deaikei040
泥酔した妻が上司に寝取られた体験談


長い話になりますが・・・

結婚して以来、妻の元上司が時々週末になると家に飲みに来るようになった。

そのつど変わったワインやブランデーなど持ってきたりカクテルを作ってくれたりする

最初は2時間ほどで帰ってくれたが、ともすると午前3時くらいまで居座ったりする。

妻は割と酒がいける方だが私は酒が弱くとてもついていけない。

深夜に突然酔って訪ねて来ることもあって迷惑している。

それで私だけが先に寝室に戻って寝るバターンになっていった。

サンプル

ところがこの上司、最近は酔うとマッサージと言って妻の体に触れようとするらしい。

妻の話だと初めは手のひらの壺を押すだけだったが肩や腰などもマッサージしたがるそうだ。

その手つきがいやらしいそうだ。

背中をマッサージする時は、胸の方に手が回らない様に脇を締めてるため、返って肩が凝ると言っていた。

私はその様子が見たくて、その日は酔っても寝室に行かなかった。

ところが水割りとカクテルを数杯飲んだらついうとうと寝てしまった。

妻の声で気付くと上司は妻が座るソファーの背後に立ってマッサージを始めようとした。

「きょうはいいれす。」「ほんとにいいれす。」と言っているのに構わず肩を揉む。妻もかなり酔っているようで呂律が回っていない。

その日、妻は今日は疲れたので早く寝たいと言って風呂をすませパジャマに着替えていた。

私はソファーのひじ掛けにもたれ、たぬき寝入りをして様子を伺った。

妻はすぐにおとなしくなった。

かなり飲まされたのか、肩を揉まれながら頭をこっくりこっくりしている。

上司は揉みながら俺の方をチラチラ見る。

私が起きていないか観察しているのだ。

そしてグラスを妻に持たせ更に飲まそうとしている。

妻はさっきから目を閉じほとんど寝ている状態なのに、それでもグラスを口許に運ぶと妻は無意識に飲んだ。

何度も何度も促されカクテルを飲み干した。

妻はガクンとうなだれ、またマッサージが始まった。

マッサージを続ける両手は妻の鎖骨の下の胸のふくらみまで下がってきた。

私は頭に血が上りこのやろうと思ったが、同時に下半身にも猛烈に血が集中するのを覚えた。

パジャマの下に元上司の太い指の付け根の辺りまで入り、人差し指でパジャマの襟口を持ち上げ中を覗き込んでいる。

ブラを付けていないので胸が丸見えだろう。

それでも妻は頭をうなだれたまま眠っている。

長い髪が前に垂れて妻の表情は見えない。

元上司はマッサージの手を止め妻の頬を両手で挟んで顔を起した。

顔を仰向けにすると、覆っていた髪が除けて、だらしなく口をポカンと開けた妻の顔が見えた。

上司は泥酔して寝ている妻の顔をじっくりと眺め、指先でそっと瞼を開いて眠りの深さを確認しているようです。

起きない事が分かるとソファーのひじ掛けの上に慎重に腰を下ろし、左手をソファーの背もたれに回し自分の体制を安定させて妻にキスしました。

唇を重ねたまま片手を胸にあて乳房をパジャマの上からをまさぐり、ボタンに手をかけました。

1番上のボタンには触れず2番目のボタンを外そうとしています。

ほどなくボタンは外され、元上司の毛むくじゃらの手がパジャマの内側に入っていきました。

パジャマの下で上司の手が妻の胸を這いまわり、乳房を丹念に揉んでいます。

その間も唇は重ねたままで、ちょうど私の位置から唇の辺りがよく見えました。

妻の唇を覆う元上司の唇の動きや舌先の動きまでよく判ります。

腕枕するように腕を回し妻の顔を引き寄せキスする姿は恋人同士の様に見えました。

上司の舌先が妻の歯茎の間まで動き回りクチャクチャという音、時々チュッという音が聞こえます。

元上司の手がパジャマから出てきて妻のズボンの中に入っていきました。

スボンの下の手がモゾモゾと動きパンティの中に入り込んだのが判りました。

おそらく恥毛まで届いてるはずです。

妻のパジャマの中に潜り込んだ元上司の手は陰核を刺激するようにクリクリと円を描きました。

