57c5012bd6080fba5a9167801a8f47a2--asian-fever-asian-models
会社の高学歴人妻を輪姦した体験談



職場の部下のSから携帯に電話がかかってきました。

「課長、もしよかったらですけどMさんの鑑賞会を明日やるんで参加しませんか?」

Mさんとは同じ職場で、40歳くらいの既婚の女性。

後輩でぼんくらのSなどとは違って仕事もバリバリこなす慶応出の、まあまあ美人。

なんのことなのか判らなかったのでSに問いただすと

「Mさんが為替でしくじって借金を申し込んできたんだけど、返してもらえるアテがなさそうなので断ったんですけど」

サンプル

「なんでもするって泣いて頼まれたので、あきらめさせようと思って、会社の仲間の前でヌード鑑賞会するなら500万貸すといったら、やるというので・・・」

悪い冗談かと思いましたし、いくらなんでもあの聡明で美人なMさんがそんなこととも思いました。

しかし聞いてみるとSは為替で相当儲けているらしく、どうも本当の話のようです。

「脅迫とかセクハラとかではなくて本当に本人同意なんだな」と念を押して参加することに。

本当は止めなくてはいけない立場なのですが、まさかとは思うけど、もしかしたら本当にあのMさんの痴態が生で見られるかと思うと、

最後はSに媚びるような感じで参加させてくれと言ってしまっていました。

次の日、Sに指定されたマンションに行くと、本当にMさんがいました。

それどころか職場のほとんどの男性社員も来ています。

部長も来ていました。

こんな知り合いばかりのところで、まじでやるのか?

Mさんは会社から直行したらしく、パープルと紺の中間色のようなスカートスーツ姿。

仕事場のままの格好なので、それが生々しくて、この女性がこれから脱ぐというのが現実のこととは思えません。

なんと言っていいのか判らないし、気まずさもあるのか誰もMさんに声をかけません。

そんな中、SがとうとつにMさんに言いました。

「Mさん、やっぱり無理でしょ?やめましょうよ、お金は貸せませんけど」

Mさんは今まで泣いていたのか、もうすでに目は真っ赤です。

首を横に振りながら

「いいんです、やりますから貸してください」

と小さく言いました。

本当に脱ぐんだ。

今まではどこかで「でもまさか」という気持ちがありましたが、思わず唾を飲んでしまいました。

誰かが止めるかと思いましたが、誰もが同じ気持ちなのか誰もとめません。

Mさんは観念したように部屋の中央にあるテーブルの前に立って、ジャケットのボタンに手をかけ、全部ボタンをはずすとジャケットを脱ぎました。

テーブルの足のあたりにジャケットをたたんで置くと、ブラウス、スカート、ストッキング

白いブラとショーツと次々と脱いでいき、本当に産まれたままの素っ裸になってしまいました。

みんな息を呑むように黙って目をギラギラさせながらその様子を見ていました。

胸は思っていたより小さくて貧乳と言ってもいいくらいでしたが、既婚の40歳としてはかなり美しいヌードでした。

なにより、肌がぬけるように白くてなめらかそう。

陰毛は淡い感じで、ひっそりと白い恥丘にはりついています。

そのとき、その場のみんなが思っている以上、というより思ってもみなかったことがおこりました。

今にして思えばMさんはSに細かくいい含められていたのだと思います。

Mさんは、目の前にあったテーブルにちょっと飛び乗るような感じでお尻をのせ、それから向きをかえると、背中を倒してテーブルに仰向けに寝てしまいました。

真っ白で華奢な体がテーブルの上にペタリと横になった姿はカエルの解剖かなにかを連想させます。

そうしておいてMさんは両膝を立てて開いていきました。

ぱっくりという感じで股間を開き、女性の部分を惜しげもなく晒してしまいました。

また誰もがゴクリと息を呑んでいるのがわかります。

そのあられもない格好のままMさんは、はっきりとした声で言いました。

「みんなでMのおっぱいやおまんこを触って気持ちよくさせてください」

あの聡明なMさんからは考えられないような卑猥なセリフでした。

それからは修羅場というか戦場のような騒ぎでした。

無数の手がMさんの乳房や股間をはいまわり、指が入れられ、愛液がかきだされました。

Mさんは淫らな喘ぎ声をあげつつけ、同僚たちにいいように体を蹂躙されていました。

いつしかテーブルからひきずりおろされ、一番仲の悪いはずの同期の男のモノを咥えて泣きながらディープスロートをさせられていました。

最後は交代で次から次へと正常位でバックでと同僚や上司に貫かれていきました。

中でこそだされなかったもの最初はお腹に、最後には端正な顔に、誰のものともわからないザーメンをかけられどろどろになり、聡明美人は影もないような有様でした。

お祭り騒ぎが終ると男たちは一人また一人と逃げるように帰っていきました。

そのあとMさんとSがどうしたのかはわかりません。

Sは最初から最後まで眺めてニヤニヤしているだけで手をだしませんでした。

Mさんは翌日から会社に出てこなくなり、

退職金を口座に振り込んでほしい旨を書いた書面と一緒に退職願いが郵送で送られてきました。

話にきくと一部上場企業に勤めていた旦那さんも借金だらけで会社をやめたとか。

まもなく音信がつかなくなったのは夜逃げだろうという噂でした。

株や為替ははまると本当に怖いものだと思いました。

たかが500万円の金で、あのMさんほどの女があそこまでの痴態、醜態をさらすとは。

今でも、あの清楚で知的なMさんを大勢で、おもちゃか犬っころのように陵辱しつくした、あの異様な興奮と情景が瞼にやけついて離れません。

職場の雰囲気もなんとなく変わってしまいました。

女性社員を見る同僚たちの視線が獲物を見るように感じられるのは気のせいだけではないような気がします。
サンプル