0067
ナイスな人妻さんとホテルに行った時のエロ体験談



うちの課にナイスな人妻さんがいる。


42歳なのだが、肌がピチピチで顔立ちも幼いので、20代の子達に混ざって盛り上がっても違和感が無い。


ある日、思い切って呑みに誘ってみた。


OKの返事。


呑みながら色々話すうち、旦那が2周りも年上な事が判った。


出向先で警備の仕事をしていて、しかも毎回夜勤だと。


「あのさ、凄く大きなお世話な事聞いちゃうけど、その…夫婦生活って、どうしてるの?」

「無いですよ。

たまの休みでも疲れ切ってるから、そっと寝かせておいてあげないと…」

「それで良いの?」

「良く無いけど…でも起こしたら可哀相だから」

「女の人だって、長い間やらないのって体に悪いって聞いた事あるよ。


「そうなんですか?」

「そうだよ。

男はAVとか風俗行けば済むけど、女の人って精神的に満たされてないと満足出来ないでしょ?俺なんかで良ければお手伝いするから」



「え…どうしよう…」

「じゃ、今から行こう」タクシーでホテルに向かった。


部屋に入って優しく脱がせていく。

彼女の一糸まとわぬ姿は想像以上に美しかった。


バストもヒップも重力に圧勝している。


顔同様にキメ細い肌。

熟女と呼ぶには若過ぎる。


「綺麗だよ…」

「やっぱり恥ずかしい…」

おっぱいにしゃぶりついた。


舐めて、吸って、噛んで…クリトリスをいじると、すぐに蜜が溢れた。


とりあえずGスポットでイカせようと中指を入れた瞬間、他の女とは違う感触に気付いた。


ツブツブしているのだ。

もう一度指で内壁を一周した。


間違いない、これって「数の子天井」…クリとのW攻撃でイカせた後、ペニスを挿れた。


もう、これだけでイキそうな位に気持ち良い。


ピストンすると彼女が喘ぎながら全力で締めてくる。


「気持ちイイ…もっと奥まで入れて…」

どんなにピストンしても、締め付けに負け、昇天してしまった。


自分から誘っておきながら、この大失態…俺はすっかり凹んでしまった。


そんな俺を彼女は優しく抱き締め、「とても気持ち良かった…またお願いして良い?」と…

「俺なんかで良ければ喜んで!」

「ウフッ、有り難う」以来、週1ペースで二人の時間を楽しんでいる。


あの感触を知ってしまった俺は、もう他の女を抱く気は無い。