ソファーの脇にだらりと下がった妻の手の甲が反って指先がピクピク動いています。

感じているのでしょうか、それとも単なる反射なのかもしれません。

元上司は一旦妻のズボンの中から手を抜き出し、妻の口に吸いついていた顔を上げました。

私の方をチラチラ見ながら両手で妻の片ひざを持ってゆっくりとずらします。

妻の脚は90度ほど開きました。

一方でパジャマの上着のボタン1つ外された隙間から乳房をつかみ出しました。

妻がいつも大事に手入れしている自慢の白い乳房が顔をのぞかせました。

仰向けに体を反らし片乳だけ出された恰好は滑稽でした。

その乳首を元上司の太い指が無遠慮につまみあげ、キュウとしごくと上を向いて尖りました。

元上司は妻の胸に顔をうずめ乳首を口に含み、片方の手はパジャマのウエストのゴムをくぐり再びパンティの中に潜り込みました。

先ほどより深く手が入り、指がもぞもぞと股間のひだをかき分け膣口に侵入する動きをしています。

元上司の毛むくじゃらの腕が持ち上がり妻の白いおなかが見えました。

手首をくの字に曲げると指先が膣内に沈んでいくのが判りました。

私の心臓は限界を超えて高鳴り、その音が上司に聞こえてしまうのではないかと心配しました。

私がこんな思いをしているのに、気持ちよさげに寝息を立てている妻のずぶとさに呆れました。

そして元上司は妻の膣におさめた指をゆっくりと上下に動かし始めました。

指の動きに連れ、妻の吐息がふうふうと乱れ妖しさを帯びていきます。

指は2本入っているはずです。指の動きは次第に早く奥深くなっていきます。

妻は眠りながら逝かされるのか、、、どんな風になるのか、、、そのとき、ふいに妻の脚がパタンと閉じました。

元上司は意表をつかれ妻のふとももに手を挟まれました。

手を妻のズボンの中に入れたままの恰好で顔をそむけ身じろぎもせず固まっています。

妻は「むうぅぅん」とHな吐息を洩らして寝返りを打ち、元上司の方にお尻を突き出す格好に落ち着きました。

元上司はようやく妻のズボンから手を抜くことが出来、伏せていた顔を上げました。

そして自分の座っていた長ソファーに戻りタバコに火をつけました。妻の眠りが深まるのを待っているのでしょう。

しばらくして妻のソファーの傍らに屈みこんで、パジャマの上着のボタンを外しにかかりました。

すべてのボタンを外しパジャマをたくしあげると上司は立ち上がりました。

再び妻のもとに来るとカシャッとシャッター音が鳴りました。

元上司は手に携帯を持っていました。

半裸の妻にレンズを向けてカシャツ

接近してカシャッ、顔を覆う髪を上げて寝顔をカシャッ。

写真はまずい、写真だけは止めさせなければと思っている間にも、次々と携帯に収めていきます。

パジャマのズボンをお尻の下まで引き下げてカシャ、お尻を覗き込み、尻たぶを手で広げてカシャッ

写真を悪用でもされたらどうする、、、すぐに元上司の暴挙を止めなければ、、、

私が目を覚ませば撮影を止めるだろう、とりあえずトイレに立つふりをして止めさせる。

撮られた写真のことはそれから考えようと思った。

私はソファーから立ち上がり震える膝でドアに向かった。

うつむいて歩き元上司の方に顔を向けることができなかった。

トイレに入り便座に座ったがよい案は浮かばなかった。

妻の事が心配だった。

あれだけの事をされても起きないなんて急性アルコール中毒かもしれない。

頭の中が混乱していた。

あまり長くトイレにも居られないので居間に戻ることにした。

トイレから出ると元上司がカバンを片手に上着を羽織りながら居間から出てきた。

「いやいやいや、すっかりおじゃましてしまった、いやいや、ホント、すまん、すまん。」と言いながら私の前を横切り、そそくさと玄関から出て行ってしまった。

居間に戻ると妻はまだソファーのひじ掛けに持たれて寝ていた。

パジャマは元通りに着せられていた。

妻の肩を揺すったが起きない。

