなんともエロく、ますます下半身が膨れ上がってきました。

妻「この後どうしたらいいの?」

私が先生で妻が女子高生だと言い、私のことを先生と呼ばせ、私は生徒を犯す先生になり、SEXを始めました。

妻も私の妄想に付き合ってくれて、「先生、友達にばれちゃうよ!」とか「私、男の人のこれ始めて見るんだけど・・・。こんなの入らないよ!」とか

「先生のこと気持ちよくしてあげたら、成績上げてくれるの?」とか、なんだかノリノリになってきました。

こうなると私の妄想も全開です。

私「知美さん(妻の名前)は高校生なのに、男の人にこんなにお尻を振り振りしちゃってやらしい子なんだね。

知美さんの成績のことは、先生に任せてくれたらいいから。前に言ってた学校に行きたいんだよね?知美さん!今日のことは誰にも言っちゃだめなんだよ!

仲のいい聡美ちゃんや夏美ちゃん(どっちも娘の名前)、それと弟の真治君(息子の名前)にも言っちゃだめだからね!

もし言っちゃったら知美さんとこれからできなくなっちゃうからね!先生、知美さんとこれからもっともっと、いっぱい気持ちいことしたいんだ!わかるよね!」

ちょっと現実っぽくて、妻が萎えるかなと思ったのですが・・・。

妻「先生!知美も本当はもっといっぱい気持ちいことしたかったの!でも、友達や弟にばれたらと思うと怖くて言えなかった・・・。

でも、これからはまた知美のこと可愛がってね!あーっ、先生のおちんちん!硬くておっきくて・・・。知美大好き!!」

2人は同時に絶頂を迎え、大量のザーメンを妻の口の中へドクドクと注ぎ込みました。

知美は私のザーメンを口から垂らしながらも、「これでまた2人、気持ちいいこと、いっぱいできるね」と言って、私の口を奪いに来ました。

その後、お風呂にも一緒に入り、身体を洗いっこしました。

本当に久々の快感でした。

実は、このコスプレも同僚の提案でした。

今度一緒に飲みに行く約束があるので、この日のことを報告しようと思っています。
サンプル