00063
友人の奥さんを抱いた時のエロ体験談




僕の仕事は営業で、しょっちゅう外に出てる。


今の世の中契約もなかなか大変で、でもちょっとした楽しみがあって…それは友人のマンションへ立ち寄り奥さん(30歳)と世間話で時間つぶしをする事です。


友人はその事を知りません。


いつもの様に立ち寄り、何気ない話しをしながらふと彼女の胸元に目を遣るとなんとシャツの隙間から胸が見えています。


下着を付けて無かったのです。


つい、ジッと見ていたらその視線に気付かれてしまいました。


彼女はちょっとゴメンと言って隣の部屋に入りました。


間を置いて僕もその部屋に行きます。



調度シャツを脱ぎ、ブラジャーを着けようとしていました。


彼女は僕に気づき振り向きます。


そのハズミに形の良いオッパイが見えました。


反射的に彼女を抱きしめキスをすると、身をかたくし辞めてと言います。


しかしそのまま彼女のスカートを捲り上げ下着をあらわにし中に手を入れました。


必死に手を掴み抵抗したが指で愛撫を続けると、態度とは違い濡れてきます。


僕は黙って下着を脱がせスカートを履かせたまま押し倒しオッパイを吸い、揉みしだき、抵抗する彼女の脚を開かせて恥ずかしい場所を丸見えに…僕もズボンを下ろし、彼女の中に挿入し激しくピストン。


それでも必死に抵抗します。


構わず続けると少しずつ反応し始めました。


感じるの?と聞くと黙って小さく頷きます。


キスをし今度は優しく抱きます。


すると彼女から僕の背中に手をまわします。


それから暫くはお互いに深く求め合い、そして僕がイクッと言ったら中に出してと言います。


迷いましたが、そのまま彼女に生で中出ししました。


それからはほぼ毎日マンションに立ち寄り友人の奥さんを抱いています。


勿論生で中に…