頬をピシャピシャ叩いて声をかけると「なに~?」と顔をこちらに向けた。

目が虚ろだった。「大丈夫?」と聞くと「らいようぶ」と答えた。

「気持ち悪くない?」と聞くと「うん。」とにっこり微笑んでみせた。

妻の無事が分かると私は安心した。

妻を抱える様にして寝室に連れて行きふとんに寝かしつけた。

布団に倒れこむようにして妻はすぐに深い眠りについた。

元上司がしていた様にそっと妻のパジャマのズボンに手を入れてみた。

手をパンティの中にすべり込ませると柔らかな恥毛が指に触れた。

更に指を進めるとパンティの布地が大量の愛液で濡れていた。

陰核の周りの陰毛も濡れていた。

膣口まで指を進めると熱い蜜が洪水のように溢れ、私の指をヌプリと膣に迎え入れた。

妻とは数十回交わっているが、こんなに濡らしている妻を見るのは初めてだった。

いとも簡単に2本の指を咥えこんでしまう。

奥まで入れるとキュンと締め付けるのが指先に心地よい。

こんな風に上司さんの指も締め付けてあげたのかい。

下半身に経験したことのないむず痒い脱力感を覚えた。

翌朝、私は昼近くまで寝てしまった。

妻はまだ寝ている。

妻を起こし昨夜の事を問いかけたが何一つ覚えていなかった。

泥酔し眠っている間に元上司に玩ばれ半裸の写真を撮られた事など夢にも思っていないようだ。

妻にはそれ以上の事を追及しない事にした。

元上司に撮られた妻の写真が気になった。

今度の事は初めてではないだろう。

撮ろうと思えば2度、3度チャンスがあったはず。

私がいなかった時にはあれ以上の行為をしていたに違いない。

写真も沢山撮っているに違いない。

元上司に直接写真を返してくれと頼んでも、とぼけてかわされるだろう。

訴えたところで、寝たふりをして、元上司の痴漢行為を傍観していた私の立場はどうなる。

考えもまとまらぬまま月日だけが過ぎていく。

妻との行為の最中には脳裏にあの晩の出来事がよみがえった。

回数も増え、熱の入り方は今までのものと違っていた。

妻もそれにこたえてくれた。

あの日から上司は訪ねてこない。

私に感づかれたと思っているのか、そうに違いない。

週末は部屋で妻と二人でゆっくりお酒を飲むようになった。

あの晩を思い出しソファーの上で交わったりもした。

上司が来ない事で妻も喜んでいる。

そう思うと、慌てて帰宅した上司が少し気の毒になった。

あの事件から半年が経った。

妻が困った顔をして「金曜日に○○さんが泊めてほしいって・・・。」と言う。

話を聞くと、元上司は取って付けたような理由で泊めてくれと言う。

私が快く許可すると「ごめんね。」と言い、妻は携帯で元上司にOKの連絡を取った。

翌日、私は電気街にいた。

元上司の痴漢行為を捕らえる為にビデオカメラを購入するのである。

できるだけ小さく、長時間録画ができ、音の静かなものを選び、それを居間の食器棚に仕込むことにした。

家の食器棚は妻が選んだものでアンティーク調の棚だった。

都合のよい事に上段の棚に鍵が掛かるようになっている。

ビデオを仕込んで鍵をしてしまえば気づかれる事はない。

レンズの角度やズームをいろいろ試してベストなアングルを見つけた。

ランプ類は光が漏れない様に塞いでおいた。

当日、会社を定時で終わるとシャンパンを買って家に帰った。

妻が入浴している間にビデオカメラをセットし、元上司が訪ねて来るのを待った。

私が今しようとしている事も元上司と同じ盗撮行為である。

後ろめたい気持ちにもなったがやり遂げる意志は固かった。

私は運動会の前日の子供の様に胸が高鳴った。

10時にチャイムが鳴り、妻が迎えに出た。

元上司には私のガウンを貸してあげた。

妻は上下揃いのタンクトップ&短パンという夏の姿、風呂上がりに顔に乳液を塗っただけの素顔。

ビール飲み始めて40分、いつもより早く元上司がカクテルを作り私たちに配った。

素材やシェイカーなど上司が来るたびに増えていくので一通りのものは家に揃っている。

