0284
真里子を襲ってセックスした時のエロ体験談




真里子(37歳)との付き合いはもう2年になるだろうか…。

何故かしら出会い系で知りあい、メールや電話をする仲になった。


実際に会いたいとは思ったがそうもいかない事情があった。

真里子が人妻ということもあるが、一番は、彼女が石川県に住んでいるということだ。


早々会いにも行けず、かといって会いに行ってドタキャンでもされたら…。

そんな理由でエッチな写メを交換したり、テレフォンセックスをするようになったのだ。


しかし、電話代もバカにならず、1年前からスカイプをお互い入れることにした。

最初は顔を写さないように工夫したり、変装していた真里子も3ヶ月もすると邪魔くさくなったのか、顔を晒すようになった。


やはり電話よりお互いの顔や淫靡な身体を見ながらの方が興奮する。

真里子は見られる、という快感を知ってしまったせいなのか、アブノーマルなセックスを求めてきはじめた。




それがいつしかハードなSMやレイプ願望を持つようになった。

もう真里子は歯止めが効かない…。

自分でスケベな感情をコントロールできなくなっていた。

真里子から会おうと言ってきた。


ただし、専業主婦なのでお金が無い。

僕のところまで行けないから石川まで来て欲しいと…。


それから毎日連絡を取り合った。

真里子は自分の願望であるレイプができる場所を探した。


僕はそれに見合う計画を練った。

そしてそれを実行するために、平日休みをとってサンダーバードに乗車し、北陸本線を北上した。


石川県は金沢駅に降り立った。

車で迎えに来ていた真里子を見つけ、二人は誰かに見られないように、そそくさと車に乗り込んだ。


金沢駅を西へ西へと走らせると海岸に出る。

そこにしおさいロードがある。


辺りは田畑やビニールハウスばかりで、人影も少なかった。

車の後部座席には真里子の着替えが何枚も用意されている。


服までも引きちぎるマジレイプを企てていたからだ。

真里子はようやくレイプ願望を叶えられるとあって、このしおさいロードに着いてからは落ち着きが無い。


真里子は僕を車から追いだし、車内でボロボロのTシャツとスカートに着替えた。

僕は海岸沿いの遊歩道で待ち伏せ真里子を待つ。


そこに散歩してくる真里子。

茂みに隠れ背後から真里子を襲った。


用意したガムテープを口に貼り、林の中に連れ込み押し倒す。

乱暴にシャツを引きちぎり、何年も前に授乳を終えた乳房にむしゃぶりついた。


必至で抵抗する真里子。

手首をテープで縛り、パンティを引き裂くと、そこは既に濡れている。


その蜜壺に口を付け蜜をすすると、暴れるが力のない抵抗に変わっていた。

お互い合意の遊びとはいえ、初めてのレイプに僕は興奮していた。


パックリと割れ男を迎える準備の整った穴に僕はそそり立つペニスを入れた。

口枷をされ声にならない喘ぎ声を真里子は漏らしている。


ただガムシャラに突きまくった僕は、予ての計画通り真里子の膣に射精した。

終わっても興奮は醒めない。


繋がったまま真里子のテープを外した。

「すごく良かった…何度も逝っちゃった…」

呼吸を乱しながら真里子は言った。

キスを交わし、僕はそのまま真里子を突いた。


元来た道を戻り、競技場や野球場が並ぶ運動公園近くにあるスパ付き宿泊施設。

今日僕が泊まるホテルだ。


その一室に真里子を連れ込み、思う存分縛り、玩具にした。

一部始終を撮影し、三度中出しした。


もちろん彼女が望んだことだ。

その行為もネットに上げてくれと言っている。


それよりも人妻なのに中出ししてしまったが、妊娠でもしたら、と思うが、真里子は妊娠したら旦那の子として産む、と言ってくれた。

これが僕の秘密の体験談です。


そして今では月に一度真里子を犯し、種付けをせがまれています。