0084
出会い系サイトの男性とエッチした時のエロ体験談




28歳の人妻です。

私は元々セックスは好きだったんです。

主人と4年前に結婚し、人妻となってからは更に好きになったようです。


私が出会い系サイトに入ってしまったきかっけは、主人の期限付きながらの単身赴任でした。

2年目に家を購入しました。


私も働いていたし、どうせ2~3年で戻ってこれるというので、主人だけ赴任していったのです。

今でも主人は隔週で戻ってきてくれてますし、ちゃんとセックスもしてくれていますが、それだけでは物足りなかったのです。


もっと毎日でもセックスしたい…。

そんな浮気心から1年前から出会い系に登録していたのです。


最初の頃は割り切りで1度だけのセックスで別れていました。

そうやって3人の男性と出会い、身体の火照りを静めていたのですが、たまたま見たエッチなサイトでSMの魅力に取り憑かれ、どうしても体験してみたくなったのです。




それでそういうアブノーマルな出会いに募集を切り替えたのです。

そこで知りあった相手の男性が今のご主人様。


ご主人様は45歳の方で、調教歴20年の方です。

年の割には若々しい方で、見た目は30代半ば…といったところでしょうか。


どこか主人にも似ていて血液型も一緒…。

だからでしょうか、ご主人様に惹かれるのに時間は掛りませんでした。


人妻といっても主人はいませんので、週末、仕事が終わってから会いました。

ご主人様はSM初体験の私に、軽く縛ったりの軽めの調教から施していただき、会う度ごとにその調教はハードになっていきました。


ご主人様と出会ってから2ヶ月もすると、主人が帰るときは主人に抱かれ、それ以外は3日に1度のペースでご主人様の調教を受けるまでになっています。

ある日ご主人様は、嫌がる私に中出しするようになりました。


そして妊娠してることが分かりました。

主人は懐妊したことを喜んでいました。


ですがお腹の子供はご主人様の子供です…おそらく。

妊婦になってもご主人様の躾は受けていました。


挿入せずに口とアナルで処理していました。

この頃には肉奴隷のように、言われるがまま精子を処理するだけの女になっています。


妊娠を機に仕事も辞め、平日の昼間でも呼ばれれば精子を受けに行く、そんな淫乱になっています。

安定期に入り、久しぶりに殿方のチンポを入れてもらいました。


ご主人様はもちろん、ご主人様の友人の方にも妊婦のマンコは貸し出され、愛する二人の男性以外の精液が、容赦なく膣に流し込まれたのです。

皆口々に「妊婦のマンコって言い様がないくらいに気持ちいい」とか「チンポが痺れるような、なんか不思議な気持ち良さ」と言い喜んでいかれます。


妊婦になってからの数ヶ月だけで20人の肉棒を入れるよう命ぜられ、入れてきました。

会うたびに違う男に出され続けていたのです。


毎回違うチンポなので、お腹の子供もきっと驚いてるでしょうね。

お腹の赤ちゃん…、今まで入ってきたのは全員これから育ててもらうお父さんじゃないんだよ。