飲みながら元上司はデジカメを取り出して妻に写真を見せた。

社内旅行の時に撮った写真である。

妻の務めていた会社だから妻の知る顔が次々と出てくる。

さっそく妻はソファーから立ち上がり、長ソファーに座る元上司の横に移ってデジカメの液晶を覗き込む。

デジカメの操作を教わりながら「え~これ、○○君なの?髪染めたんだぁ、へぇー。」などと嬉しそうに画面に食い入る。

ソファーが沈み二人の肩が密着する。

夢中で画面を覗き込む妻の髪に上司の唇が触れている。

宴会の写真になると「これはダメ、これだけは見せられないよ。」と言ってカメラを取り上げ高く掲げる上司

「やだぁ、絶対にみたい~」とおもちゃを取り上げられた子供のようにカメラを取り返そうとする妻

妻の身体が上司の上に重なり、ノーブラの胸と上司の胸が薄い布を隔てて密着した。

この後もいつもと同じように元上司は妻に執拗に酒を奨めた。

今夜もまた妻を泥酔させ、いたぶるつもりなのだろう。

元上司が企んでいる淫らな計画は着々と進んでいた。

何度も繰り返し乾杯を強要する上司、何も知らずにグラスを重ねる妻。

私は眠くならぬよう濃いコーヒーを飲んでいたが、それにもかかわらず睡魔に襲われた。

自分のいびきを聞いていた気がする。

突然私の膝がテーブルに当たり、グラスを倒して我に帰った。

妻はテーブルを拭きながら「あなた大丈夫?もう部屋で寝れば?」と声をかけた。

元上司も「そうだよ、無理して付き合ってくれなくてもいいんだよ。」と言う。

午前0時を過ぎていた。意を決めて私は寝室に向かった。

後の事はビデオカメラに任せて・・・

翌朝、私は7時に目を覚ました。妻の事が心配だったのですぐに居間に向かった。

居間に元上司の姿は無かった。

妻は長ソファーに寝ていた。ソファーの下には毛布が落ちていた。

妻が顔を起こし眠そうな目を私に向けたのでひとまず安心した。

私は妻を寝室に連れて行き寝かしつけた。

再び居間に戻り食器棚の鍵を開け、仕掛けておいたビデオカメラを取り出した。

再生するとリビングを見下ろすアングルで妻が左のソファーに、元上司が中央の長ソファーに腰かけて写っていた。

手前に座っている私の足元も写っており私が体を起こす度に後頭部が写りこんだ。

初めの方をスキップしていくとカーペットに横たわる妻の画像が出てきた。

タンクトップのブラウスは胸の上まで捲られ、下半身には何も付けていなかった。

バッテリー残量も減っていたので、バッテリーを交換し、テレビに繋いで一部始終をじっくり見ることにした。

私が居間を出て行ったあたりから再生する。

もしかすると上司と妻は出来ているかも知れないという疑念もあった。

私が消えたところで二人でこっそりHを始めたらしゃれにもならない。

二人の会話もしっかりと録音されていて、とりあえずそういった気配はなかった。

しばらくすると元上司は再びデジカメを取り出して、妻に向けてシャッターを切った。

驚いて両手で顔を覆い「やだぁ」「撮らないで~」と言っていた妻だが、

自分の画像を確認して消してもらい、何度も取り直すうちに、もともと写真が好きな妻はすぐに撮影に応ずるようになった。

笑えと注文されれば笑ってみせ、顔の前でピースサインを作った。

元上司の撮ったのは顔写真だけでは無かった。

組んだ足の上で頬杖つかせたり、カーペットにひざまづき両手を後ろで組ませたり元上司に言われるままにポーズを取らされる。

酔っているため足もとがおぼつかない自分に笑ったりしている。

撮影が終わると元上司は前と同じようにマッサージを始めた。

妻の手を取り、手の平から揉んでいく、その手は腕に移り次第に上に行く動きを見せた。

マッサージを始めると妻はすぐに居眠りを始めた。二の腕をゆっくり上下する手は妻の脇まで達した。

ここで元上司は立ち上がり私の座っていたソファーをどけてテーブルをずらすとカーペットの上に1畳ほどのスペースが出来た。

