0163
部下の奥さんとエッチした時のエロ体験談




先日会社の部下がマイホームを買ったというので、お祝いに駆けつけました。

この部下は最近結婚したばかりで、一度奥さんにも会ってみたかったので、ちょうど良い機会だと思い、忙しいところ時間を作りました。


地図通りに駅から5分くらいのマンションの一室でしたが、とても綺麗で良さそうな家でした。

玄関のチャイムを押すと、すぐに20代後半の奥さんらしき人が笑顔で「いらっしゃいませ。

いつも主人がお世話になっております。

」と丁寧に頭を下げました。


彼女はキャミソールみたいなのを着ていましたので、前かがみになるとすぐに胸が丸見えになります。

思ったとおり、彼女が頭を下げた時、白いブラジャーと白い胸がちらりと見えました。




警戒心のない人だな、それとも、緊張してるのかな?と思いながら、しばらく胸を拝見させていただきました。

「どうぞ」と中に案内されるとすでに何人かの部下が集まっていました。

そして楽しい食事会が始まりました。


部下たちは仕事の話に夢中になっていましたが、部下の奥さんにすごく惹かれました。

ちょっと大きめの胸、引き締まったお腹、ぷりっとしたお尻、白い肌、クリーム色でストレートの髪、整った顔立ち、洗練された話し方、私の理想の奥さんでした。


そして性格がすごくよいのです。

とても愛想がよくて、それでいて控えめで、とても気を使ってくれています。

また手料理もおいしくて、パーフェクトな女性です。


私はその日家に帰ってからも彼女のことが忘れられなくなりました。

次の日から、急にその部下に対してきつくあたるようになりました。


心理的なものだったと思います。

私の理想の女性を独り占めされている悔しさからだと思います。


私は何とか彼女を手に入れたい、いや、一夜だけでも彼女を抱きたい、そんな気持ちが日に日に増していきました。

そしてそのための計画を練りました。


その計画は、まず部下を出張させ、その間に部下の家に入って・・・という計画でした。

部下が出張中、部下の家に行くために口実を作る必要がありました。


私はそういうことを仕組むのが得意でしたので、こういう段取りにしました。

まず、部下に宿題として数十冊の技術書を勉強のために読ませる。

そのための技術書は私が購入して、部下の家に送る。

そして部下を出張させる。


部下が出張している間に、技術書の中の一冊にメモを入れていて、そのメモをとりに部下の家に行く。

まったく無理のない完璧な計画でした。


そしてすぐに実行しました。

まず部下に技術書を送り、その後すぐに、一週間出張させました。

そして部下の家に電話をしました。


「○○社の○○です。

「あ、先日はわざわざありがとうございました。

透き通るような声を聞くだけで、私の心はどきどきしてきました。


すこし緊張しつつ、
「実は先日○○くんに送った技術書のなかにメモがありまして、このあとすぐの会議で必要なのです。

申し訳ないけど、そちらに探しに向かいたいのですが、お時間はよろしいでしょうか?」

「はい、わたしは構いませんけど・・・。

「すいません。

とても急ぎなのですぐに向かいます。


もし、万が一彼女が部下に連絡を取ったとしても、部下は出張中なので、どうすることも出来ない。

まったく完璧な計画でした。


すぐにタクシーで部下の家に向かい、チャイムを押しました。

すぐに、奥様が出て来られました。


「あ、どうも」
「どうもすみません。

どうしても、会議で必要なものですから、ちょっとお邪魔してもよろしいでしょうか?」

「どうぞ」と家の中に招き入れてもらいました。

私はすぐに書斎に行き、技術書を一冊ずつ確認しました。

事前に仕込んでおいたメモを探しました。


しばらくして、
「あった、見つかりました。

「あったんですか。

よかったですね。

その言葉から急に人格を変化させました。

もちろん作戦です。


「よかった?よかったじゃないよ、奥さん。

ご主人がこのメモを挟んだまま家に送ったんだよ。

実は結局ね、今日の会議には間に合わなかったんだよ。

どう責任とってくれるの?」
彼女に責任なんか取れるはずないことはわかっていましたが、こじ付けで責任を押し付けました。


「え、申し訳ありませんでした。

「申し訳ないじゃないよ、最近ね、ご主人の勤務態度があまりよくないんだよ。

しょっちゅうミスするし、命令には従わないし・・・」
とぐたぐたはじめ、キッチンに移動し、腰をおろしました。

奥様に対面に座るように指示しました。


奥様は下を向いて申し訳なさそうな顔をしていました。

奥様は何も悪くないのに・・・、でも素直にうつむいたまますみませんと繰り返し言っています。


ご主人思いの素晴らしい奥様です。

そして私はついに行動に出ました。


「奥さんねー、このままじゃ私、ご主人をかばいきれないよ。

近々辞めてもらうことになるかもしれないよ。

どうするの?」
「いや、それは、わたしにはわかり兼ねます。


「奥さん、ご主人に協力して見る気ないの?」
「え、もちろん、わたしに出来ることでしたら」

この言葉を待っていました。

ココからは私のペースです。

「そう、じゃあ、体で協力してもらうよ」

と、彼女の方に近づきました。