「腰をマッサージしてあげるから」と言い妻を抱えるようにソファーから下ろしカーペットに横たえた。

妻の顎の下にクッションを入れ体をまっすぐに伸ばしマッサージの準備が出来た。

初めは腰を揉んでいたが、上司の手はすぐに妻の脚に伸びた。

ふくらはぎを少し揉んで膝の裏から脚のつけ根までに向かってゆっくりと揉み上げていく

ももを揉む元上司の手は短パンの薄い布地の下に入り親指で鼠径部を揉みこむ。

我を忘れて画面に食い入っていると、寝室のドアがバタンと閉まる音がした。

慌ててプラグを引き抜きビデオカメラをクッションの下に隠して難を逃れた。

私は妻のいない時間を見つけてはビデオを鑑賞する様になった。

何度か見るうちにカクテルを作る上司の動きに不審な点を見つけた。

元上司はマッサージの手を止めると妻の身体を仰向けにした。

半ば強引だったので妻は無意識に抗う様な動きを見せたがすぐに深い眠りについた。

妻を手前に転がしたため妻の身体は画面の下隅になってしまったが向こう側にスペースができた。

そこに上司はあぐらをかいて陣取ったので彼の表情が正面に見えるようになった。

上司の日に焼けた手が妻のウエストのボタンを外し、ジッパーを下げて左右に開くと小さなパンティが見えた。

指でパンティの縁をつまみ上げ顔を近づけて奥を覗き、短パンとパンティを脱がしにかかった。

腰の辺りの布地を左右を少しずつ下げると白いお腹に陰毛が顔を覗かせた。

私が起きてこないか時折メガネに手を当て姑息そうな目をキョロキョロさせている。

時間が掛ったがお尻のふくらみを抜けてしまえば後はたやすかった。

妻の脚を片方ずつ持ち上げくるぶしを通過させ抜き取ると脚を左右に大きく開いた。

その恥ずかしい姿をデジカメに収めていく。

ブラウスを顎のあたりまでめくり白い乳房に無遠慮なフラッシュが焚かれる。

上司は妻の頭の上に屈むと肩手を妻の額に乗せ指で妻の瞼を開いた。

強引に瞼を開けられ白目を剥いている様に見えた。その顔にも至近距離からフラッシュが焚かれた。

妻が会社に勤めている時、妻はこの上司に大きな借りを作っていた。

妻はお得意様から修理に預かった大事な品を紛失するというミスをおかした。

この日は修理の担当が留守で妻は預かった品物を自分のデスクの中に入れて帰宅する。

しっかり施錠したはずなのに翌朝出勤した時には無くなっていた。

大変高価な品物で買いなおせば、妻の1年分の給料など軽く吹き飛ぶ額だった。

この時、妻を救ってくれたのがこの上司である。

彼は自腹で新品を取り寄せ、お得意様の家にお詫びに行き、事件をもみ消してくれた。

撮影は更に続き、元上司は泥酔しあられもない姿で仰向けに横たわる妻の手足をとって様々なポーズを付けてはデジカメに収めた。

下腹部に手を置きオナニーをしている様なポーズ、脚を開きカエルの解剖の様なポーズ、片手を挙げラオウ昇天の様なポーズ。

元上司の奇行はこれだけでは無かった。

鞄から透明な小瓶を取り出し妻の開いた足元であぐらをかいて座った。

小瓶をガウンのポケットにしまい、妻のおっぱいや股間を丁寧に撫でまわした。

頃合いを見て上司は小瓶を取り出しキャップを外しそれを妻の股間にあてがった。

妻の股間を覗きこむ様に体を前掲し片方の指で陰唇を開き小瓶をあてがう。

膣に挿入するのかと思ったがそうではなかった。

下から膣口にあてがった小瓶の口を陰裂に沿って動かしている。

私は元上司のしようとする事を理解して引いた。

彼は妻の愛液を採取しようとしているのだ。

小瓶の先が膣口に沈むとビクリと妻の腰がと引けた。

一瞬上司は動きを止めるがするがすぐにまた作業を始める。

作業をしながら上司の視線はずっと妻の顔に向けられている。

妻の顎があがりだらしなく口を開け、頬が左右に揺れるが指の動きは止めない。

この程度では妻が目を覚まさない事を悟っているのだろう。

腰を引く動きは規則的になり、それに合わせ大腿骨の付け根の肉もへこむ。

このまま妻を逝かせる気なのだろう。

陰核をこねる上司の指の動きが激しさを増した。

上司は小瓶を天井の照明にかざし底にたまった愛液を確認している。

思いの量が採取出来たのだろう、キャップをして自分のカバンに収めた。

更に妻の陰毛を指で数本櫛とってティッシュにくるんでこれもカバンにしまった。

陰毛はサイフ入れてお守りにでもするのか、でも愛液など採取していったいどうするつもりなのだろう。

次に元上司は横たわる妻の元に戻り大の字に広げられている脚の間に座った。

妻の左右の足にクッションをかましてMの字に開くと、股間に鼻を付るようにして体を伏せた。

普段Hをする時は必ず妻が電気を消してしまう。

だから夫である私でも妻の性器はほとんど見た事がないというのに

上司は明るい照明のもとで女性器をじっくりと観察している。

元上司は左右の手を脚の下にくぐらせると妻の腰をがっちりと抱え込んで顔を妻の股間に埋めた。

上司の顔の位置からすると妻の膣口にちょうど上司の口があたるはず。

妻の女性器全体を口に頬張りっているように見える。

舌先は妻の膣内に入っているだろう、その舌を奥深く侵入させようと顎をぐいぐいと押しつけている。

更には左右の手を乳房をつかんで乳首を人差し指で潰すようにこねる。

かと思うと親指と人差し指で乳首をつまんで乳しぼりみたいな動きをしている。

上司の指の動きに合わせ妻の顔が揺れる。

感じているのだろう時折困ったように顔をしかめる。

妻は乳首を刺激されるのに弱い、乳首を抓まれると反射的に膣口がキュン締まる。

元上司の舌先も妻の膣の恥ずかしい動きを捉えているはず。

頃合いを見て上司は立ち上がりブリーフを脱ぎ捨てた。

ガウンを腰まくりすると赤黒い怒張がブルンと姿を現した。

私のものとは比較にならぬほど長く太く、目を背けたくなるほど反り返っていました。

ビデオの中で今まさに妻の貞節が奪われようとしている。

これ以前にも上司が妻を犯すチャンスが何度かあったので、もしかすると今回が初めてでは無いのかも知れない。

でも私は初めてだと思いたかった。

元上司は妻の股間にひざまづくと、意識の無い妻の上にのしかかり身体を重ねた。

妻の顔に視線を向け体重がかからぬよう肘を立てペニスを妻の陰裂に這わせている。

膣口を探し当てると片手をペニスに添え腰をぐっと前にせり出し、腰を回すようにして挿入を果たした。

上司の腰と妻の腰が密着すると静止した。

妻の瞼はかすかに開き白目を覗かせ、だらしなく開いた口をパクパクさせている。

妻の顔を正面に向かせ半分開いた唇に吸いつき腰をゆっくりと動かし始めた。

私は妻が上司のものになった事を痛感した。

10分ほど後、意外にも宴の最後はあっさりと訪れた。

上司は妻の上で果てた。

フィニッシュらしい激しい動きはなかった。

上司は妻の体から離れると意外な行動に出た。

彼は妻の膣口から流れ出る精液をスプーンで掬っては妻の口の中に流し込んだ。

妻は顔をしかめて唇を尖らせむにゃむにゃしながら嚥下している。

更には指ですくってクリや肛門にまで塗り込んだ。

最後にふきんで妻の身体を拭き、元通りに服を着せた。

上司は妻を抱えソファーに横たえた。一瞬妻の瞼が開くがすぐにまた閉じた。

妻との夫婦生活は充実していた。

こんな事があったのに妻の笑顔が増えた気がする。

立ち居振る舞いも以前にも増して生き生きとしている。

妻は眠っている間に上司にものにされたとは夢にも思っていないようだ。

私も上司を恨むどころか感謝したいと思っている。

只、元上司が所有している妻のヌード写真が気がかりだった。

早く回収しないといけない。

何も出来ないまま日にちだけが過ぎていく。

ある晩、妻の携帯が鳴った。妻は出なかった。相手は元上司である。

何故出ないのかと問うと家に来るからいやだと言う。

毎日のように電話が来るがもう出ないと決めたらしい。

さすがに何か感づいたのだろう。

まだ何回か妻と上司の絡みを隠し撮りしたいと思っているのだがもう無理かも知れない。
サンプル