彼女は一瞬ビクッとして、体をこわばらせました。

私は彼女に後ろから近づき、彼女の肩に手を下ろしました。


彼女は、びっくりしていましたが、まだ抵抗はしていません。

まさか私が襲うとは思ってもいないようです。


お嬢様育ちで、会社の上司だから、それなりに信用しているのだと思いました。

私は彼女の肩からキャミソールの紐を横から下ろしました。


彼女はすぐに、手で胸を隠しながら、「やめてください」と言い、紐を元に戻しました。

彼女のガードが一気に固くなりました。


「ご主人が首になってもいいの?」と言いながら、また彼女の手をどけようとしましたが、彼女は必死に抵抗しました。

彼女は黙ったままうつむき、ことの成行きを見守っている様でした。


もしかしたら私が諦めるとでも思っていたのでしょうか?
そう考えると私は、ちょっと強引だけどしょうがないと思い、次の作戦に映りました。


いきなり彼女の服を掴み、一気に下からめくり上げました。

彼女は必死に抵抗しながら、「や、やめてください。

」と何度も繰り返しています。


私は、ここまで来て辞めるわけにはいかないという思いで、一気に服を脱がせました。

私は結構力が強いので、彼女に「無駄な抵抗は辞めた方が良い」と警告しました。


彼女は、白いブラジャーを腕で隠して、うつむいて座っていました。

すでに泣きそうでした。

私はブラのホックをはずしました。


彼女は「やめてください」と言いながら必死に抵抗しましたが、すぐにブラジャーも取り上げました。

彼女はデニムのスカートに上半身裸になりました。


胸を必死に隠して、うつむいて座っていました。

今度は後ろから彼女の腕を持って、一気に万歳の姿勢にしました。


彼女のおっぱいが丸出しになりました。

恥ずかしそうに体をくねらせながら、必死に胸を隠そうと、腕を振り解こうとしていましたが、
振り解こうと力をあげて動けば動くほど、おっぱいが揺れて、私を楽しませてくれます。


次に私はそのままで脇のチェックをしてみました。

多少剃り残しが見受けられたので、「奥さん、脇毛ちゃんと処理しなきゃ」と意地悪く言いました。


彼女は「いや、止めてください」と泣き出しそうな声でした。

今度は彼女の腕を背中の後ろに持っていき、用意していた手錠をかけました。

彼女は完全に泣き出しました。


私はキッチンのテーブルをどけ、デニムのスカートと上半身裸で泣いている部下の奥様を見つめました。

そしてゆっくりと奥様の胸を愛撫しました。


裸にするとやや小さめのバストでしたが、形もよく、色も綺麗で、私好みのおっぱいです。

ゆっくりおっぱい触って、ゆっくりと揉みながら、おっぱいを寄せたり、プルプル振ったりしてみました。


そして乳首を舐めてみました。

風船のようなおっぱいと、小さ目の乳首がとても甘くておいしいです。

しばらくずっと乳首を吸っていました。


我慢できなくなった私は、おっぱいを舐めながら、スカートのホックをはずし、スカートを脱がせました。

奥様の足は自由なので思い切り抵抗されましたが、やや強引に脱がせました。

黒いパンツを穿いていました。


私はそのまま黒いパンツも脱がせました。

奥様もすごく抵抗しましたが、抵抗するたびにおマンコやら、お尻の一部が見え隠れするので、抵抗されるほど、興奮してしまいました。


パンツを無理やり脱がすと、まず匂ってしまいます。

やはり、おマンコの匂いがぷんぷんしました。

「奥さん、すごい濡れてるよ」と言うと奥様は泣きじゃくっていました。


私は彼女のお尻を抱きかかえ、お尻全体をイスの手前に置きました。

それによって、おマンコが丸見えの位置に着ました。


そのまま足を開かせ、ぱっくり割れたおマンコをしばらく見つめました。

まだピンク色のおマンコが、お嬢様を物語っていました。


「まだ男を知らない体だねー、綺麗なピンク色してるよ」
誉め言葉でしたが、彼女は声をあげて泣き始めました。


主人の上司の前で全裸で、しかもおマンコ丸見えの状況が、すごく悲しかったのでしょう。

私は我慢できなかったので、すぐさまクリから穴を舐めまわし始めました。


彼女は泣きながらも、「あ、ああ」と喘いでいました。

そのままズボンを下ろして、一応ゴムをつけて挿入しました。


彼女のおマンコはほんとに締まっていて、すごく気持ちよかったです。

イスの上だったので体勢的にはつらかったのですが、興奮で何も考えられませんでした。


彼女は泣きながらも、「うん、うーん」と気持ちよさそうにしてくれています。

私はあっという間に発射してしまいました。

彼女のおマンコがとてもよく締まっていたので、すぐに発射してしまいました。


私はズボンを履いて、全裸で泣いている彼女に向かって言いました。

「旦那さんには内緒にした方が良い。

とりあえず今から奥さんの裸の写真撮るから、何かあったらこれを全国にばら撒くよ」
と言い、奥様の全裸の写真を撮りました。

おマンコのアップから全身写真まで。


そしてゆっくりと手錠をはずして、その場を後にしました。

それから数週間はどきどきでした。

幸い奥様は誰にも話してないようです。


これを書いていると、あの時の興奮が蘇り、もう一度あの体が欲しくなってきたので、
奥さんの全裸写真を見ながら、次の作戦を考えて、実行しようと思います。